Windows XP & Office 2003 Excel 2003

グラフの種類とパーツの名前

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelでグラフを作成したい時、操作に困ったら検索して調べることもあると思います。

その時、グラフの名前やグラフのパーツの名称が分かると検索しやすいのですが、その名前が分からないと困ってしまうことがありますね。

サイト内で解説しているグラフの種類やパーツの名前などを紹介します。

複合グラフ

各店の売り上げを縦棒グラフ、合計値を折れ線グラフにしています。

複合グラフ

Excel2010でも解説しています。

複合グラフの見えない系列の選択

複合グラフを作成しようと、系列の選択をしてグラフの種類を変更したいのだけど・・・系列が選択できない、見えなくて困ったという経験はありませんか ...

続きを見る


下のデータを基に列を基準にした縦棒グラフを作成します。

データ

まず、折れ線グラフに変更したいデータ系列をクリックします。

グラフツールバーのオブジェクトは[系列"合計"]になっています。

右クリックのショートカットメニューから、[グラフの種類]をクリックします。

系列 グラフの種類

[標準]タブから[折れ線]グラフを選択して、[OK]ボタンをクリックします。

グラフの種類 折れ線

折れ線グラフの色が水色なので、線の色を変更します。

折れ線グラフを選択して、右クリックのショートカットメニューから[データ系列の書式設定]をクリックします。

データ系列の書式設定

[パターン]タブで[線]の[色]と[マーカー]の[前景]の色を変更します。

データ系列の書式設定 パターンタブ

そして、[軸]タブをクリックします。

[第2軸(上/右側)]をクリックします。これで、上の図と同じグラフを作成することができます。

第2軸の表示の方法は、他にもあります。

以下の記事で解説しています。

グラフの第2軸の表示

データ系列の書式設定 軸タブ

参考複合グラフは、Excel2013以降はおすすめグラフという機能を使って、容易に作成できるようになっています。

おすすめグラフに複合グラフを表示するには

Excel2013のおすすめグラフはとても便利です。 複合グラフの作成ならExcel2013の「おすすめグラフ」が便利 ただ、複合グラフは、 ...

続きを見る

おすすめグラフで縦棒グラフと折れ線グラフの複合グラフを簡単作成

Excel2013から追加された機能に、「おすすめグラフ」というのがあります。 集合縦棒グラフと折れ線グラフの複合グラフも数回のクリックで作 ...

続きを見る

区分線の表示

積み上げグラフにした場合、区分線を表示しておくと便利ですね。

区分線

Excel2010の積み上げグラフの作成については、以下の記事で解説しています。

積み上げグラフ2本を横に並べるには

前年対比が分かるグラフを作成するように求められたら、すぐに作成できますか? 下のようなグラフを作成する方法です。 2011年度と2012年度 ...

続きを見る

Excel2013以降であれば、[おすすめグラフ]から作成することもできます。

前年対比ができる積み上げグラフは[おすすめグラフ]で

Excelで下のような積み上げ縦棒グラフを横に並べて前年対比ができるようなグラフの作成方法です。 Excel2013から[おすすめグラフ]と ...

続きを見る


まず、標準グラフから積み上げグラフに変更します。

メニューバーの[グラフ]から[グラフの種類]をクリックします。

[グラフの種類]ダイアログボックスから、積み上げ縦棒を選択します。

グラフの種類 積み上げ縦棒

データ系列を選択して、右クリックのショートカットメニューから[データ系列の書式設定]をクリックします。

データ系列の書式設定

[データ系列の書式設定]ダイアログボックスの[オプション]タブをクリックします。

[区分線]にチェックを入れます。

データ系列の書式設定 オプション

Excel2007の区分線の表示については、以下の記事で解説しています。

積み上げグラフの区分線(Excel2007)

Excel2013以降は、[デザイン]タブの[グラフのレイアウト]グループにある[グラフ要素の追加]-[線]-[区分線]をクリックします。

以下の画像は、Excel2019です。

区分線の追加

区分線を削除する場合は、区分線で右クリックして、ショートカットメニューから[削除]をクリックします。

区分線の削除

参考折れ線グラフの降下線については、以下の記事で解説しています。

折れ線グラフに縦の目盛線や降下線を表示する

Excel2016で折れ線グラフを作成したとき、折れ線グラフと横軸の目盛の対応をはっきりさせるために、下のように縦の目盛線を表示したい場合の ...

