リンクユニット

Windows 10 & Office 2016 Windows 10

Windows10のバージョンの確認方法とアップデート方法

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows10で バージョンを確認する方法です。

画像は、Anniversary Updateを実施した後の画像です。

Windowsの[設定]から[システム]を表示


スタートメニューの[設定]をクリックします。

スタートメニュー

参考[Windowsの設定]を表示するには、ショートカットキーを使う方法もあります。

[Windows]+[i]で表示できます。

キーボード[Windows]+[i]

[システム]を選択

[Windowsの設定]から[システム]をクリックします。

設定

システムの[バージョン情報]

一番下に[バージョン情報]がありますので、それをクリックします。

バージョンは1607、OSビルドは14393.10となっています。

Windows10のバージョン情報

参考バージョン20H2では、[詳細情報]と表記されています。

バージョン20H2の[システム]-[詳細情報]

検索ボックスから[バージョン情報]を表示

また、スタートメニューの検索ボックスに「バージョン」と入力しても表示できます。

一番上の[32ビットと64ビットのどちらのバージョンのWindowsかを確かめる]をクリックします。

すぐに上記のバージョン情報の画面が表示されます。

検索結果

参考検索ボックスに[winver]と入力すると、[Windowsのバージョン]ウィンドウを表示できます。

[winver]コマンドを使用して確認する方法

Windowsのバージョンとビルド番号のみでよければ、[winver]コマンドを実行して表示する方法もあります。

詳細情報を表示する場合は、上記で解説したとおり、Windowsの設定から[バージョン情報]を表示してください。

[ファイル名を指定して実行]を表示してコマンドを実行

[ファイル名を指定して実行]を表示して、[winver]コマンドを実行します。

Windows 7、Windows 8.1でも同様の操作で表示できます。

[ファイル名を指定して実行]は、スタートメニューから[Windowsシステムツール]をたどってクリックすると表示できますが、ショートカットキーなどを使用する方が早いと思います。

キーボードから[Windows]+[R]を押します。

キーボード[Windows]+[R]

または、[スタート]ボタンを右クリックして、ショートカットメニューから[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

[スタート]ボタンで右クリック[ファイル名を指定して実行]

[ファイル名を指定して実行]が表示されたら、[名前]のテキストボックスに[winver]と入力して、[OK] ボタンをクリックします。

winver

[ファイル名を指定して実行]に[winver]と入力

[Windowsのバージョン情報]ウィンドウが表示されます。

OSとビルド番号を確認できます。確認したら、[OK]ボタンをクリックして閉じます。

[Windowsのバージョン情報]ウィンドウ

[検索ボックス]に入力して表示

検索ボックスに[winver]と入力しても、[Windowsのバージョン情報]ウィンドウを表示できます。

検索ボックスに[winver]と入力

Windows 10 の主なアップデートとバージョン

サービス終了は、Windows10 Homeの場合です。

  • Windows 10 November Update(バージョン 1511)2015/11にリリース
    サービス終了(2017/10/10)
  • Windows 10 Anniversary Update(バージョン 1607)2016/8にリリース
    サービス終了(2018/04/10)
  • Windows 10 Creators Update(バージョン 1703)2017/4にリリース
    サービス終了(2018/10/09)
  • Windows 10 Fall Creators Update(バージョン 1709)2017/10にリリース
    サービス終了(2019/04/09)
  • Windows 10 April 2018 Update(バージョン 1803)2018/5にリリース
    サービス終了(2019/11/12)
  • Windows 10 October 2018 Update(バージョン 1809)2018/10にリリース
    サービス終了(2020/5)→ 半年延長(2020/11/10)
  • Windows 10 May 2019 Update(バージョン 1903)2019/5にリリース
    サービス終了(2020/12/08)
  • Windows 10 November 2019 Update(バージョン 1909)2019/11にリリース
    サービス終了(2021/05/11)
  • Windows 10 May 2020 Update(バージョン 2004(20H1))2020/5にリリース
    サービス終了(2021/12/14)
  • Windows 10 October 2020 Update(バージョン 20H2)2020/10にリリース
    サービス終了(2022/05/10)

詳細は、以下のMicrosoftのページで確認できます。

Windows 10 Home and Pro | Microsoft Docs(Microsoft)

Windows ライフサイクルのファクト シート - Windows Help(Microsoft)

