リンクユニット

Google検索

Office2019 Excel2019

縦1列に入力されたデータを横に項目を並べた表(1行1レコード)に変更

投稿日:2019年8月7日 更新日:

A列の複数行に1レコードが並んでいる表を、横に項目を並べた表に変更する方法を紹介します。ここでは、数式を使った方法を紹介します。Excel2019で解説しますが、他のバージョンも同じです。

いくつかの方法があると思いますが、1つの方法として参考にしてください。

A列に縦に並んだレコードを横に項目が並んだ表に変更

参考Power Query(パワークエリ)を使った方法は、以下の記事で解説しています。

1列の複数行で1レコードになっている表をPower Queryで複数列のテーブルに変換

1列の複数行に1レコードのデータが並んでいる表も、Power Query(パワークエリ)エディターを使って、複数列のテーブルに整形することが ...

続きを見る

Power Query(パワークエリ)は、Excel2016から標準で装備されていますが、Excel2010とExcel2013はアドインとしてインストールすることで使用できるようになります。

Excel2013にPower Queryをインストールして[POWER QUERY]タブを表示

Excel2013にPower QueryアドインをMicrosoftのダウンロードセンターのページからインストールしてみました。OSは、W ...

続きを見る

サンプル表の確認

例として下のような表があります。

A列のみにデータが入力されていて、5行ずつが1レコードになっています。サンプルのような少ない行数であれば、コピー&ペーストで手作業で行うこともできますが、行数が多くなると大変な作業です。

数式を使って、横に1行1レコードの表になるようにします。

5行ごとが1データになっている表

数式の入力

セル[C1]に[1]と入力します。後で昇順に並べるためです。

セル[D1]に[=A1]と入力します。

セル[D1]に[=A1]と入力

セル[E1]には[=A2]、セル[F1]には[=A3]、セル[G1]には[=A4]、セル[H1]には[=A5]と数式を入力します。

[数式]タブの[ワークシート分析]グループにある[数式の表示]をクリックして表示すると、以下のようになります。

数式は、[数式の表示ボタン]は再度クリックするとオフになります。

[数式]タブの[数式の表示]

セル[D1]からセル[H1]は、以下のようにA列の1つのレコードが表示されます。

セル[D1]からセル[H1]に数式を入力した結果

数式のコピー

まず、範囲選択します。選択する範囲は、セル[C1]からセル[H5]までです。

セル[C1]からセル[H5]まで範囲選択

そして、フィルハンドルをドラッグしてセル[H11]までコピーします。

フィルハンドルをドラッグして数式をコピー

結果、以下のようになります。

数式をコピーした結果

コピーして値のみ貼り付け

セル[C1]からセル[H11]までを範囲選択したまま、コピーします。もちろん、ショートカットキー[Ctrl]+[C]でも構いません。

コピーして値のみ貼り付け

[貼り付け]ボタンの▼をクリックして、メニューを表示します。

[値の貼り付け]の[値]をクリックします。

[値]の貼り付け

見た目は変わりませんが、数式ではなく値になっています。

値を貼り付けた結果

参考値の貼り付けについては、以下の記事で解説しています。

数式の結果のみ貼り付けるには[値]の貼り付け

Excelで下のような表があって、C列にはA列とB列の合計値を求める関数が入力されています。 数式で求めた値をそのまま保存したいということが ...

続きを見る

並べ替え

セル[C1]からセル[H11]までを範囲選択します。

[データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[昇順]をクリックします。

範囲選択して[データ]タブの[昇順]ボタンをクリック

以下のようにC列の昇順になります。

C列の昇順に並んだ表

参考セル[C1]から範囲選択した状態、セル[C1]が白くなっている状態であれば、[昇順]のボタンをクリックするだけで済みますが、もし、セル[H1]から範囲選択した場合は、以下のように操作します。

セル[H1]から範囲選択

[データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[並べ替え]をクリックします。

[データ]タブの[並べ替え]ボタン

[並べ替え]ダイアログボックスが表示されます。

[優先されるキー]の▼ボタンをクリックして[列C]を選択します。[順序]は[小さい順]にして、[OK]ボタンをクリックします。

[並べ替え]ダイアログボックス

項目行を挿入して罫線で表を完成

最後にタイトル行を挿入したり、罫線を付けて表を整えます。または、別のワークシートに貼り付けて完成させてください。

並べ替えのために入力した番号の列は不要であれば削除します。

完成した表

参考この操作の場合は、もとの表と接続しているわけではないので、更新ボタンを押しても更新はできません。

Power Queryエディターで作成したものであれば、元の表と接続した状態なので、簡単に更新できます。

Power Queryを使った方法は、以下の記事で解説しています。

1列の複数行で1レコードになっている表をPower Queryで複数列のテーブルに変換

1列の複数行に1レコードのデータが並んでいる表も、Power Query(パワークエリ)エディターを使って、複数列のテーブルに整形することが ...

続きを見る

テーブルに変換

完成した1行に1レコードになっているような表であれば、テーブルに変換することができます。

表内のセルをアクティブにして、[挿入]タブの[テーブル]グループにある[テーブル]をクリックします。

ポップヒントには以下のように記されています。

テーブル

関連データの整理と分析を行うテーブルを作成します。

テーブルに作成しておくと、シート内のデータの並べ替え、フィルター、書式設定を簡単に行えるようになります。

[挿入]タブの[テーブル]グループにある[テーブル]ボタン

[テーブルの作成]ダイアログボックスが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。自動的に選択された範囲が間違っている場合は、修正します。

[テーブルの作成]ダイアログボックス

以下のようなテーブルが作成できます。スタイルは変更しています。

[テーブルデザイン]タブのコマンドボタンには便利な機能がたくさんあります。

[テーブルデザイン]タブ

テーブルの便利機能については、以下の記事で解説しています。

テーブルの便利機能(テーブルに変換して効率アップ)

Excelのテーブルはとても便利なものです。 通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分 ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Office2019 Excel2019

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.