リンクユニット

Windows10 & Office2016 Windows10

ファイルの情報を比較する

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows10でファイルを同じ名前で保存しようとすると、下のようなウィンドウが開かれます。
[ファイルの置換またはスキップ]に、以下の3つの選択肢が表示されます。

  • ファイルを置き換える
  • ファイルは置き換えずスキップする
  • ファイルの情報を比較する

この[ファイルの情報を比較する]をクリックすると、

ファイルの情報を比較する

下のように[現在の場所]と[宛先の場所]のファイルの更新日時サイズが表示されます。これは、ちょっと有難いですね。どちらのファイルが新しいか、すぐに分かります。

ファイルの選択

現在の場所の新しい方のファイルを保存したいので、[現在の場所]のチェックボックスをオンにして、[続行]ボタンをクリックします。
両方のバージョンを選択すると、コピーされたファイルの名前に番号が追加されます。」と記載されていますね。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

複数の文字列を結合してひとつの文字列にするには

Excelで1つのセルに他のセルの文字列を結合した文字列を表示する方法を紹介します。3つの方法を紹介しますので、ご自分に合った方法で操作して ...

タブを使って文字の開始位置や終了位置を揃える

PowerPointでもタブを使って、文字列と文字列の間隔を空けて、複数段落の文字の開始位置や終了位置を揃えることができます。空白スペースで ...

ごみ箱をスタート画面にピン留め

Windows10で[ごみ箱]を右クリックすると、ショートカットメニューに[スタート画面にピン留めする]というメニューがあります。 スタート ...

開始日から終了日までの営業日数を求めるNETWORKDAYS関数

Excelで土日と祝日を除いて、開始日から終了日までの日数を求める方法です。NETWORKDAYS関数を使います。 ここでは、下のような表が ...

差し込み印刷の【名簿】ならテキストボックス1つでリスト分のテキストボックスを作成

Wordの差し込み印刷にある[名簿]という機能を使うと、フィールドを差し込んだテキストボックスを1つ作成して、新規文書に差し込むとリスト全件 ...

-Windows10 & Office2016 Windows10

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.