リンクユニット

Windows Xp & Office2003 WindowsXP

フォルダのツリー表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows XPでフォルダをダブルクリックして開くと、フォルダは既定では下のようにタスク表示になっています。
フォルダ内

フォルダのツリー表示にするには、標準ボタンの[フォルダ]ボタンをクリックします。
この方が、ファイルやフォルダの検索は早いと思います。ただ、毎回[フォルダ]ボタンを押すのは面倒です。
フォルダを開くと常にツリー表示にするように設定することができます。
フォルダボタン

フォルダオプションの表示

どのフォルダでも構いません。フォルダを開いて、メニューバーの[ツール]から[フォルダオプション]をクリックします。
ツールメニュー フォルダオプション

詳細設定の表示

[フォルダオプション]から[ファイルの種類]タブをクリックします。
[拡張子](なし)、[フォルダ]を探して選択します。上のほうにあります。
[詳細設定]ボタンをクリックします。
フォルダオプション ファイルの種類

[explore]を選択して、[既定に設定]ボタンをクリックします。[OK]ボタンをクリックして閉じます。
ファイルの種類の編集

これで、どのフォルダを開いても、常にエクスプローラーバーでフォルダのツリー表示が見れるようになります。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

ウィンドウ枠の固定

大きな表の場合、ワークシートをスクロールすると、上部や左の項目が見えなくなり分かりづらくなりますね。 こういうとき、[ウィンドウ枠の固定]の ...

検索と置換ダイアログボックスの活用

データが多くなればなるほど、検索機能や置換機能は必要になると思います。ぜひ、活用してほしいと思います。 検索機能 メニューバーの[編集]→[ ...

グラフメニューから

メニューバーの[グラフ]からも、グラフの編集を行うことができます。 まず、グラフを選択します。グラフを選択した状態でなければ、グラフメニュー ...

ビデオファイルの挿入

ビデオカメラで撮ったものをPowerPointに挿入することができます。 ビデオとサウンド メニューバーの[挿入]→[ビデオとサウンド]→[ ...

宛名ラベル作成(ワード2003)

Excelで作成したアドレス帳を元に宛名ラベルを作成する方法です。下の画像は完成図です。 YouTubeの動画に音声はありません。 解説で使 ...

-Windows Xp & Office2003 WindowsXP

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.