Windows8 & Office2013 Excel2013

累計はピボットで

投稿日:

Excelで下のような表があって、日々の累計を求めるように指示を受けたとします。
表

下のように関数を使って求める方もいると思います。それでもいいのですが・・・
数式

ピボットテーブルを作成して、累計を求めることもできますので、その方法を紹介します。
表内のセルをアクティブにします。[挿入]タブから[ピボットテーブル]をクリックします。
ポップヒントには、以下のように記されています。

”複雑なデータをピボットテーブルに簡単に配置し、集計します。
参考:値をダブルクリックすると、どの値が合計に含まれるかを確認することができます。"

完成したピボットテーブルの値をダブルクリックして詳細を表示できるのは、とても便利です。
「ドリルダウン」と呼ばれる機能です。
ピボットテーブルの作成

自動的に範囲を選択して、[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックスが表示されますので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックス

スポンサーリンク

[行]に[売上年月日]、[値]に[売上額]をドラッグします。
フィールドの配置

[売上額]をもう一つ[値]へドラッグします。
売上額を値領域へドラッグ

2つ目の[合計/売上額2]のセル内で右クリックします。ショートカットメニューから[計算の種類]-[累計]をクリックします。
ショートカットメニュー

[計算の種類]ダイアログボックスが表示されますので、[基準フィールド]が[売上年月日]になっていることを確認して[OK]ボタンをクリックします。
計算の種類

これで完了です。[合計/売上額2]には、累計が求められていると思います。
累計の表示

分かりやすくするためにフィールド名を編集します。
フィールド名のセルを選択して、数式バーで編集します。[値]領域の名前も同時に変更されます。
項目名の編集

以下の記事でも解説しています。
累計を求める以外のお役立ち機能も紹介していますので、ぜひご覧ください。
ピボットテーブルで累計を求める

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

値によってテキストボックスの使用可と不可を切り替える

Accessのフォームで1つ目のコンボボックスで選択した値によって、次のテキストボックスの使用を有効にしたり、無効にしたりする方法です。 た ...

起動時にデスクトップを表示する

Windows8.1では、起動にデスクトップを表示する設定があります。 デスクトップを表示して、タスクバーの何もないところで右クリックします ...

罫線もリアルタイムプレビュー

Word2013では、罫線もリアルタイムプレビュー表示になりました。 とても便利だと思います。 たとえば、左余白にマウスポインタを移動させて ...

削除できない名前がある

Excelのワークシートで使用していない名前があるので、削除したいと思い[数式]タブにある[名前の管理]をクリックして、[名前の管理]ダイア ...

Excelのテキストボックスでのタブ設定

Excelでテキストボックスを挿入した後、そのテキストボックス内の文字列にタブ設定をする方法です。 [挿入]タブの[テキストボックス]の[横 ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.