Windows7 & Office2010 Excel2010

Print Friendly

色付きセルの合計

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelの表でセルに色を付ける方は多いと思います。この色付きのセルのみを合計したいという場合、Excel2007以降のバージョンであれば簡単に集計することができます。ここでは、Excel2010で解説します。下のような表があります。
表

テーブルに変換

まず、この表をテーブルに変換します。
表内のセルを1つ選択して、[挿入]タブの[テーブル]グループにある[テーブル]をクリックします。
テーブル

[テーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。
データ範囲を確認して、[先頭行をテーブルの見出しとして使用する]のチェックはオンにするか、オフにするか決定して[OK]ボタンをクリックします。
テーブルの作成

スポンサーリンク

下のようにテーブルになり、自動的にフィルターボタンが付きます。
テーブル完成

既定のテーブルのスタイルは、[テーブルスタイル(中間)2]です。元々のセルの色が分かりづらくなるので、[テーブルのスタイル]は[なし]を選択します。
スタイルなし

テーブルに集計行を追加

[デザイン]タブの[テーブルスタイルのオプション]グループにある[集計行]のチェックボックスをオンにします。
集計行

B列とC列の最終セルをアクティブにして、プルダウンから[合計]を選択します。
プルダウンから合計を選択

集計行のセルには[SUBTOTAL]の数式が入り、これで準備OKです。
数式SUBTOTAL

選択したセルの色でフィルター

色付きのセルで右クリックします。ショートカットメニューの[フィルター]から[選択したセルの色でフィルター]をクリックします。
選択したセルの色でフィルタ-

色付きセルのみの合計を求めることができます。
色付きセルの合計

色付きセルの個数を求める

また、色付きセルのデータの個数を求めるには、集計行のセルを選択してプルダウンから[数値の個数]に切り替えると、色付きセルの個数を求めることができます。
数値の個数

関連記事です。セルの色でフィルターする方法を紹介しています。

セルの色でフィルター

Excelで下のように色分けした表を作成して、セルの色で絞り込む方法です。Excel2007からの機能です。便利なので、ぜひ活用してみてくだ ...

続きを見る

お勧め記事と広告

関連記事

結語を出さない設定はできます

Word2007では、頭語を入力して結語を表示させない設定ができませんでした。 結語を出さない設定ができない Word2010では、この設定 ...

アプリケーションパーツ

[作成]タブにある[アプリケーションパーツ]から、テンプレートを選択して作成することができます。 ここでは、[メッセージボックス]をクリック ...

テキスト形式のフォントの変更

テキスト形式のフォントサイズは変更することができます。 [ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。 [Outlookの ...

ピボットテーブルの追加フィールド

Accessのクエリでピボットテーブルを作成した後でも、演算によるフィールドを追加することができます。 下のように[実績]と[予算]フィール ...

図形に合わせてトリミング

Office2010では、写真や画像を図形に合わせてトリミングすることができます。 ※Office2007の場合は、少し操作が違いますので写 ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.