リンクユニット

Google検索

Windows8 & Office2013 Excel2013

累計はピボットテーブルで簡単に求められる

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelで下のような表があって、日々の累計を求めるように指示を受けたとします。

表

関数を使って求める方もいると思います。

それでもいいのですが・・・

SUM関数を使った累計の求め方(絶対参照と相対参照の組み合わせ)

SUM関数を使った累計を求める方法を解説します。 絶対参照と相対参照の学習にもなるので、読んでいただければと思います。 累計を求めるには、以 ...

続きを見る

数式

ピボットテーブルを作成して、累計を求めることも出来るので、その方法を紹介します。

ピボットテーブルの作成

表内のセルをアクティブにします。

[挿入]タブから[ピボットテーブル]をクリックします。

ポップヒントには、以下のように記されています。

複雑なデータをピボットテーブルに簡単に配置し、集計します。

参考:値をダブルクリックすると、どの値が合計に含まれるかを確認することができます。

完成したピボットテーブルの値をダブルクリックして詳細を表示できるのは、とても便利です。

ピボットテーブルの作成

自動的に範囲を選択して、[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックスが表示されますので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。

新規ワークシートにピボットテーブルが作成されます。

[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックス

参考もし、ピボットテーブルが作成できないようであれば、選択している表に問題があるかもしれません。

以下の記事を参考にチェックしてみてください。

テーブルやピボットテーブルでうまくいかない場合の見直し点

Excelのテーブルやピボットテーブルは、データベースとしての管理や分析が簡単にできるようになる、とても便利な機能です。 でも、既存の表をテ ...

続きを見る

フィールドのレイアウト

[行]に[売上年月日]、[値]に[売上額]をドラッグします。

フィールドの配置

[売上額]をもう一つ[値]へドラッグします。

売上額を値領域へドラッグ

右クリックのショートカットメニューから累計

2つ目の[合計/売上額2]のセル内で右クリックします。

ショートカットメニューから[計算の種類]-[累計]をクリックします。

ショートカットメニュー

[計算の種類]ダイアログボックスが表示されますので、[基準フィールド]が[売上年月日]になっていることを確認して[OK]ボタンをクリックします。

計算の種類

これで完了です。

[合計/売上額2]には、累計が求められていると思います。

累計の表示

フィールド名の変更

分かりやすくするためにフィールド名を編集します。

フィールド名のセルを選択して、数式バーで編集します。

[値]領域の名前も同時に変更されます。

項目名の編集

関連以下の記事でも解説しています。

累計を求める以外に、前年比を求める方法も紹介しています。

ピボットテーブルで累計と前年比を求める

Excel2013のピボットテーブルで累計を求める方法です。 ピボットテーブルのレイアウトは、列に[機種]と[年]、行に[販売日]、値に[売 ...

続きを見る

関連以下は、Excel2013で解説しているピボットテーブルに関する記事です。

他バージョンでもピボットテーブルに関する記事をアップしています。

ピボットテーブルのフィールドのグループ化

ピボットテーブルでは、フィールドのグループ化をすることができます。 グループ化は、数値フィールドや日付フィールドで行うことができます。 [分 ...

続きを見る

ピボットテーブルの行や列の並べ替え

Excelのピボットテーブルで、行や列を並べ替えするときに知っておくと便利な機能があります。 ユーザー設定リストに登録したリストで並べ替える ...

続きを見る

ピボットテーブルで日付のグループ化ができない

Excelでピボットテーブルを作成して、日付フィールドで[月]ごとのグループ化をしようとしてもできないことがあります。 これは、見た目は日付 ...

続きを見る

ピボットテーブルで複数条件の絞り込みをするにはスライサーを活用

Excelでデータを抽出したり、絞り込みを行うために[データ]タブの[フィルター]をよく利用している方、またはテーブルを作成してフィルターボ ...

続きを見る

スライサーでフィルター処理をすると列幅が既定に戻ってしまう

ピボットテーブルでは、列幅を調整してもフィルター処理などの操作をすると、また既定の列幅に戻ってしまします。 更新しても列幅が自動に調整されな ...

続きを見る

ピボットテーブルのレポートの接続とフィルターの接続

Excelのピボットテーブルやピボットグラフでは、スライサーを使用してフィルタリングすると視覚的に分かりやすく、とても便利です。 Excel ...

続きを見る

おすすめピボットテーブルは簡単便利

Excel2013には、[挿入]タブに[おすすめピボットテーブル]というのがあります。 おすすめグラフと同じようにとても便利なものです。 こ ...

続きを見る

ピボットテーブルのアイテムの並べ替えはドラッグで

Excelのピボットデーブルで作成したフィールドのアイテムは、ドラッグで移動することができます。 この記事の画像は、PowerPivotのテ ...

続きを見る

ピボットテーブルの【タイムライン】で日付のフィルター処理を行う

Excel2013のピボットテーブルの新機能です。 ピボットテーブルに日付フィールドがある場合、タイムラインで期間を指定してデータを動的に表 ...

続きを見る

ピボットテーブルで前年比を求める

Excel2013のピボットテーブルで下のような前年比を求める方法です。 商品(A、B、C)ごとの2010年5月と2011年5月の売上を比較 ...

続きを見る

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成することもできます。

Excel2016で解説していますが、Excel2013でも同様の操作ができます。

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成

ピボットテーブルの作成に慣れたなら、グラフも同時に作成してみませんか? ここでは、Excel2016で解説します。 サンプルのデータは以下の ...

続きを見る

また、アンケート集計もピボットテーブルを使用すると簡単です。

アンケート結果はピボットテーブルで簡単集計

アンケートをとって、顧客満足度などの調査をすることがあると思います。 アンケートをとった後は、集計しますね。その時、テーブルやピボットテーブ ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.