Windows XP & Office 2003 Windows XP

ウィンドウの切り替えのショートカットキー

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows XPでは、複数のアプリケーションを起動したまま作業することができます。

アプリケーションを切り替えるには、表示しているウィンドウ内の任意の位置をクリックして切り替えますが、それ以外にも以下の方法があります。

タスクバーで切り替え


起動しているアプリケーションは、タスクバーに表示されているボタンをクリックして切り替えることができます。

タスクバー

[Alt]キーと[Esc]キー

[Alt]キーと[Esc]キーを押して、切り替えることもできます。

最小化されていないウィンドウが切り替わります。

キーボード[Aly]+[Esc]

[Alt]キーと[Tab]キー

そのほか[Alt]キーと[Tab]キーをすと、デスクトップの中央にアプリケーションの一覧がアイコンで表示されて、そのアイコンを選択することで切り替えることもできます。

キーボード[Alt]+[Tab]

[Alt]キーを押したまま、[Tab]キーをポンポンと押すと選択しやすいと思います。

Alt + Tab

参考Windows XPでは、アイコンですが、Windows Vistaでは、ウィンドウがサムネイルで表示されます。

サムネイル表示

ウィンドウを切り替えるショートカットキーは、Windows7/8/10でも使用できます。

Windows 10では、タスクビューを表示してアプリケーションの切り替えを行うこともできます。

タスクビューでアプリをサムネイルで表示して簡単切り替え

Windows 10の新機能です。 ワンクリックでアクティブなウィンドウのサムネイルを表示することができます。 複数のアプリを起動している時 ...

続きを見る

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Windows XP

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.