Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Windows7

トラブルを早期に解決するためのツール

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows7、Windows8には、[問題ステップ記録ツール]というトラブルを早期に解決するためのツールがあります。

または、[問題を再現する手順の記録]とも呼ばれるものです。

操作の手順を画面キャプチャを撮って、自動で記録してくれるものです。

電話やメールでやり取りしてもなかなか分かりづらいトラブルも、このツールを使うことで早期に解決できるかもしれません。

ユーザー側は自動で作成されるZIPファイルを送るだけです。

※Windows10には、クイックアシストという機能もあります。

セキュリティコードを入力してもらうだけで、支援する側が支援される側のデスクトップに接続して、パソコンを操作することができます。

クイックアシストの直接サポートでトラブル解決も迅速に

クイックアシストとは、Windows10のAnniversary Updateで搭載された新機能の一つです。 簡単な操作で支援を提供する側は ...

続きを見る

問題ステップ記録ツールの操作

[問題ステップ記録ツール]の解説です。

問題ステップ記録ツールの起動

まず、スタートメニューの下にある[プログラムとファイルの検索]ボックスに[psr]と入力します。

そうすると、[psr.exe]が上部に表示されますので、クリックします。

スタートメニュー

[問題ステップ記録ツール]が起動します。

記録の開始

[記録の開始]ボタンをクリックします。

問題ステップ記録ツール

トラブルが生じる操作を開始します。

記録の停止

記録を終了させるには[記録の停止]ボタンをクリックします。

記録の停止

ZIPファイルの確認

[名前を付けて保存]が表示されますので、任意の場所と任意の名前を付けて保存します。

[ファイルの種類]はZIPファイルです。

下はデスクトップに保存したZIPファイルです。

ZIPファイル

解凍すると、mhtファイルが保存されています。

ダブルクリックすると、IEが起動して記録を確認することができます。

mhtファイル

下のような内容で記録されています。

画面キャプチャがあるので分かりやすいですね。

記録内容

問題ステップ記録ツールの設定

また、[問題ステップ記録ツール]の右端にある▼ボタンをクリックするとメニューが表示されます。

[設定]をクリックすると、

メニュー

[問題ステップ記録ツールの設定]ダイアログボックスが表示され、出力場所や画像数などを指定することができます。

[問題ステップ記録ツールの設定]ダイアログボックス

トラブルだけでなく、操作手順などを解説するマニュアルとしても使えると思います。

問題ステップ記録ツール(Windows8)でも解説しています。

ステップ記録ツール

Windows7からの機能ですが、操作の手順を画面キャプチャを撮りながら自動で記録してくれるツールがあります。 ここでは、Windows8で ...

続きを見る

Microsoftのページです。

問題ステップ記録ツールの使用方法

以下の記事では、保存したmhtファイルをWordで編集する方法を紹介しています。

ステップ記録ツールで保存したmhtファイルをWordで編集するには

Windowsには、操作の手順を画面キャプチャを撮って自動で記録してくれるステップ記録ツールという機能があります。 とても便利なツールです。 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Windows7

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.