Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

2つのセルの文字列を比較したい

投稿日:

Excelで2つのセルに入力された文字列が合っているかどうかを確認する方法です。
下のようにB列とC列に文字列が入力されています。
表
このB列とC列の同じ行の文字列が同じかどうか確認するには、
セルD1に下のように関数を入力します。[=B1=C1] 簡単ですね。セルD4まで数式をコピーします。
同じ場合は[TRUE]、違う場合は[FALSE]が返されます。
=B1=C1
条件付き書式でも比較することができます。
A列とB列で同じ値のセルに色をつけるには

でも、同じように見えてもFALSEだったり、違うのにTRUEだったりします。
E列にその理由を入力しています。
この数式では③のようにアルファベットの大文字、小文字が区別されません。
結果の理由

スポンサーリンク

大文字、小文字まで区別したい場合は、EXACT関数を使います。
セルD1に[=EXACT(B1,C1)]と入力して、セルD4までコピーします。
EXACT関数では、アルファベットの大文字と小文字が区別されます。
カタカナの全角、半角も区別されます。便利ですね。
=EXACT(B1,C1)
EXACT関数の引数ダイアログボックスです。
EXACT関数の引数ダイアログボックス
TRUE、FALSEと表示したくない場合は、IF関数を使うといいです。
=IF(EXACT(B1,C1),"同じだよ","違うよ")
下のように表示され、分かりやすくなりますね。
IF関数の使用
④の場合末尾に空白スペースが入力されているので、違う文字列と認識されます。
空白を含むセルが少ない場合は、手作業でもいいのですが、
多い場合は、[検索と置換]ダイアログボックスで、空白スペースを削除すると便利です。
ショートカットキーは、[Ctrl]と[H]です。
[検索と置換]ダイアログボックス
TRIM関数を使用して空白スペースを省くこともできますが、単語間のスペースは1つだけ残ります。
=TRIM(C4)
TRIM関数の引数ダイアログボックスです。
TRIM関数
目的に応じて、使い分けてください。

業務効率のためにも、関数はぜひ使いこなしてほしいです。
数式の結果

お勧め記事と広告

関連記事

閲覧モードで開かないようにする

Word2013の新機能です。 旧バージョンで作成済みのファイルなどををWord2013で開くと、閲覧モードで表示されることがあります。 閲 ...

オプションボタンのグループ化

Word2013でコントロールのオプションボタンを挿入した後、グループ化する方法です。 [開発]タブの[コントロール]グループにある[オプシ ...

個人用テンプレートの保存場所

Windows7のOffice2010をOffice2013にアップグレードしました。 今日、Word2013で自作のテンプレートを使おうと ...

複数の置換を一括で行うマクロ

Wordで複数の置換作業と一括で行うマクロです。 ※大文字と小文字、半角と全角を区別して置換する方法は、こちらで解説しています。 実は、毎週 ...

表を削除して文字列だけ残すには

表は削除したいけど、セル内の文字列は残したいということがあります。 こういう場合は、[表の解除]ボタンを使います。 まず、表内でクリックして ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.