Windows10 & Office2016 Excel2016

Print Friendly, PDF & Email

テーブルのサイズ変更と解除

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelでテーブルを作成した後、テーブルのサイズを変更する方法です。テーブルについては、テーブルの活用を参照されてください。

テーブルの活用

Excelのテーブルはとても便利なものです。通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分析 ...

続きを見る

テーブルのサイズ変更

テーブル内のセルをアクティブにして、[デザイン]タブにある[テーブルのサイズ変更]をクリックします。
テーブルのサイズ変更

[テーブルのサイズ変更]ダイアログボックスが表示されますので、ダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリックして、範囲を指定します。
テーブルのサイズ変更ダイアログボックス

テーブルの範囲をセルF9までに変更してみました。下のようになります。
テーブルのサイズ変更

また、テーブルの右下角にマウスを合わせて、ドラッグで変更することもできます。
ドラッグで変更

テーブルの解除

テーブルの通常のデータ範囲に変更する方法です。テーブル内のセルをアクティブにして、[デザイン]タブの左端にある[範囲に変換]をクリックします。ポップヒントには、"このテーブルを通常のセルの範囲に変換します。データはすべて保持されます。"とあります。
範囲に変換

メッセージウィンドウが表示されますので、[はい]をクリックします。
メッセージウィンドウ

テーブル機能が解除されます。
標準範囲

以下の記事も参考になると思います。

テーブルでスライサー

Excel2013では、テーブルでも[スライサー]が使用できるようになりました。 Excel2010のピボットテーブルでスライサーが登場した ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

フォームでのレコードの並べ替え

Accessのフォームでレコードの並べ替えは、フォームのプロパティで行うことができます。 下のようなテーブルを元に作成した帳票フォームがあり ...

オブジェクトの配置

PowerPointでは、図形や画像を扱うことは多いと思います。オブジェクトを配置するコマンドを上手に使って効率よく配置したいですね。 オブ ...

表示モードの切り替えはステータスバーから

PowerPointのプレゼンテーションの表示は、[標準]、[アウトライン表示]、[スライド一覧]、[ノート]、[閲覧表示]という5個の表示 ...

複雑な複数の条件に合う合計を求める関数

Excelで複雑な複数の条件を満たすデータの合計値を求める時に便利な関数があります。複数の条件に合うものを抽出する方法では、 [フィルターオ ...

透かしの挿入

Wordで下のような透かし文字や透かし画像を挿入する方法です。 透かしを挿入したい文書を開いて、[デザイン]タブの右端にある[透かし]をクリ ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.