Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 WindowsXP

クリップボードビューア

投稿日:2017年1月7日 更新日:

[コピー]や[切り取り]の操作を行うと、いったん クリップボードというところに保存されます。

異なるアプリケーション間でも、カット&ペーストが出来て便利ですね。

今、何が保存されているのかを確認したいときに[クリップボードビューア]を使うと便利です。

WordやExcelなどのOfficeクリップボードは、履歴を保存できますが、Windowsクリップボードは、新しいデータが送られてくると、以前のデータは消えてしまいます。

クリップボードの表示

[スタート]ボタンをクリックして、[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

スタートメニュー

テキストボックスに半角で[clipbrd]と入力して[OK]ボタンをクリックします。

ファイル名を指定して実行

下のようなウィンドウが表示されたと思います。

今は、クリップボードには何も保存されていません。

クリップボード

では、Wordを起動させて、文字列をコピーしてみます。

クリップボードにコピーした文章が表示されました。

入力

表示メニューの設定

また、図(bmp)などをコピーすると、大きく表示されます。

そのときは、メニューバーの[表示]から[ビットマップ]にチェックを入れるとうまく表示されます。

表示メニィー

クリップボードの内容を削除

削除する場合は、削除ボタンをクリックします。

削除

クリップボードのショートカット

また、クリップボードビューアのショーカットを作成しておくと便利かもしれませんね。

ショートカットの作り方を紹介します。 [スタート]ボタンをクリックして[検索]をクリックします。

検索

[ファイルとフォルダすべて]をクリックします。

ファイルとフォルダ

テキストボックスに半角で[clipbrd]と入力して[検索]ボタンをクリックします。

検索ボックスに入力

しばらくすると、右側に[clipbrd]と名前がつくものがいくつか表示されると思います。

表示されたら、[停止]ボタンをクリックしましょう。

clipbrd

[clipbrd.exe]と表示された箇所で右クリックします。

右クリックのショートカットメニューから[デスクトップ(ショートカットを作成)]をクリックします。

送るメニュー

デスクトップに下のようなアイコンが表示されたと思います。

ダブルクリックで開いてみてください。

アイコン

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 WindowsXP

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.