リンクユニット

Google検索

Windows10 & Office2016 Excel2016

ピクチャーグラフの作成(図の挿入はクリップボードからも)

投稿日:2019年6月5日 更新日:

Excelの縦棒や横棒グラフで系列に画像を使うと、表現豊かなピクチャーグラフを作成することができます。系列の画像は、保存済みの画像や、クリップボードを経由して貼り付けることができます。

ピクチャーグラフ

参考ここでは、グラフなどを見やすくするために、シートの枠線(目盛線)は非表示にしています。

[表示]タブの[目盛線]

枠線(目盛線)の表示/非表示と枠線のダブルクリック操作

ワークシートの枠線を非表示にすると、表やオブジェクトが見やすくなる場合があります。枠線の非表示設定は、とても簡単です。 また、枠線をダブルク ...

続きを見る

グラフの作成

以下のような表を元に縦棒グラフを作成します。

グラフ元の表

グラフの元になるデータを範囲選択して、[挿入]タブの[グラフ]グループにある[おすすめグラフ]をクリックします。

表示されたグラフで問題がなければ、[OK]ボタンをクリックします。

[挿入]タブの[おすすめグラフ]

この場合は、縦棒グラフを作成すると決まっているので、[挿入]タブの[グラフ]グループにある[縦棒/横棒グラフの挿入]から[2-D縦棒]の[集合縦棒]をクリックして挿入しても構いません。

[2D縦棒]から[集合縦棒]を選択

以下のようなグラフが作成できます。

集合縦棒グラフの挿入

参考おすすめグラフは、Excel2013で追加された機能です。以下の記事で解説しています。

Excel2016のおすすめグラフ

Excel2013から追加された機能に、「おすすめグラフ」というのがあります。 集合縦棒グラフと折れ線グラフの複合グラフも数回のクリックで作 ...

続きを見る

前年対比ができる積み上げグラフはおすすめグラフで

Excelで下のような積み上げ縦棒グラフを横に並べて前年対比ができるようなグラフの作成方法です。 Excel2013から[おすすめグラフ]と ...

続きを見る

おすすめグラフに複合グラフを表示するには

Excel2013のおすすめグラフはとても便利です。 複合グラフの作成ならExcel2013の「おすすめグラフ」が便利 複合グラフですが、あ ...

続きを見る

縦棒グラフの構成要素

グラフの各要素をポイント(マウスを合わせるだけ)すると、ポップアップヒントで名前を知ることができます。グラフの編集をするときは、必ず編集したい目的の要素を選択してから操作します。

また、グラフの各要素の名前を知っておくと、質問したり検索するときに役立ちます。

縦棒グラフの構成要素

グラフタイトルはセル参照で

グラフタイトルは、セルを参照して表示することができます。

グラフタイトルを選択して、数式バーに半角で[=]を入力した後に、グラフタイトルにしたいセルをクリックします。

ここでは、セル[A1]をクリックします。

すると、数式バーに[=Sheet1!$A$1]と表示されます。

グラフタイトルはセル参照で設定

[Enter]キーを押して確定すると、グラフタイトルが表示されます。

グラフタイトルの完成

グラフの系列に画像を挿入

まず、縦棒グラフの系列に使用したい画像を準備します。ここでは、別シートに挿入済みの[ブドウ]と[リンゴ]の画像を使用します。

オンラインから検索して挿入することもできますが、出来れば画像は事前に準備しておいたほうがいいと思います。

データ系列の選択

ブドウのデータ系列を選択します。

注意1回だけクリックします。そうすると、すべての[ブドウ]の系列が選択されます。2回クリックすると、1本のみが選択されてしまいますので、気を付けてください。もし、間違って1本のみ選択してしまった場合は、グラフ以外のセルをクリックして、一度選択を解除して、選択し直してください。

[書式]タブの[現在の選択範囲]グループにある[選択対象の書式設定]をクリックします。

この[選択対象の書式設定]の上にある[グラフ要素]が系列名になっているかも確認します。

[書式]タブの[選択対象の書式設定]

または、すべての[ブドウ]のデータ系列が選択されていることを確認して、右クリックのショートカットメニューから[データ系列の書式設定]をクリックしても構いません。

ショートカットメニューの[データ系列の書式設定]

ウィンドウ右側に[データ系列の書式設定]作業ウィンドウが表示されます。

[塗りつぶしと線]を選択して、[塗りつぶし]を展開します。

[データ系列の書式設定]の[塗りつぶし]

そして、[塗りつぶし(図またはテクスチャ)]を選択します。

[塗りつぶし(図またはテクスチャ)]を選択

[図の挿入元]には、以下の3つのボタンがあります。

クリップボードは、クリップボードに格納したアイテムがある場合のみ有効になります。クリップボードは、直近に格納された画像が挿入されます。

  • ファイル
  • クリップボード
  • オンライン

参考Excel2007、Excel2010では、[オンライン]ではなく[クリップアート]になっています。以下は、Excel2010の[データ系列の書式設定]です。

Excel2010の[データ系列の書式設定]

クリップボードから画像を挿入

ここでは、すでに別シートに挿入している画像をコピーして使用したいと思います。

[データ系列の書式設定]を表示する前に画像をコピーしておくと効率的かと思います。

目的の画像をコピーします。ショートカットキーは、[Ctrl]+[C]ですね。

画像のコピー

クリップボードに格納された画像があると、[データ系列の書式設定]の[図の挿入元]の[クリップボード]が有効になっています。

[クリップボード]ボタンをクリックします。以下のようにデータ系列がブドウの画像になります。

参考クリップボードに格納された画像の中から選択して挿入できるわけではなく、直近にコピーしたものが挿入されます。

[図の挿入元]の[クリップボード]

