リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

既定のフォントが游ゴシックに

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2016では、既定のフォントが「游ゴシック」になっています。Excel2013までは、「MSPゴシック」だったのですが。
テーマのフォント

游ゴシック(ゆうごしっく)とMSPゴシックを比較してみました。
游ゴシックとMSPゴシック

Excel2016で既定のフォント[游ゴシック]を[MSPゴシック]に変更する方法を紹介します。

ワークシートのフォント変更

ワークシート全体のフォントを変更するには、行と列が交わる箇所をクリック、あるいはキーボードから[Ctrl]と[A]を押して、ワークシート全体を選択した状態でフォントを[MSPゴシック]に変更します。
ワークシートの選択

アクティブブックのフォント変更

操作中のブックのフォントをMSPゴシックに変えるには、[ページレイアウト]タブの[テーマ]グループの[フォント]を[Office 2007 - 2010]に切り替えます。
フォントの切り替え

既定のフォントの変更

Excel2016の既定のフォントを変更することもできます。[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。
オプション

[Excelのオプション]が表示されます。[基本設定]の[新しいブックの作成時]にある[次を既定フォントとして使用]のプルダウンメニューから[MSPゴシック]を選択します。[OK]ボタンをクリックして閉じます。
フォントの変更

既存のブックは、[游ゴシック]のまま変わりませんが、新規ブックを起動すると、フォントは[MSPゴシック]になっています。また、行の高さも従来と同じ[13.5]になっています。
新規ブック

Office2016の標準フォントは、游ゴシック、遊明朝です。新しいフォントをOffice2010、Office2013でも利用できるようにMicrosoftから「游ゴシック 游明朝フォントパック 」が無償で提供されています。
Download 游ゴシック 游明朝フォントパック from Official Microsoft Download Center

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数を学び直したい人はぜひ!

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

最近使用したファイルに日付分類

Office2016を起動すると、まず左側に[最近使ったファイル]が表示されています。この最近使ったファイルが日付で分類されるようになりまし ...

データの統合(表の項目名の数と並び順が異なる場合)

Excelのデータ統合という機能を使うと、複数シートの項目名の数や並び順が違っていても一つのワークシートにまとめることができます。 統合には ...

差し込み印刷の【名簿】ならテキストボックス1つでリスト分のテキストボックスを作成

Wordの差し込み印刷にある[名簿]という機能を使うと、フィールドを差し込んだテキストボックスを1つ作成して、新規文書に差し込むとリスト全件 ...

タスクビュー

Windows10の新機能です。 ワンクリックでアクティブなウィンドウのサムネイルを表示することができます。複数のアプリを起動している時に、 ...

リレーションシップの印刷

Accessで作成したテーブル間のリレーションシップは印刷しておくと、役立つことが多いです。データベースの構成が複雑になればなるほど必要です ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.