続きを見る

ピクチャーグラフ

データ系列を画像で表示することができます。

ピクチャーグラフ


データ系列を右クリックして、[データ系列の書式設定]をクリックします。

データ系列の書式設定

[データ系列書式設定]ダイアログボックスが表示されます。

[パタンーン]タブから[塗りつぶし効果]ボタンをクリックします。

データ系列の書式設定 パターンタブ

[塗りつぶし効果]ダイアログボックスの[図]タブをクリックして、[図の選択]ボタンをクリックします。

塗りつぶし効果ダイアログボックス 図タブ

ビールの画像を選択しました。

[形式]を設定します。

[積み重ね]の単位は[10]に設定します。

[OK]ボタンをクリックします。

[データ系列の書式設定]ダイアログボックスに戻りますので、[OK]ボタンをクリックします。

形式

参考Excel2007でも解説しています。

ピクチャーグラフの作成

以下の記事では、グラフ系列の画像をクリップボードを経由して挿入する方法を解説しています。

ピクチャーグラフの作成(画像の挿入はクリップボードからも)

Excelの縦棒や横棒グラフで系列に画像を使うと、表現豊かなピクチャーグラフを作成できます。系列の画像は、保存済みの画像や、クリップボードを ...

続きを見る

また、Office用アプリを使用してピクチャーグラフと同じようなグラフを作成することもできます。Excel2013で解説しています。

People Graph(Office用アプリ)

Office2013では、Office用アプリを挿入して使うことができます。 [挿入]タブの[アプリ]グループを見ると、[People Gr ...

続きを見る

グラフエリアに文字列を挿入

グラフが完成したあと、文字を挿入したいということがありますね。

グラフエリアの文字


グラフエリアを選択して、何も考えず、そのまま文字を入力してみてください。

数式バーに文字が入力されていきます。

そして、変換、確定したら、[Enter]キーを押してください。

数式バーに文字入力

グラフエリア内にテキストボックスが表示されます。

そのテキストボックスの枠線上でポイントすると、マウスポインタ左のような形になります。

このときにドラッグでテキストボックスを好きな位置に移動させます。

テキストボックスの移動

また、セルの文字をリンクして挿入する方法もあります。

以下の記事で解説しています。

グラフ内の文字の挿入

グラフに挿入するテキストボックスについては、以下の記事も参考になると思います。グラフを選択している場合と、選択していない場合では異なりますので注意が必要です。

積み上げ縦棒グラフに合計値を表示(テキストボックスを挿入して表示)

Excelで下のような表を基に積み上げ縦棒グラフを作成しました。 その作成した積み上げグラフに合計値を表示する方法です。 グラフの作成はEx ...

続きを見る

空白データがあっても線を途切れさせたくない(補間してプロット)

下のようにデータに空白がある表を基に折れ線グラフを作成すると、線が途切れてしまいます。

空白データがあっても線を途切れさせない

データに空白セルがあっても線を途切れないようにすることができます。

以下の記事で解説しています。

補間してプロット

完成図

補助円グラフ付き円グラフ

下のように一要素の内訳を別の円グラフに表示する円グラフです。

補助円グラフ付き円グラフ

以下の記事で解説しています。Excel2007での解説ですが、参考になると思います。

円グラフで内訳を表示するには

数値の低い要素を[その他]として補助円に表示する方法は、以下の記事を参照してください。

補助円グラフ付き円グラフ

Excel2016でも解説しています。

Excel2016で[補助円グラフ付き円グラフ]の解説

円グラフと1つの項目の内訳を表す補助円グラフ付き円グラフの作成

Excelのグラフ作成も随分進化してきました。簡単に綺麗なグラフを短時間で作成できるようになっています。 文書の中にグラフがあると結果を視覚 ...

続きを見る

ドーナツグラフの中に円グラフ

ドーナツグラフの中に円グラフ

Excel2010で解説しています。

ドーナツグラフの中に円グラフがあるグラフの作成方法

円グラフにドーナツグラフがくっついたようなグラフを見かけることがあると思います。 このグラフの作り方です。ちょっとしたコツが分かれば、簡単に ...

続きを見る

積み上げグラフ2本を横に並べるには

積み上げグラフ2本を横に並べる

Excel2010で解説しています。

積み上げグラフ2本を横に並べるには

前年対比が分かるグラフを作成するように求められたら、すぐに作成できますか? 下のようなグラフを作成する方法です。 2011年度と2012年度 ...

