Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

2つのセルの文字列を比較して同じ文字列かどうかを確認する方法

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelで2つのセルに入力された文字列が合っているかどうかを確認する方法です。

下のようにB列とC列に文字列が入力されています。

表

B1=C1の数式を使って

このB列とC列の同じ行の文字列が同じかどうか確認するには、

セル[D1]に下のように関数を入力します。

[=B1=C1] 簡単ですね。

セル[D4]まで数式をコピーします。

同じ場合は[TRUE]、違う場合は[FALSE]が返されます。

=B1=C1

条件付き書式でも比較することができます。

A列とB列で同じ値のセルに色をつけるには

でも、同じように見えてもFALSEだったり、違うのにTRUEだったりします。

E列にその理由を入力しています。

この数式では③のようにアルファベットの大文字、小文字が区別されません。

結果の理由

EXACT関数を使ってアルファベットの大文字小文字を区別

大文字、小文字まで区別したい場合は、EXACT関数を使います。

セルD1に[=EXACT(B1,C1)]と入力して、セルD4までコピーします。 EXACT関数では、アルファベットの大文字と小文字が区別されます。

カタカナの全角、半角も区別されます。

便利ですね。

=EXACT(B1,C1)

以下は、EXACT関数の引数ダイアログボックスです。

EXACT関数の引数ダイアログボックス

IF関数と組み合わせて

[TRUE]、[FALSE]と表示したくない場合は、IF関数を使うといいです。

=IF(EXACT(B1,C1),"同じだよ","違うよ") 下のように表示され、分かりやすくなりますね。

IF関数の使用

④の場合末尾に空白スペースが入力されているので、違う文字列と認識されます。

空白スペースの削除

空白を含むセルが少ない場合は、手作業でもいいのですが、多い場合は、[検索と置換]ダイアログボックスで、空白スペースを削除すると便利です。

ショートカットキーは、[Ctrl]と[H]です。

[検索と置換]ダイアログボックス

TRIM関数を使用して文字列の先頭や末尾の空白スペースをすべて削除することもできますが、単語間のスペースは1つだけ残ります。

=TRIM(C4)

TRIM関数の引数ダイアログボックスです。

TRIM関数

目的に応じて、使い分けてください。

業務効率のためにも、関数はぜひ使いこなしてほしいです。

数式の結果

参考Excelでは、データ末尾の空白は目視では見つけにくいためやっかいです。

以下の記事でも解説しています。

【重複の削除】は1番目の値が残る、データの空白スペースには注意

Excel2007以降には、[データ]タブに[重複の削除]というコマンドがあります。 ポップヒントには、以下のように記されています。 重複の ...

続きを見る

フィルターと置換機能を使って不揃いのデータを整える

Excelのフィルター機能は、データのチェックをして整えるときにも便利です。 ピボットテーブルの元表には、統一されたデータがなければ、分析も ...

続きを見る

重複値をチェックする方法は、以下の記事で解説しています。

関数を使う方法と、条件付き書式を使う方法で解説しています。

2つの列を比較して重複値を探すには

また2つの列の差分を求めるには条件付き書式で一意の値を求める方法が便利です。

2つの列の差分を求める(重複しない一意の値を求める)

Excelで2つの列にデータが入力されていて、そのデータの差分を求めたい場合がありますね。 たとえば、下のようにA列には分析用データとして別 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.