最新機能やエラーを解決する方法を知ることもできます。

Windows ヘルプ(Microsoft)

Windows 10 のアップデート方法

Windows Updateの状態は、[設定]の[更新とセキュリティ]をクリックして確認できます。

以下のウィンドウは幅を狭くしていますが、大きく表示すると見つけやすいと思います。

Windows10の[更新とセキュリティ]

以下の画像は、バージョン1809の画面です。

バージョンアップするには、[今すぐダウンロードしてインストールする]をクリックします。

もし、[今すぐダウンロードしてインストールする]の表示がない場合は、[更新プログラムのチェック]をクリックしてみてください。

バージョンアップ[今すぐダウンロードしてインストールする]

参考バージョン1909では、いつの頃からか、Windows10の設定を表示すると、上部に[Windows Update]の情報が表示されます。

クリックすると[Windows Update]の画面が表示されます。

Windows10設定のUpdate情報

利用可能な更新プログラムがあると、以下のように表示されます。ぜひ、クリックして確認してみてください。

Windows10設定のUpdate情報-注意

設定をスタートにピン留め

Windows10の設定は、簡単にスタートにピン留めすることができます。頻繁に使用するものは、ピン留めしておくと便利ですね。

ピン留めしたい設定で右クリックします。[スタートにピン留めする]をクリックします。

設定で右クリック[スタートにピン留めする]

以下のメッセージウィンドウが表示されますので、[はい]をクリックします。

このタイルをスタートにピン留めしますか?のメッセージウィンドウ

スタートにピン留めされます。

スタートにピン留めされたUpdate

参考スタートにピン留めしたタイルのサイズ変更などの操作については、以下の記事で解説しています。

タイルのサイズ変更とアプリをスタートやタスクバーにピン留めする方法

Windows10では、アプリを右クリックしてショートカットメニューからスタートやタスクバーに[ピン留め]することができますし、スタート画面 ...

続きを見る

再起動されない時間帯を指定

アクティブ時間の変更を設定することで、自動的に再起動されないように設定することができます。

以下の画像はバージョン1909ですが、下位バージョンにも[アクティブ時間の変更]という設定はあります。

[アクティブ時間の変更]をクリックします。既定では、8:00から17:00までとなっています。

Windows10バージョン1909のUpdate

以下の[アクティブ時間の変更]画面が表示されます。

[変更]をクリックします。

アクティブ時間の変更

[アクティブ時間]の[開始時刻]と[終了時刻]の設定ができるようになっています。

このデバイスを通常いつ使うかを知らせるアクティブ時間を設定します。アクティブ時間中は自動的に再起動せず、使用中かどうかを確認せずに再起動することはありません。

アクティブ時間の設定

終了時刻をもっと長く設定したい場合は、終了時刻をクリックすると、以下のように時刻が表示されますので、選択して[保存]ボタンをクリックします。

マウスのホイールボタンを回して選択します。最大18時間までです。

時刻の選択

更新を一時停止(バージョン1903以降)

バージョン1903以降は、[更新を7日間一時停止]を選択して、最大35日間更新させない設定ができます。

[更新を7日間一時停止]をクリックします。

バージョン1903以降[更新を7日間一時停止]を選択

すると、以下の画面になります。

[更新をさらに7日間一時停止]をクリックすると、さらに7日間延長されます。

最大35日間更新を一時停止できます。

[更新をさらに7日間一時停止]をクリック

日付を指定したい場合

[詳細オプション]を開いて、自動更新のタイミングを日付で指定することもできます。

[詳細オプション]をクリックします。

[詳細オプション]を選択

[詳細オプション]の[更新の一時停止]にある[一時停止期間]の日付をクリックして選択します。

既定は[日付の選択]となっています。最大35日先までの日付から選択できます。

[詳細オプション]の[更新の一時停止]

参考Anniversary Updateをインストールすると、クイックアシストという機能が使用できるようになります。

早期のトラブル解決のために役立つと思います。

【クイックアシスト】の直接サポートでトラブル解決も迅速に

クイックアシストとは、Windows10のAnniversary Updateで搭載された新機能の一つです。 簡単な操作で支援を提供する側は ...

続きを見る

Microsoft Officeのバージョンを確認する方法は、以下の記事で解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも長い時間を経て、大きく様変わりしてきました。 トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すと ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 10 & Office 2016 Windows 10

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.