リンクユニット

Windows7 & Office2010 Windows7

タスクスケジューラ

投稿日:2017年1月19日 更新日:

WindowsVistaから、タスクスケジューラの起動、設定が少し変わったようです。
Windows7で、タスクスケジューラを使って毎週決まった時間にメッセージを表示する方法を紹介します。

メッセージウィンドウ

Windows10での設定は以下の記事で解説しています。

決まった時間にメッセージを表示するには

Windows10で 毎日決まった時間になったら、メッセージを表示する方法です。パソコン業務に夢中になっていて、ついつい忘れてしまう方にはお ...

続きを見る

タスクスケジューラの起動

[スタート]メニューから[コントロールパネル]をクリックして表示します。コントロールパネルの中の[管理ツール]をクリックします。
コントロールパネル

その中の[タスクスケジューラ]をクリックします。
管理ツール

あるいは、[スタートメニュー]から[すべてのプログラム]をクリック。
[アクセサリ]をクリックして、[システムツール]を開くと[タスクスケジューラ]がありますので、
ここから起動しても同じです。
システムツール

基本タスクの作成

ウィンドウの右側にある[基本タスクの作成]をクリックします。[タスクの作成]を選択すると、ウィザードではなくタブでの設定になります
タスクスケジューラ

[基本タスクの作成ウィザード]が起動します。タスクにつける名前とその説明を入力します。[次へ]ボタンをクリックします。
基本タスクの作成

トリガーではタスクを実施する頻度の設定をします。ここでは[毎週]を選択します。[次へ]ボタンをクリックします。
タスクトリガー

タスクを実施するタイミングを詳細に設定します。[次へ]ボタンをクリックします。
トリガー設定

実施する操作を選択します。ここでは[メッセージの表示]を選択します。[次へ]ボタンをクリックします。
操作選択

メッセージのタイトルとその内容を入力します。[次へ]ボタンをクリックします。
メッセージの表示

設定した内容を確認し、問題がなければ[完了]ボタンをクリックします。
設定確認

タスクの編集

設定後の編集は、タスクを右クリックして[プロパティ]をクリックして表示して行います。
プロパティ

設定した時間にメッセージが表示されます。
メッセージ

参考Windows10での設定は、決まった時間にメッセージを表示するにはで解説しています。Windows10では、実施する操作で[メッセージの表示]が非推奨になっていますので、[プログラムの開始]を使った方法を解説しています。

決まった時間にメッセージを表示するには

Windows10で 毎日決まった時間になったら、メッセージを表示する方法です。パソコン業務に夢中になっていて、ついつい忘れてしまう方にはお ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

テキスト形式のフォントの変更

テキスト形式のフォントサイズは変更することができます。オプションの[フォント]ダイアログボックスで変更することができます。 [Outlook ...

ミニ翻訳ツール

Word2010には、文章中の文字列にマウスでポイントするだけで、翻訳される機能がつきました。 ミニ翻訳ツール [校閲]タブの[言語]グルー ...

no image
Backstageビューとは

Office2010では、よく[バックステージビュー]という言葉を耳にされると思います。 [バックステージビューを開いて・・]と言われても、 ...

スライドマスターのレイアウトを変更するには

PowerPointですべてのスライドに同じ書式を設定、または変更したい場合は、スライドマスターで変更すれば、すべてのスライドに変更が適用さ ...

マクロのアクションに【出力】がない

Access2003のマクロアクションには、[出力]があり、これまでよく使っていました。 すべてのデータをExcelへ出力したほうが、何かと ...

-Windows7 & Office2010 Windows7

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.