リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

Print Friendly, PDF & Email

既定のフォントが游ゴシックに

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2016では、既定のフォントが「游ゴシック」になっています。Excel2013までは、「MSPゴシック」だったのですが。
テーマのフォント

游ゴシック(ゆうごしっく)とMSPゴシックを比較してみました。
游ゴシックとMSPゴシック

Excel2016で既定のフォント[游ゴシック]を[MSPゴシック]に変更する方法を紹介します。

ワークシートのフォント変更

ワークシート全体のフォントを変更するには、行と列が交わる箇所をクリック、あるいはキーボードから[Ctrl]と[A]を押して、ワークシート全体を選択した状態でフォントを[MSPゴシック]に変更します。
ワークシートの選択

アクティブブックのフォント変更

操作中のブックのフォントをMSPゴシックに変えるには、[ページレイアウト]タブの[テーマ]グループの[フォント]を[Office 2007 - 2010]に切り替えます。
フォントの切り替え

既定のフォントの変更

Excel2016の既定のフォントを変更することもできます。[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。
オプション

[Excelのオプション]が表示されます。[基本設定]の[新しいブックの作成時]にある[次を既定フォントとして使用]のプルダウンメニューから[MSPゴシック]を選択します。[OK]ボタンをクリックして閉じます。
フォントの変更

既存のブックは、[游ゴシック]のまま変わりませんが、新規ブックを起動すると、フォントは[MSPゴシック]になっています。また、行の高さも従来と同じ[13.5]になっています。
新規ブック

Office2016の標準フォントは、游ゴシック、遊明朝です。新しいフォントをOffice2010、Office2013でも利用できるようにMicrosoftから「游ゴシック 游明朝フォントパック 」が無償で提供されています。
Download 游ゴシック 游明朝フォントパック from Official Microsoft Download Center

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

Excelを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

テーブルのサイズ変更と解除

Excelでテーブルを作成した後、テーブルのサイズを変更する方法です。テーブルの機能については、テーブルの便利機能(テーブルに変換して効率ア ...

先頭の1文字が同じセルを集計するには

Excelで顧客番号や商品番号の先頭の1文字が同じセルの合計をしたいという場合の方法です。 下のような表があります。商品番号の先頭が1の売上 ...

画像の差し込み印刷はリストがWordの表なら簡単

Wordの差し込み印刷で画像を差し込むには、差し込み用に使用するリストがWordで作成した下のような表であれば、簡単に画像の差し込みができま ...

文字数制限付きのテキストボックス

Wordでテキストボックスを挿入して、そのテキストボックスに文字数制限をつける方法です。テキストボックスを挿入したい位置にカーソルを移動させ ...

検索ボックスを非表示にするには

Windows10のスタートボタンの右横には[検索ボックス]があります。結構、大きめです。 この検索ボックスは非表示にすることもできます。 ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.