Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

絞り込みリストの作成

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelでは入力規則と関数を使って、リストの中から一つ選択すると、次のリストは前のリストに該当する内容の中からしか選択できないようにすることができます。

Excel2016で解説しますが、他のバージョンでも同様の操作で作成することができます。

たとえば、下のように部署は「第1営業部」「第2営業部」「第3営業部」の中から選択できて、「第1営業部」を選択すると、「第1営業部」のメンバーしか選択できないようにすることができます。

入力ミスを減らすことが出来て便利ですし、入力する側も選択肢は少ない方が楽ですね。

入力規則の絞り込み

参考入力規則でドロップダウンリストから値を選択して入力できるようにする一番簡単な方法は、以下の記事で解説しています。

入力規則のコピーと貼り付け

Excelの入力規則は、便利ですね。ですが、この入力規則はコピー・貼り付けができるということは案外知られていないようです。 データの入力規則 ...

続きを見る

入力規則に使用するリストの作成

それほど難しくはないので、ぜひ挑戦してみてください。

まず、準備として入力規則に使用するリストの一覧を作成します。

セル[D1]からセル[F5]までがリストとなります。

リスト作成

セル範囲に名前付け

そして、このリストでそれぞれのセル範囲に名前を付けます。

セル[D1]からセル[F1]を選択して、[数式]タブの[名前の定義]をクリックします。

[部署]とします。

名前付け

そして、同じようにセル[D2]からセル[D5]までを「第1営業部」、セル[E2]からセル[E5]までを「第2営業部」、セル[F2]からセル[F5]までを「第3営業部」という名前を付けます。

範囲に付ける名前は勝手に付けてはいけません。

必ず1行目の項目名と同じにします。

名前の付け方ルール

名前の管理を確認

[数式]タブの[名前の管理]をクリックして、[名前の管理]ダイアログボックスが下のようになっていればOKです。

確認だけですので、[名前の管理]ダイアログボックスは閉じます。

参考範囲に名前を付ける方法は、名前ボックスを利用する方法もあります。

範囲に名前を付ける方法を参照してください。

名前の管理

入力規則の設定

では、入力規則を設定します。

セル[A2]からセル[A7]までを範囲選択して、[データ]タブの[データの入力規則]をクリックします。

データの入力規則

[データの入力規則]ダイアログボックスが表示されます。

[入力値の種類]のプルダウンメニューから[リスト]を選択します。

[元の値]には、[=部署]と入力します。

[OK]ボタンを押して閉じます。

データの入力規則ダイアログボックス

これで、セル[A2]からセル[A7]までは、入力リストから部署名の選択ができるようになります。

リストから選択

リストの元の値にINDIRECT関数を設定

今度は、セル[B2]からセル[B7]までを範囲選択して、上記と同様に[データ]タブの[データの入力規則]をクリックして、[データの入力規則]ダイアログボックスを表示させます。

そして、[入力値の種類]のプルダウンメニューから[リスト]を選択します。

[元の値]には、[=INDIRECT($A2)]と入力します。

元の値には、名前を付けた範囲を指定するわけです。

そのためにINDIRECT関数を使います。

INDIRECT関数は、指定されている文字列への参照を返す関数です。

[OK]ボタンをクリックして閉じます。

データの入力規則ダイアログボックスの元の値に関数

下のようなメッセージが表示されたら、[はい]をクリックします。

メッセージウィンドウ

部署選択で第1営業部を選択した場合は、第1営業部のメンバーのみが表示されるようになります。

リストから絞り込み選択

リストの参照範囲が可変になる場合の設定方法は以下の記事を参照してください。

範囲が可変する名前定義

縦横の範囲が可変する名前定義

VLOOKUPの参照範囲が可変する場合

入力規則を使った絞り込みリストについては、以下の記事でも解説しています。

Excelの入力規則で絞込みリストを作成 : 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog1

無効データをチェックするには

いくら入力規則を設定しても、コピーして貼り付けられた値オートフィルで入力された値は受け入れられてしまいます

こういう時、無効な値をチェックできる機能があります。

無効データのマーク]という機能です。

絞り込みの設定していても、無効なデータを入力されてしまうことはあります。

たとえば、A列で部署を選択して、B列で氏名を選択した後、再度 A列で部署を選択することができてしまいます。

だから、下のようになってしまうことがあります。

ミス入力があるワークシート

無効な値をチェックする方法です。

[データ]タブの[データの入力規則]の▼ボタンをクリックして、[無効データのマーク]をクリックします。

注意範囲を選択する必要はありません。

無効データのマーク

すると、入力規則に合わないデータには赤い丸が付きます。

部署と氏名が合わないセルに赤い丸が付くということです。

無効データのマークで点いた赤い丸

修正後、再度 [無効データのマーク]をクリックすると、赤い丸は付きません。

入力規則マークのクリア

また、無効データのマークをクリアするには、再度[データの入力規則]の▼ボタンをクリックして、[入力規則マークのクリア]をクリックします。

入力規則マークのクリア

[無効データのマーク]については、以下の記事でも解説しています。

【無効データのマーク】でエラーメッセージでも防げない規則以外のセルをチェック

Excelの[データ]タブの[データの入力規則]のメニューの中に[無効データのマーク]というのがあります。 これは入力規則に設定した以外の値 ...

続きを見る

関連入力規則関連の記事です。

入力規則のコピーと貼り付け

Excelの入力規則は、便利ですね。ですが、この入力規則はコピー・貼り付けができるということは案外知られていないようです。 データの入力規則 ...

続きを見る

重複データの入力を入力規則で禁止するには

Excelで1つの列に重複した値を入力できないように規制する方法を紹介します。Excel2013で解説しますが、他のバージョンも同じ方法で設 ...

続きを見る

行と列の交差するセルの値を求める

Excelで下のようなマトリックス表があって、このマトリックス表の行と列の交差する値を関数を使って自動的に求める方法です。早見表などでも使用 ...

続きを見る

データの入力規則を使ってIMEの入力モードを自動切り替え

Excelでは、[入力規則]を使って入力時の日本語入力をオンにしたり、オフにしたりすることができます。 この設定を行っておくと、入力時にIM ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

記事を更新しました

A4サイズで作成した文書をA4用紙に4枚印刷する方法

A4サイズで作成した文書を縮小して、A4用紙に縮小して4枚印刷したいということがあります。 配布用にA6サイズにしたい、または紙節約のためな ...

PowerPointでのルーラーを使ったインデントの設定

PowerPointでもWordのようにルーラーを表示してインデントの設定を行なうことができます。 インデントの上げ下げは、[ホーム]タブの ...

スライドに最終更新日時を挿入するには

PowerPointには、ヘッダーとフッターに自動更新日を表示することができますが、更新していなくてもファイルを開くたびに更新されてしまいま ...

表の縞模様を1行3列おきに設定するには(新しい表のスタイルを作成)

Wordの表で縞模様は、[縞模様]ダイアログボックスの設定で列方向や行方向の縞の幅は3行、3列まで設定することができます。 たとえば、下のよ ...

Office2016の更新オプション

Office2016では、更新オプションから最新の更新プログラムを確認したりインストールすることができます。 ここでは、Word2016で解 ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.