引き伸ばし]が選択されているので、上の画像ではブドウの1個の画像が系列いっぱいに引き伸ばされています。

積み重ね]を選択すると、画像の縦横比が保たれた状態で積み重ねられます。

拡大縮小と積み重ね]を選択すると、1個の画像が占める数値を設定できます。

ここでは、[拡大縮小と積み重ねを選択]を選択して、[単位/図]は[10]にします。

結果、下のようになります。

[拡大縮小と積み重ね]を選択して[単位/図]に[10]を入力

同様にリンゴのデータ系列にも画像を挿入します。ブドウと同じく[拡大縮小と積み重ねを選択]を選択して、単位は[10]にします。

リンゴのデータ系列に画像を設定

グラフの大きさなどを調整してデータ系列の画像が分かりやすいようにします。

グラフの大きさを調整

参考クリップボードを経由するので、WordやPowerPointなどで使用している画像をコピーしても構いません。

クリップボードの使い方については、以下の記事で解説しています。

前にコピーしたものを貼り付けたい時はクリップボードを表示して活用

コピーは、直前のものしか貼り付けできないと思っていませんか? そんなことはありません。 数回前にコピーしたものでも貼り付けすることができます ...

続きを見る

また、Office2019のアイコンであれば、SVGファイル形式なので拡大や縮小などを行っても画像の輪郭が粗くなりません。ピクチャーグラフなどにも最適かと思います。

[アイコン]を挿入してカスタマイズ、図形に変換して分解もできる

Office2019には[挿入]タブの[図]グループに[アイコン]があります。以下は、Word2019の[挿入]タブですが、ExcelやPo ...

続きを見る

[図の挿入元]の[ファイル]や[オンライン]を選択した場合

[データ系列の書式設定]の[図の挿入元]で[ファイル]や[オンライン]を選択すると、ダイアログボックスが表示されますので、目的の画像を選択します。

パソコンに保存済みの画像を利用したい場合は、[ファイル]をクリックします。

オンラインから画像を検索したい場合は、[オンライン]をクリックします。

[図の挿入元]の[ファイル]と[オンライン]

以下は、[オンライン]をクリックした時の画像です。

[オンライン]をクリックした時の[画像の挿入]ダイアログボックス

関連ピクチャーグラフについては、Excel2003やExcel2007でも解説しています。

ピクチャーグラフの作成(Excel2007)

ピクチャーグラフ(Excel2003)

また、Officeアプリを使用してピクチャーグラフと同じように作成することもできます。

People Graph(Office用アプリ)

Office2013では、Office用アプリを挿入して使うことができます。 [挿入]タブの[アプリ]グループを見ると、[People Gr ...

続きを見る

参考以下のグラフは[クイックレイアウト]でレイアウトを変更して、グラフの背景にグラデーションを設定してグラフの角を丸くしています。

完成したピクチャーグラフ

完成したグラフを選択して、[デザイン]タブの[グラフのレイアウト]グループにある[クイックレイアウト]から[レイアウト5]を選択しています。

[クイックレイアウト]から[レイアウト5]を選択

[グラフエリアの書式設定]の[塗りつぶしと線]を選択して[塗りつぶし]で[既定のグラデーション]の中から[薄いグラデーション-アクセント4]を選択しています。

[既定のグラデーション]の中から[薄いグラデーション-アクセント4]を選択

グラフの角を丸くする設定は、[グラフエリアの書式設定]の[塗りつぶしと線]を選択して、[枠線]の一番最後に[角を丸くする]のチェックボックスをオンにします。

[枠線]の[角を丸くする]のチェックボックスをオン

関連以下は、主なグラフ関連の記事です。

円グラフは、複数の項目の構成比を表すことができ、項目間の割合をひと目で伝えることができます。

円グラフと1つの項目の内訳を表す補助円グラフ付き円グラフの作成

Excelのグラフ作成も随分進化してきました。簡単に綺麗なグラフを短時間で作成できるようになっています。 文書の中にグラフがあると結果を視覚 ...

続きを見る

散布図を作成する方法です。Excel2013以降はラベル表示ができるようになっています。

散布図のラベル表示

Excel2013以降では、標準で散布図にラベル表示ができるようになりました。 散布図にデータラベル表示が可能(Excel2013) 下のよ ...

続きを見る

以下の記事では、縦棒グラフに平均値を折れ線グラフで表示する方法を解説しています。

縦棒グラフや折れ線グラフに平均値を追加するには

Excelで支店別の売上を棒グラフや折れ線グラフで作成した後に、平均値のラインを追加したいなと思われることもあると思います。 その場合の方法 ...

続きを見る

体重推移表と体重推移グラフを作りませんか?

体重推移表と体重推移グラフを作ろう(朝と夜計測して平均を求める)

ダイエットのためには、毎日体重計に乗ることが一番なのだそうです。 健康のためにも自分の体重の推移は記録して意識しておいたほうがいいですね。 ...

続きを見る

近似曲線を追加して来月の売り上げを予測することができます。

近似曲線を追加して来月の売上を予測する

作成した折れ線グラフに[近似曲線]を追加して、データの傾向を可視化することができます。 また、来月、再来月などの未来の売上を予測することもで ...

続きを見る

Excel2016では、予測シートという便利な機能があります。

予測シートって便利!ワンクリックで傾向を予測してグラフを表示

Excel2016の[データ]タブには、[予測シート]という機能があります。 Excel2016からの新機能です。 データを基に先の予測をグ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.