Windows7 & Office2010 Windows7

タスクスケジューラ

投稿日:2017年1月19日 更新日:

WindowsVistaから、タスクスケジューラの起動、設定が少し変わったようです。
Windows7で、タスクスケジューラを使って毎週決まった時間にメッセージを表示する方法を紹介します。

タスクスケジューラの起動

[スタート]メニューから[コントロールパネル]をクリックして表示します。コントロールパネルの中の[管理ツール]をクリックします。
コントロールパネル

その中の[タスクスケジューラ]をクリックします。
管理ツール

あるいは、[スタートメニュー]から[すべてのプログラム]をクリック。
[アクセサリ]をクリックして、[システムツール]を開くと[タスクスケジューラ]がありますので、
ここから起動しても同じです。
システムツール

スポンサーリンク

基本タスクの作成

ウィンドウの右側にある[基本タスクの作成]をクリックします。[タスクの作成]を選択すると、ウィザードではなくタブでの設定になります
タスクスケジューラ

[基本タスクの作成ウィザード]が起動します。タスクにつける名前とその説明を入力します。[次へ]ボタンをクリックします。
基本タスクの作成

トリガーではタスクを実施する頻度の設定をします。ここでは[毎週]を選択します。[次へ]ボタンをクリックします。
タスクトリガー

タスクを実施するタイミングを詳細に設定します。[次へ]ボタンをクリックします。
トリガー設定

実施する操作を選択します。ここでは[メッセージの表示]を選択します。[次へ]ボタンをクリックします。
操作選択

メッセージのタイトルとその内容を入力します。[次へ]ボタンをクリックします。
メッセージの表示

設定した内容を確認し、問題がなければ[完了]ボタンをクリックします。
設定確認

タスクの編集

設定後の編集は、タスクを右クリックして[プロパティ]をクリックして表示して行います。
プロパティ

設定した時間にメッセージが表示されます。
メッセージ

Windows10での設定は、決まった時間にメッセージを表示するにはで解説しています。Windows10では、実施する操作で[メッセージの表示]が非推奨になっていますので、[プログラムの開始]を使った方法を解説しています。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

同じメールを複数の人に送るには

Wordで同じ内容のメールを複数の人へ一気に送信する方法です。 Wordでメール本文となる文書を作成し、その文書を開いて[差し込み文書]を利 ...

同じシート内の表を別々に印刷する

1つのワークシートに複数の表があって、これを別々の用紙に印刷する方法です。 印刷したい範囲を選択して、印刷設定から[選択した部分を印刷]を選 ...

保護されたビューとマクロ

あるシステムで印刷しようとするけど、どうしてもできない、 Excel2003、Excel2007では動作するけど、Excel2010ではでき ...

目次の作成(テキストの追加)

目次の作成方法の1つです。 [テキストの追加]ボタンを使って作成する方法です。 Word2010で解説していますが、他のバージョンも同じです ...

縦棒を繰り返して棒グラフのように見せる

縦棒を繰り返して棒グラフのように見せることができます。 文字列を指定した回数繰り返す関数と同じ方法で、REPT関数を使用します。 上記Web ...

-Windows7 & Office2010 Windows7

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.