リンクユニット

Windows Xp & Office2003 WindowsXP

ウィンドウの切り替え

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows XPは、複数のアプリケーションを起動したまま作業することができます。アプリケーションを切り替えるには、表示しているウィンドウ内の任意の位置をクリックして切り替えますが、それ以外にも以下の方法があります。

タスクバーで切り替え

起動しているアプリケーションは、タスクバーに表示されているボタンをクリックして切り替えることができます。
タスクバー

[Alt]キーと[Esc]キー

[Alt]キーと[Esc]キーを押して、切り替えることもできます。

[Alt]キーと[Tab]キー

そのほか[Alt]キーと[Tab]キーをすと、デスクトップの中央にアプリケーションの一覧がアイコンで表示されて、そのアイコンを選択することで切り替えることもできます。
[Alt]キーを押したまま、[Tab]キーをポンポンと押すと選択しやすいと思います。
Alt + Tab

Windows XPでは、アイコンですが、Vistaでは、ウィンドウがサムネイルで表示されます。
サムネイル表示

一度は読んでおきたい、お勧めのテキストです。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

文字種の変換

Wordでは、文字種の変換機能を使って、半角文字を一気に全角文字に変換することができます。 下の表では半角数字を使用しています。 これを一気 ...

効率的な選択方法

Wordで文書の編集をする場合、編集したい部分を選択してコマンドを実行しますね。 たとえば、その文字列だけ色をつけたり、大きくしたりする場合 ...

ホームポジション

Excelでは[A1]のセルのことを[ホームポジション]といいます。 [Ctrl]キーと[Home]キー キーボードによる操作では [Ctr ...

Outlookバーの使い方

Outlook ExpressのOutlookバーを使うと受信フォルダなどに作成したサブフォルダを登録して、いつでもそのフォルダのメールを参 ...

予定表の作り方(2)

A4用紙の横向きに下のような予定表を作成する方法です。 ページ設定 まず、ページ設定をします。 メニューバーの[ファイル]から[ページ設定] ...

-Windows Xp & Office2003 WindowsXP

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.