Windows7 & Office2010 Excel2010

Print Friendly, PDF & Email

色付きセルの合計

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelの表でセルに色を付ける方は多いと思います。この色付きのセルのみを合計したいという場合、Excel2007以降のバージョンであれば簡単に集計することができます。ここでは、Excel2010で解説します。下のような表があります。
表

テーブルに変換

まず、この表をテーブルに変換します。
表内のセルを1つ選択して、[挿入]タブの[テーブル]グループにある[テーブル]をクリックします。
テーブル

[テーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。
データ範囲を確認して、[先頭行をテーブルの見出しとして使用する]のチェックはオンにするか、オフにするか決定して[OK]ボタンをクリックします。
テーブルの作成

下のようにテーブルになり、自動的にフィルターボタンが付きます。
テーブル完成

既定のテーブルのスタイルは、[テーブルスタイル(中間)2]です。元々のセルの色が分かりづらくなるので、[テーブルのスタイル]は[なし]を選択します。
スタイルなし

テーブルに集計行を追加

[デザイン]タブの[テーブルスタイルのオプション]グループにある[集計行]のチェックボックスをオンにします。
集計行

B列とC列の最終セルをアクティブにして、プルダウンから[合計]を選択します。
プルダウンから合計を選択

集計行のセルには[SUBTOTAL]の数式が入り、これで準備OKです。
数式SUBTOTAL

選択したセルの色でフィルター

色付きのセルで右クリックします。ショートカットメニューの[フィルター]から[選択したセルの色でフィルター]をクリックします。
選択したセルの色でフィルタ-

色付きセルのみの合計を求めることができます。
色付きセルの合計

色付きセルの個数を求める

また、色付きセルのデータの個数を求めるには、集計行のセルを選択してプルダウンから[数値の個数]に切り替えると、色付きセルの個数を求めることができます。
数値の個数

関連記事です。セルの色でフィルターする方法を紹介しています。

セルの色でフィルター

Excelで下のように色分けした表を作成して、セルの色で絞り込む方法です。Excel2007からの機能です。便利なので、ぜひ活用してみてくだ ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

関連記事

GmailのIMAP接続

Googleのセキュリティ強化により、OutlookでGmailのIMAP設定ができないことがあります。その場合は、以下のページを参考にして ...

ブロックされているコンテンツを許可

ローカルに保存しているHTMLファイルを開くと、ウィンドウの下に [スクリプトやActiveXコントロールを実行しないよう、Internet ...

ヘルプをオフラインで参照したい

Office2010でウィンドウ右上の[?]ヘルプをクリック(または、[F1]キー)して表示すると、 自動的にオンラインのOffice.co ...

タブ文字の削除

Excelで作成された文書をコピーして、Wordへ貼り付けると下のように多くのタブが挿入されてしまうことがあります。 この不要なタブを一気に ...

ノートペインに図形を挿入

PowerPointのノートペインには、発表者用のメモを入力します。 このノートペインに書式設定をしたり、画像や図形を挿入したいと思うことも ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.