リンクユニット

Google検索

Windows10 & Office2016 Windows10

ショートカットキーを1つずつ押して操作を実行(固定キー機能を使用)

投稿日:2020年3月31日 更新日:

ショートカットキーとは、キーボードから複数のキーを同時に押して操作を実行できる機能のことです。

入力中にマウスに持ち替える必要がなく、効率よく操作できて便利です。

ただ、キーボードから複数のキーを同時に押すには、キーの位置が離れすぎていて片手では押しづらいという場合もあります。

また、3つのキーを押すとなると、両手を使わないと無理ということもあります。

そういう場合に便利な設定があります。

Windows10 バージョン1909で解説します。

Windows10の設定[キーボード]-[固定キー機能を使用する]

Windowsの[簡単操作]を表示


Windowsの設定から[簡単操作]を表示します。

[スタート]ボタンをクリックして[設定]をクリックします。

[スタート]ボタンの[設定]

そして、[簡単操作]をクリックします。

Windowsの設定

ショートカットキーで[簡単操作]を表示

[Windows]+[U]で[簡単操作]を表示できます。

キーボード[Windows]+[U]

[キーボードショートカットで一度に1つずつキーを押す]をオン

Windowsの設定の[簡単操作]から[キーボード]タブをクリックします。

Windowsの設定[簡単操作]-[キーボード]

[固定キー機能を使用する]の[キーボードショートカットで一度に1つずつキーを押す]をオンにします。

これで完了です。

[キーボードショートカットで一度に1つずつキーを押す]をオンにすると、以下の4つの項目が現れ、既定では全ての項目がオンになっています。

修飾キーとは、[Shift]キー、[Ctrl]キー、[Windows]キー、[Alt]キーのことです。

既定では、いずれかのキーを2回押すことで、押されたままの状態(ロック)になります。

また、ショートカットキーで操作しようとして、2つのキーを同時に押すと、固定キー機能はオフになります。

音を鳴らしたくない場合は、[修飾キーを押して離したときに音を鳴らす]のチェックボックスをオフにしてください。

4つの項目は、必要に応じてオン/オフの設定をしてください。

  • タスクバーに固定キー機能のアイコンを表示する
  • 修飾キーを2回続けて押したときはロックする
  • 2つのキーを同時に押すと固定キー機能をオフにする
  • 修飾キーを押して離したときに音を鳴らす

blank

参考[固定キー機能]の設定は、古くからある機能です。トラブル時の解決方法として紹介されることもあります。

職場では、パソコンの音は鳴らさない設定をしていたり、タスクバーのアイコンが非表示になっていて、意図せずに設定がオンになっていることに気がつかないことがあります。

ユーザー補助のオプションの「固定キー機能」(Windows XP)

Uキーを押すと「コンピューターの簡単操作センター」が開く(Windows 7)

タスクバーの[固定キー機能]のアイコン

固定キー機能をオンにすると、タスクバーの通知領域に以下のようなアイコンが表示されます。これが、[固定キー機能]のアイコンです。

タスクバーの[固定キー機能]のアイコン

キーボードから[Shift]、[Ctrl]、[Windows]、[Alt]のいずれかのキーを押すと、タスクバーのアイコンのキーボードの箇所が黒くなります。

タスクバーのアイコン

タスクバーの[固定キー機能]のアイコンは、キーボードの左下のキーの並びと同じ並びになっています。

キーボード[Shift][Ctrl][Windows][Alt]

例えば、[Shift]キーを押すと、アイコンの[Shift]キーの位置が黒くなります。

タスクバーの[固定キー機能]のアイコン

[固定キー機能]アイコンが通知領域に表示されていない場合

通知領域に[固定キー]アイコンが表示されていない場合は、タスクバーに表示するアイコンの設定を確認してみてください。

タスクバーで右クリックして[タスクバーの設定]をクリックします。

タスクバーで右クリックして[タスクバーの設定]を選択

Windowsの設定の[個人用設定]の[タスクバー]が表示されます。

[通知領域]の[タスクバーに表示するアイコンを選択します]をクリックします。

Windowsの設定-タスクバー

[タスクバーに表示するアイコンを選択します]の設定画面が表示されます。

[エクスプローラー 固定キー機能]がオフになっていないかを確認してください。

[常にすべてのアイコンを通知領域に表示する]がオンの場合は、表示されていると思いますが、オフにして個別に設定している場合は非表示になっている場合があります。

[タスクバーに表示するアイコンを選択します]の設定画面

参考通知領域のアイコンについては、以下の記事でも解説しています。

通知アイコンのカスタマイズ

Windows10でタスクバーに表示される通知アイコンのカスタマイズの方法です。 最新のバージョン(1803)の場合は、[タスクバーの設定] ...

続きを見る

[固定キー機能]のアイコンをダブルクリックして設定を表示

タスクバーの[固定キー機能]のアイコンをダブルクリックすると、

タスクバーの[固定キー機能]

コントロールパネルの設定画面が表示されます。

Windows10の[簡単操作]の設定と内容は同じです。

コントロールパネルの[固定キー機能を設定します]

[Shift]キーを5回押して[固定キー機能]をオン/オフ

[Shift]キーを5回押して、固定キー機能の有効/無効を切り替えることができます。

キーボード[Shift]キー

既定では、[固定キー機能を起動するショートカットキーを許可する]のチェックボックスがオンになっています。

ここのチェックボックスをオフにすると、[Shift]キー5回でオン/オフの設定はできなくなります。

[固定キー機能を起動するショートカットキーを許可する]の設定

固定キー機能がオフになっている状態で、[Shift]キーを5回押すと、以下の[固定キー機能]のメッセージウィンドウが表示されます。

[はい]をクリックするか、[Enter]キーを押します。

固定キー機能を有効にしますか?

固定キー機能を有効にすると、キーを同時に押さなくても、Shift、Ctrl、Alt、またはWindowsロゴキーの機能を使用できます。Shiftキーを5回押すと、固定キーが有効になります。

[固定キー機能]のメッセージウィンドウ

オフにする場合は、再度、[Shift]キーを5回押します。オフにする場合は、上記のようなメッセージは表示されません。

[[簡単操作キーボードの設定]でこのキーボードショートカットを無効にします]をクリックすると、[キーボード]の設定画面が表示されます。

既定では[2つのキーを同時に押すと固定キー機能をオフにする]がオンになっているので、[固定キー機能]の設定をオフにする場合は、2つのキーを同時に押す方が早いかもしれません。

参考スクリーンキーボードを表示するショートカットキーは、[Windows]+[Ctrl]+[O]です。こういう3つのショートカットキーの場合は、[固定キー機能]は便利ですよ。

スクリーンキーボードの起動とショートカットキー

Windows10でスクリーンキーボードを起動する方法です。Windowsの起動時の画面でも使用できるので、ログインパスワードもスクリーンキ ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Windows10

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.