Windows 10 & Office 2016 Windows 10

マウスポインターのサイズと色の変更は[簡単操作]で

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows10でマウスポインターをカスタマイズする方法です。

既定のマウスポインターでは、私は標準のマウスポインターでは見辛く、下のようなピンクの大きなマウスポインターを使っています。

マウスポインター

Windows10バージョン1903以降では、Windowsの設定から簡単にマウスポインターのカラー変更もできるようになっています。

Windows 10では、非常に簡単にマウスポインターのサイズや色が変更できるようになっていますが、コントロールパネルの[マウスのプロパティ]での変更方法も記しています。

バージョン20H2で解説します。

ポインターのサイズと色を変更する

[Windows]+[U]でWindowsの[簡単操作]を表示します。

[カーソルとポインター]タブをクリックします。

バージョン20H2の[簡単操作]の[マウスポインター]の設定画面です。

参考バージョン1909までは、[カーソルとポインター]でしたが、バージョン2004から[マウスポインター]となっています。

[簡単操作]の[マウスポインター]

ポインターのサイズを変更する

[ポインターのサイズを変更する]のスライダーを右へドラッグすると、マウスポインターのサイズを大きくできます。

使用中のマウスポインターにすぐに反映されます。

[ポインターのサイズを変更する]のスライダーを右へドラッグ

ポインターの色を変更する

[ポインターの色を変更する]では、左から、順に[白][黒][反転色][カスタム]と並んでいます。

マウスポインターの[ポインターの色を変更する]

一番右の[カスタム]を選択すると、下に[推奨されるポインターの色]と[ユーザー設定のポインターの色を選択します]というメニューが現れます。

[推奨されるポインターの色]の中のカラーを選択すると、すぐにマウスポインターの色が変わります。

Windows10バージョン20H2のカーソルとポインター

[ユーザー設定のポインターの色を選択します]をクリックすると、下のように[ユーザー設定のポインターの色を選択します]のウィンドウが表示されます。

クリックして色を選択したら、[完了]ボタンをクリックします。

[ユーザー設定のポインターの色を選択します]のウィンドウ

[さらに表示]をクリックすると、カラーコードで設定もできます。

ポインターの色をカラーコードで設定

[マウスポインター]の設定をスタートにピン留め

Windowsの設定は、簡単にスタートにピン留めできます。

気分転換にマウスポインターの色を変更したい、作業によっては色を変えたいということが度々あれば、[マウスポインター]の設定画面をスタートにピン留めしておくと便利です。

[簡単操作]の[マウスポインター]で右クリックします。

[スタートにピン留めする]というコマンドが表示されますので、クリックします。

[簡単操作]の[マウスポインター]で右クリック

[このタイルをスタートにピン留めしますか?]というメッセージウィンドウが表示されますので、[はい]をクリックします。

[このタイルをスタートにピン留めしますか?]のメッセージウィンドウ

スタートにピン留めされます。

スタートにピン留めした[マウスポインター]

ピン留めを外すときは、右クリックして[スタートからピン留めを外す]をクリックします。

タイルの大きさなども右クリックからできますね。

右クリックして[スタートからピン留めを外す]

スタートにピン留めしたタイルについては、以下の記事で解説しています。

タイルのサイズ変更とアプリをスタートやタスクバーにピン留めする方法

Windows10では、アプリを右クリックしてショートカットメニューからスタートやタスクバーに[ピン留め]することができますし、スタート画面 ...

続きを見る

参考マウスポインターを含めて画面をキャプチャーしたい場合は、[拡大鏡]を使用する方法が便利です。または、動画を撮ってキャプチャーしてもいいと思います。

キャプチャーする前にマウスポインターの大きさや色を調整しておくといいですね。

マウスポインターを含めてキャプチャーしたい時の3つの方法

Windowsで画面をキャプチャ(スクリーンショット)する場合、キーボードから[PrintScreen]キーを使う方法が一般的だと思いますが ...

続きを見る

コントロールパネルの[マウスのプロパティ]から設定

[マウスのプロパティ]ダイアログボックスを表示して、従来どおりの設定ができます。

マウスポインターの形を変更することもできます。

[マウスのプロパティ]は、[マウスポインター]の下部にある[関連設定]の[マウスの追加設定]をクリックします。

[関連設定]の[マウスの追加設定]

[デバイス]の[マウス]が表示されます。

下方にある[その他のマウスオプション]をクリックします。

[マウス]の[その他のマウスオプション]

[ポインター]タブからマウスポインターの選択

[マウスのプロパティ]ダイアログボックスが表示されます。

[ポインター]タブにある[デザイン]の▼ボタンをクリックしてプルダウンメニューを表示させます。

マウスのプロパティの[ポインター]タブ

例として、[Windows標準(特大のフォント)(システム設定)]をクリックすると、

Windows標準(特大のフォント)(システム設定)

下のようなマウスポンターに切り替えることができます。

ポインターの確認

[参照]ボタンをクリックして選択

このメニューに表示されている以外のマウスポインターを選択することもできます。

[参照]ボタンをクリックします。

マウスのプロパティ[ポインター]タブの[参照]ボタン

あらかじめ保存しておいたマウスポインターを選択すると、下のようにカスタマイズすることができます。

マウスポインターの変更

マウスポインターの画像は、[C:\Windows\Cursors]に保存されています。

画像は、以下のサイトからいただいています。

プレゼンテーション向けのでかいでかいカーソル

他にも「無料マウスポインタ素材」などのキーワードで検索するとたくさんヒットすると思います。

カーソルアイコン

カラーを選択した後(ここでは赤を選択しています)、[マウスのプロパティ]ダイアログボックスの[ポインター]タブを表示すると、すべての状態で赤くなっているのが分かります。

マウスのプロパティ[ポインター]タブ

カーソルの太さを変更する方法についても解説しています。同じ[簡単操作]の[テキストカーソル]で設定できます。

カーソルの太さを変更する

Windowsでは、カーソルの太さを変更することができます。カーソルの太さを変更するだけで、ずいぶん作業が楽になります。 以下の画像は、バー ...

続きを見る

参考[マウスのプロパティ]の[ポインターオプション]では、以下のような設定もできます。

マウスポインターを自動で既定の[はい]や[OK]へ移動させる

ファイルを削除しようとすると、確認メッセージが表示されます。そのメッセージウィンドウには、[はい]と[いいえ]のボタンがあって、どちらかのボ ...

続きを見る

【Ctrl】キーでマウスポインターの位置を表示する

Windows 10で [Ctrl]キーを押して、マウスポインターの位置を表示できるようにする設定です。 参考[マウスのプロパティ]ダイアロ ...

続きを見る

Windows 7でのカスタマイズ方法は、以下の記事で解説しています。

マウスポインターの変更

Windows 7でのマウスポインタの変更方法です。 [コントロールパネル]からも設定できますが、ここでは[個人設定]画面からの操作を紹介し ...

続きを見る

PowerPointでスライドショー実行時にマウスポインターをレーザーポインターに変更すると、赤い丸になります。

発表者ツール(1台のモニターでもOK)とレーザーポインターの表示

PowePointの[発表者ツール]とは、発表者用のモニターにスライドの内容やノートペイン、タイマー、次のスライド、スライドの切替などを表示 ...

続きを見る

レーザーポインター

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 10 & Office 2016 Windows 10

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.