Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

ピボットテーブルで複数条件の絞り込みをするにはスライサーを活用

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelでデータを抽出したり、絞り込みを行うために[データ]タブの[フィルター]をよく利用している方、またはテーブルを作成してフィルターボタンを活用されている方が、ピボットテーブルを操作されると首を傾げられることがあります。

ピボットテーブルでは、1つのフィールドのフィルターボタンで絞り込んで、さらに他のフィールドで絞り込むと関係ない値まで表示されて違和感をお持ちになるようです。

データフィルターのように絞り込みたい場合は、複数のスライサーを表示して使用すると便利です。

スライサーの活用

テーブルの操作


現象は以下のような場合です。

下のようなテーブルを作成したとします。

表

1つ目のフィルター

東京都のデータを抽出するため、[都道府県]のフィルターボタンで[東京都]を選択します。

データの抽出

[都道府県]フィールドの[東京都]のみが抽出されます。

抽出されたデータ

2つ目のフィルター

さらにデータ絞り込みをするため、隣のフィールド[販売店]のフィルターボタンを開くと、[渋谷店]、[上野店]、[新宿店]しか選択できなくなっています。

販売店の絞り込み

ピボットテーブルの操作

今度は、ピボットテーブルです。

上のテーブルと同じデータを元に下のようなレイアウトのピボットテーブルを作成しました。

ピボットテーブル

このピボットテーブルは、[デザイン]タブの[レポートのレイアウト]で[表形式で表示]を選択しています。

表形式で表示

1つ目のフィルター

このピボットテーブルで、[都道府県]のフィルターボタンから[東京都]を選択します。

都道府県から東京都を選択

[東京都]が抽出され、下のようになります。

データの抽出

2つ目のフィルター?

このまま[販売店]のフィルターボタンを表示すると、すべての販売店の名前が表示されます。

ここで?となるわけです。

これは表形式にしているので、上記と同じような表に見えますが、あくまでピボットテーブルなのです。

販売店のフィルター

複数条件で絞り込むにはスライサーを使用

データフィルターのように絞り込みたい場合は、スライサーを使用すると便利です。

スライサーの挿入

ピボットテーブル内のセルをアクティブにして、[分析]タブの[フィルター]グループにある[スライサー]をクリックします。

スライサー

[スライサーの挿入]から、[都道府県]と[販売店]のチェックボックスをオンにします。

スラシサーの挿入

下のように[都道府県]と[販売店]の2つのスライサーが表示されます。

スライサーの表示

[都道府県]スライサーでアイテムをクリック

[都道府県]スライサーで[東京都]をクリックすると、[販売店]は東京都の販売店のみが有効になります。

スライサーで東京都を選択

[都道府県]スライサーで[神奈川県]を選択すると、[販売店]は神奈川県の販売店のみが有効になります。

参考スライサーにデータのないアイテムが表示されていますが、これは設定で非表示にすることができます。

スライサーの設定については、以下の記事で解説しています。

スライサーの表示設定(データのないアイテムを非表示にする)

Excelのテーブルやピボットテーブルでは、スライサーという機能を使って、データを絞り込んで表示できます。 スライサーのアイテムをクリックす ...

続きを見る

フィルターの解除

フィルターの解除は、スライサーの右上のボタンをクリックします。

スライサーは、現在、何が抽出されているのか、視覚的にも分かりやすいですね。

スライサーを非表示にするには、スライサーを選択して[Delete]キーを押します。

スライサーで神奈川県を選択

スライサーは、Excel2010にもあります。[スライサー]ボタンが無効状態になって使用できない場合の対処方法についても記しています。

スライサー(ピボットテーブルとピボットグラフの絞り込み)

スライサーとは、ピボットテーブルとピボットグラフの絞り込み機能です。 スライサーでは複数のピボットテーブル、ピボットグラフでフィルター条件を ...

続きを見る

Excel2013以降、スライサーはテーブルでも使用することができるようになりました。

テーブルでもスライサーの挿入ができる(フィルター処理を視覚的に)

Excel2013では、テーブルでも[スライサー]が使用できるようになりました。 以下のようなスライサーを使った絞り込みを行うことができます ...

続きを見る

関連以下は、Excel2013で解説しているピボットテーブルに関する記事です。

他バージョンでもピボットテーブルに関する記事をアップしています。

ピボットテーブルのフィールドのグループ化

ピボットテーブルでは、フィールドのグループ化をすることができます。データをより大きな括りで分析したい場合に便利です。 グループ化は、数値フィ ...

続きを見る

ピボットテーブルの行や列は[ユーザー設定リスト]の順番で並べ替え

Excelのピボットテーブルで、行や列を並べ替えするときに知っておくと便利な機能があります。 行ラベルや列ラベルは、昇順、降順以外に、ユーザ ...

続きを見る

ピボットテーブルで日付のグループ化ができない

Excelでピボットテーブルを作成して、日付フィールドで[月]ごとのグループ化をしようとしてもできないことがあります。 これは、見た目は日付 ...

続きを見る

ピボットテーブルでスライサーを使用すると列幅が既定に戻ってしまう

ピボットテーブルでは、列幅を調整してもフィルター処理などの操作をすると、また既定の列幅に戻ってしまいます。 更新しても列幅が自動に調整されな ...

続きを見る

累計はピボットテーブルで右クリックして[計算の種類]から簡単に求められる

ピボットテーブルを作成して、右クリックしてショートカットメニューを表示すると、その中に[計算の種類]があります。この[計算の種類]のサブメニ ...

続きを見る

ピボットテーブルのレポートの接続とフィルターの接続

Excelのピボットテーブルやピボットグラフでは、スライサーを使用してフィルタリングすると視覚的に分かりやすく、とても便利です。 Excel ...

続きを見る

おすすめピボットテーブルは簡単便利

Excel2013には、[挿入]タブの[テーブル]グループに[おすすめピボットテーブル]というボタンがあります。 おすすめグラフと同じように ...

続きを見る

ピボットテーブルのアイテムの並べ替えはドラッグで

Excelのピボットデーブルで作成したフィールドのアイテムは、ドラッグで移動することができます。 この記事の画像は、PowerPivotのテ ...

続きを見る

ピボットテーブルで累計と前年比を求める

Excel2013のピボットテーブルで累計と前年比を求める方法です。 テーブルのフィールドで右クリックして、ショートカットメニューの[計算の ...

続きを見る

ピボットテーブルの【タイムライン】で日付のフィルター処理を行う

Excel2013のピボットテーブルの新機能です。 ピボットテーブルに日付フィールドがある場合、タイムラインで期間を指定してデータを動的に表 ...

続きを見る

ピボットテーブルで前年比を求める

ピボットテーブルで下のような前年比を求める方法です。 商品(A、B、C)ごとの2010年5月と2011年5月の売上を比較しています。 ピボッ ...

続きを見る

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成することもできます。

Excel2016で解説していますが、Excel2013でも同様の操作ができます。

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成

ピボットテーブルの作成に慣れたなら、グラフも同時に作成してみませんか? ここでは、Excel2016で解説します。 サンプルのデータは以下の ...

続きを見る

また、アンケート集計もピボットテーブルを使用すると簡単です。

アンケートはピボットテーブルで簡単集計

アンケートをとって、顧客満足度などの調査をすることがあると思います。 アンケートをとった後は、集計しますね。その時にピボットテーブルを活用す ...

続きを見る

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.