Windows7 & Office2010 Excel2010

Print Friendly, PDF & Email

色付きセルの合計

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelの表でセルに色を付ける方は多いと思います。この色付きのセルのみを合計したいという場合、Excel2007以降のバージョンであれば簡単に集計することができます。ここでは、Excel2010で解説します。下のような表があります。
表

テーブルに変換

まず、この表をテーブルに変換します。
表内のセルを1つ選択して、[挿入]タブの[テーブル]グループにある[テーブル]をクリックします。
テーブル

[テーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。
データ範囲を確認して、[先頭行をテーブルの見出しとして使用する]のチェックはオンにするか、オフにするか決定して[OK]ボタンをクリックします。
テーブルの作成

下のようにテーブルになり、自動的にフィルターボタンが付きます。
テーブル完成

既定のテーブルのスタイルは、[テーブルスタイル(中間)2]です。元々のセルの色が分かりづらくなるので、[テーブルのスタイル]は[なし]を選択します。
スタイルなし

テーブルに集計行を追加

[デザイン]タブの[テーブルスタイルのオプション]グループにある[集計行]のチェックボックスをオンにします。
集計行

B列とC列の最終セルをアクティブにして、プルダウンから[合計]を選択します。
プルダウンから合計を選択

集計行のセルには[SUBTOTAL]の数式が入り、これで準備OKです。
数式SUBTOTAL

選択したセルの色でフィルター

色付きのセルで右クリックします。ショートカットメニューの[フィルター]から[選択したセルの色でフィルター]をクリックします。
選択したセルの色でフィルタ-

色付きセルのみの合計を求めることができます。
色付きセルの合計

色付きセルの個数を求める

また、色付きセルのデータの個数を求めるには、集計行のセルを選択してプルダウンから[数値の個数]に切り替えると、色付きセルの個数を求めることができます。
数値の個数

関連記事です。セルの色でフィルターする方法を紹介しています。

セルの色でフィルター

Excelで下のように色分けした表を作成して、セルの色で絞り込む方法です。Excel2007からの機能です。便利なので、ぜひ活用してみてくだ ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

コメントの挿入

Excel2010の[コメントの挿入]ボタンは、[校閲]タブにあります。 Excel2007も、Excel2013も同じです。 Excel2 ...

レコード削除時の確認メッセージを非表示にする

Accessでレコードを削除すると、下のように確認メッセージが表示されます。 この確認メッセージは、非表示にすることができます。 [ファイル ...

書式のリセット

スライドで、あれこれいじっていると、書式が揃わなくなり、一気に元に戻したいということがありますね。 たとえば、下のように箇条書きの行頭文字が ...

ネットブックにWindows7をインストール

先日、福袋に入っていたネットブックにWindows7をインストールしてみた。 ネットでは、ときどきWindows7をインストールできたという ...

フォームを使用する

Excel2003のときは、[データ]メニューの[フォーム]から起動できたフォームですが、Excel2010では[データ]タブの中に見つけら ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.