リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Excel2003

行と列の覚え方

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelのワークシートは行と列でなりたっています。
行番号は1行~65,536行までです。
列番号はA列~IV列までの256列です。

参考Excel2007以降は非常に拡大されています。

ワークシートがでかい!

行番号は1,048,576行、列番号はXFD列(16,384列)です。

この違いによって、以下のような状況が起きることがあります。旧拡張子と新拡張子が混在している環境では注意が必要です。

シートの挿入ができませんというメッセーがでたら

Excelでワークシートを別のブックへ移動または、コピーしようと、ワークシートのシート見出しで右クリックして、ショートカットメニューから[移 ...

続きを見る

Excelのエラー:コピー領域と貼り付け領域の形が違うため

最終行へ移動

新しいシートで65,536行目をみてみましょう。Excelの新規シートがでていますか?セル[A1]がアクティブセルになっていますか?

キーボードから[Ctrl]キーと方向キーの[↓]キーを同時に押してみてください。
65,536行目にアクティブセルが移動しました。
65536行

参考[Ctrl]キーと方向キーの[↓]は、データが入った表で使うと入力されたデータの最終行へ移動します。これも覚えておくと便利です。

ホームポジションへ

ホームポジション、セル[A1]へ戻りましょう。

[Ctrl]キーと方向キーの[↑]キーを同時に押します。
ホームポジションへ戻ったと思います。
ホームポジション

最終列へ移動

今度は256列目を見てみましょう。[Ctrl]キーと方向キーの[→]キーを同時に押してください。
IV列に移動しました。
IV列

ホームポジション、セル[A1]に戻りましょう。

[Ctrl]キーと方向キーの[←]キーを同時に押します。
ホームポジションへ戻ったと思います。
ホームポジション

行と列の覚え方

ところで、時々がわからなくなることがありませんか?
どっちが行でどっちが列だったかしら?と・・こじつけではありますが、これなら忘れないという覚え方を一つ紹介します。

漢字の行と列を思い浮かべてください・・あとは下の図でわかりますか?(^^)
行と列

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

Excelを学習するなら、お勧めのテキストです。見やすい!分かりやすい!時短のための一冊です。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

フォルダのツリー表示

Windows XPでフォルダをダブルクリックして開くと、フォルダは既定では下のようにタスク表示になっています。 フォルダのツリー表示にする ...

拡大/縮小印刷

A4の大きさの用紙設定で作成したものでも 印刷時に拡大したり縮小したりすることができます。 印刷ダイアログボックスの表示 メニューバーの[フ ...

絵文字の入力

WordやExcel、PowerPointで絵文字を挿入することができます。 記号と特殊文字 メニュバーの[挿入]→[記号と特殊文字]をクリ ...

ウィンドウを見やすくしたい

ウィンドウの文字の大きさは、設定で大きくすることができます。デザインを変えてみましょう。 画面のプロパティの表示 デスクトップの何もないとこ ...

ラベルサイズ登録設定(ワード2003)

Microsoft Wordのラベルオプションを使えば、登録されていないメーカーや型番のラベルでも簡単にラベルシールのサイズ登録ができます。 ...

-Windows Xp & Office2003 Excel2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.