続きを見る

おすすめグラフで作成する方法が簡単です。おすすめグラフはExcel2013からの機能です。

前年対比ができる積み上げグラフは[おすすめグラフ]で

Excelで下のような積み上げ縦棒グラフを横に並べて前年対比ができるようなグラフの作成方法です。 Excel2013から[おすすめグラフ]と ...

続きを見る

ピラミッドグラフ

人口ピラミッドグラフの作成方法も解説しています。

人口ピラミッド

人口ピラミッドグラフの作成(積み上げ横棒・集合横棒)

人口ピラミッドをおすすめグラフで作成する方法です。 おすすめグラフの中の[積み上げ横棒]または[集合横棒]を選択して作成します。 グラフの基 ...

続きを見る

ヒストグラム

Excel2016では、[ヒストグラム]というグラフの種類が追加されました。

度数分布図を作成せずに、データから直接ヒストグラムを作成できます。

ヒストグラム

ヒストグラムの作成(Excel2016以降は区分ごとの集計は不要)

ヒストグラムとは、データの分布を区間ごとに分け、それぞれの区間に含まれるデータ(個数)をグループ化して現したグラフのことです。 これまで(E ...

続きを見る

関連以下は、グラフに関する主な記事です。

グラフの構成要素の名前と書式設定

Excelグラフの構成要素の名前を知っておきましょう。 [凡例]は、ハンレイと読んでくださいね。[ボンレイ]と読まないようにしてくださいね。 ...

続きを見る

グラフツールバーを使ってグラフを編集

Excel2003のグラフツールバーを使って、グラフを編集しましょう。 グラフを選択したとき(グラフの周りに■が表示されている時)、グラフツ ...

続きを見る

グラフメニューからグラフの編集

Excel2003では、メニューバーの[グラフ]からも、グラフの編集を行うことができます。 まず、グラフを選択します。グラフを選択した状態で ...

続きを見る

カラーパレットの色について(自動的に設定される色を変更)

Excelでオートシィェイプやグラフに色をつけるため、[書式設定]ダイアログボックスで色を表示するとカラーパレットが2段になっていますね。 ...

続きを見る

散布図の作成(ラベル付けの方法)

互いの相関関係をみるには、相関図を作成しますね。 相関図はエクセルのグラフウィザードにある[散布図]を使って作成することができます。 散布図 ...

続きを見る

グラフの作成(グラフウィザードを使って作成)

Excel2003でグラフを作成するときは、グラフウィザードを使うと簡単に作成することができます。 4つのダイアログボックスが表示されるので ...

続きを見る

縦棒グラフの[系列の重なり]と[要素の間隔]

縦棒グラフがあって、隣り合っている系列を少し重ねて表示したい場合の設定方法です。 以下は、編集する前のグラフです。 系列の重なりはありません ...

続きを見る

グラフの省略波線の作り方(図形の曲線を使って簡単作成)

Excelのグラフで省略を意味する波線を作成する方法です。 下のように縦棒グラフで数値が極端に異なる場合に使用するといいですね。 図形の曲線 ...

続きを見る

空白セル(0表示)をグラフに反映させたくない

Excelで下のような表をもとに複合グラフを作成しました。 2011年度のデータは、7月までしかありません。 E列では、累積を求める式を入れ ...

続きを見る

体重推移表と体重推移グラフを作ろう(朝と夜計測して平均を求める)

ダイエットのためには、毎日体重計に乗ることが一番なのだそうです。 健康のためにも自分の体重の推移は記録して意識しておいたほうがいいですね。 ...

続きを見る

近似曲線を追加して来月の売上を予測(グラフの数式を利用して予測値も分かる)

作成した折れ線グラフに[近似曲線]を追加して、データの傾向を可視化することができます。 また、来月、再来月などの未来の売上の予測もできます。 ...

続きを見る

縦棒グラフや折れ線グラフに平均値を追加するには

Excelで支店別の売上を棒グラフや折れ線グラフで作成した後に、平均値のラインを追加したいなと思われることもあると思います。 その場合の方法 ...

続きを見る

棒グラフの要素を塗り分ける

複数のグラフを重ねたい

グラフの複製

項目軸の反転

グラフにデータのない日付を表示させない

Excel2016では、ワンクリックで傾向を予測してグラフを表示することができます。

予測シートって便利!ワンクリックで傾向を予測してグラフを表示

Excel2016の[データ]タブには、[予測シート]という機能があります。 Excel2016からの新機能です。 データを基に先の予測をグ ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Excel 2003

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.