リンクユニット

Windows 10 & Office 2016 Windows 10

タイルのサイズ変更とアプリをスタートやタスクバーにピン留めする方法

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows10では、アプリを右クリックしてショートカットメニューからスタートやタスクバーに[ピン留め]することができますし、スタート画面のタイルのサイズも、ショートカットメニューから変更することができます。

また、タスクバーにピン留めしたアプリは、[Windows]キーと[数字]キーで簡単に起動できます。

タイルのサイズ変更


タイルで右クリックして、ショートカットメニューの[サイズ変更]から選択することができます。

[小]、[中]、[横長]、[大]の中から選択することができます。

タイルによって、選択できるサイズが異なります。大きいサイズを選べないこともあります。

スタート画面

ライブタイルのオン/オフ

ニュースアプリなどは、ライブタイルと呼ばれていて、一部の情報が表示されるようになっています。

次々に切り替わると気が散ってしまうこともあると思います。

[ライブタイルをオフにする]をすると、タイルには情報が表示されなくなります。

ライブタイルを右クリックして[ライブタイルをオフにする]

スタート画面にピン留めする/タスクバーにピン留めする

アプリもスタート画面やタスクバーにピン留めすることができます。

下の画像は、[Windowsアクセサリー]の中の[ペイント]で右クリックしたところです。ここで、[スタート画面にピン留めする]をクリックすると、スタート画面にタイルとして表示されます。

また、[タスクバーにピン留めする]を選択すると、タスクバーにピン留めできます。

スタート画面にピン留めする/タスクバーにピン留めする

参考タイルは、ドラッグで移動させることができます。

タイルとして表示

いくつかアプリを設定したのですが、サイズの変更は[小]と[中]のみです。

よくわかりませんが、サイズの変更の種類は2択、3択([小]、[中]、[横長])、4択とあるようです。

サイズ変更

注意どのバージョンからか、[スタートにピン留めする]に変わってます。

以下の画像は、バージョン1909です。メニューの表示も変わってますね。

スタートメニューのアイコンで右クリック(バージョン1909)

また、バージョン1903以降は、個人設定でWindowsの配色に[白]が追加され、白を基調にすると、スタートメニューの色も白くなります。

バージョン1903以降は白を基調としたデザインが追加

タスクバーにピン留めしたアプリからスタートメニューへピン留め

タスクバーにピン留めしたアイコンから、スタートメニューへピン留めすることもできます。

タスクバーにピン留めしたアイコンで右クリックします。

ショートカットメニューから[スタートメニューにピン留めする]をクリックします。

これで、スタートメニューにタイルとしてピン留めされます。

タスクバーにピン留めされたアイコンで右クリック

参考Webページもスタートにピン留めすることができます。

Webページをスタートメニューにピン留め

Edgeでは、ウェブページをスタートにタイルとしてピン留めすることができます。タイルは、ドラッグで好きな位置に移動することができます。 頻繁 ...

続きを見る

タスクバーにピン留めしたアプリを開くショートカットキー

アプリを右クリックして簡単にタスクバーにピン留めできますが、タスクバーにピン留めしたアプリは、[Windows]キーと[数字]キーで起動することができます。

数字は、左から順に[1、2、3、4、5、6、7、8、9、0]で割り当てられます。

以下は、バージョン1903のタスクバーです。

例えば、Edgeは、[Windows]+[1]で起動できます。

タスクバーにピン留めしたアイコン

キーボード[Windows]キーと[数字]キー

フォルダーもスタートにピン留め

頻繁に使用するフォルダーも、スタートメニューのタイルにピン留めしておくと便利です。

ピン留めしたいフォルダーで右クリックします。

ショートカットメニューの[スタートメニューにピン留めする]をクリックします。

ショートカットメニューの[スタートメニューにピン留めする]

スタートメニューにピン留めされます。

スタートメニューにピン留めしたフォルダー

また、スタートメニューのタイルをデスクトップにドラッグすると、ショートカットアイコンを作成できます。

デスクトップにドラッグしてショートカットアイコンを作成

フォルダーのショートカットアイコン

参考デスクトップにショートカットアイコンを作成する方法については、以下の記事で解説しています。

デスクトップにショートカットアイコンを作成

Windows10では、スタート画面にピン留めしたり、タスクバーにピン留めする方法は簡単にできます。 その方法については、以下の記事で解説し ...

続きを見る

Windows10の設定もスタートにピン留め

Windows10の設定は、簡単にスタートにピン留めすることができます。頻繁に使用するものは、ピン留めしておくと便利ですね。

ピン留めしたい設定で右クリックします。[スタートにピン留めする]をクリックします。

設定で右クリック[スタートにピン留めする]

詳細は、以下の記事内の設定をスタートにピン留めで解説しています。

Windows10のバージョンの確認方法とアップデート方法

Windows10で バージョンを確認する方法です。 画像は、Anniversary Updateを実施した後の画像です。 Windowsの ...

続きを見る

スタートからピン留めを外す/タスクバーからピン留めを外す

スタート画面からピン留めを外す場合は、アイコンで右クリックして、ショートカットメニューから[スタート画面からピン留めを外す]をクリックします。

以下の画像は、バージョン1903です。

タスクバーからピン留めを外す

タスクバーにピン留めしたアプリも右クリックのショートカットメニューから[タスクバーからピン留めを外す]をクリックします。

参考いつの頃からか、[スタート画面からピン留めを外す]は、[スタートからピン留めを外す]に変わっています。

スタートからピン留めを外す

私にとっては、[Windowsシステムツール]の中にスタート画面にピン留めしたいものが数々ありました。

コントロールパネルは、[Windowsシステムツール]の中にあります。

デスクトップにショートカットをたくさん置くより、スタート画面にピン留めするほうがスマートな気がします。

システムツール

参考タスクバーやスタートメニューのジャンプリストの[最近使ったアイテム]は、Windowsの設定で非表示にすることができます。

スタートとタスクバーのジャンプリストから最近使ったものを非表示にする

Windows10のスタートにピン留めしたアイコンを右クリックすると、メニューの中に[最近使ったもの]が表示されます。 タスクバーにピン留め ...

続きを見る

スタートメニューのカスタマイズについては、以下の記事でまとめています。

スタートメニューのカスタマイズは[個人用設定]の[スタート]から

Windows10のスタートメニューは、大きく3つの領域に分かれています。 [電源]などシャットダウンや再起動の時に使用するボタンが並んでい ...

続きを見る

タイルなどの色も変更できます。

タスクバーとスタートとアクションセンターなどに好みの色を設定

Windows10ではスタートメニュー、タスクバー、アクションセンターなどにアクセントカラーを選択して、カスタマイズすることができます。 バ ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 10 & Office 2016 Windows 10

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.