リンクユニット

Windows Xp & Office2003 WindowsXP

シングルクリックで開く

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windowsの初期設定では、[シングルクリック]で選択して、[ダブルクリック]で開くように設定されています。
[シングルクリック]で開くように設定を変更することができます。

フォルダオプションの表示

どのフォルダでもいいですから、開きます。
メニューバーの[ツール]から[フォルダオプション]をクリックします。
ツールメニュー フォルダオプション

ポイントして選択し、シングルクリックで開く

[フォルダオプション]ダイアログボックスが表示されます。
[全般]タブの[クリック方法]で、[ポイントして選択し、シングルクリックで開く]にチェックを入れます。

二つの選択肢のうちどちらかを選択します。

  • ブラウザのように、アイコンタイトルに下線を付ける
  • ポイントしたときにのみアイコンタイトルに下線を付ける

そして[OK]ボタンをクリックです。
ここでは、[ブラウザのように、アイコンタイトルに下線を付ける]を選択してみます。
フォルダオプション 全般

下の画像のようにファイルの名前に下線が付きます。シングルクリックで開くことができるようになります。
マイドキュメント

使いやすいと思う設定に変更してみてください。

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

プレビューの表示

[ファイルを開く]ダイアログボックスでプレビュー表示にすると、ファイルやブックを開かずに内容を確認することができます。 プロパティの表示 ま ...

分数を入力したい

[数式エディタ]を利用して、分数を入力することができます。また 複雑な数式を作成することもできます。 Word、Excel、PowerPoi ...

フォルダのツリー表示

Windows XPでフォルダをダブルクリックして開くと、フォルダは既定では下のようにタスク表示になっています。 フォルダのツリー表示にする ...

グラフメニューから

メニューバーの[グラフ]からも、グラフの編集を行うことができます。 まず、グラフを選択します。グラフを選択した状態でなければ、グラフメニュー ...

Excelの表を挿入する

PowerPoint2003のスライドにExcelの表を挿入する方法です。 まず、Excelで挿入したいワークシートを選択した後、保存して閉 ...

-Windows Xp & Office2003 WindowsXP

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.