Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 WindowsXP

フォルダのツリー表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows XPでフォルダをダブルクリックして開くと、フォルダは既定では下のように[タスク表示]になっています。

フォルダ内

フォルダをツリー表示にするには、標準ボタンの[フォルダ]ボタンをクリックします。

この方が、ファイルやフォルダの検索は早いと思います。

ただ、毎回[フォルダ]ボタンを押すのは面倒です。

フォルダを開くと常に[ツリー表示]にするように設定することができます。

フォルダボタン

フォルダオプションの表示

どのフォルダでも構いません。

フォルダを開いて、メニューバーの[ツール]から[フォルダオプション]をクリックします。

ツールメニュー フォルダオプション

詳細設定の表示

[フォルダオプション]から[ファイルの種類]タブをクリックします。

[拡張子](なし)、[フォルダ]を探して選択します。

上のほうにあります。

そして、[詳細設定]ボタンをクリックします。

フォルダオプション ファイルの種類

[explore]を選択して、[既定に設定]ボタンをクリックします。

[OK]ボタンをクリックして閉じます。

ファイルの種類の編集

これで、どのフォルダを開いても、常にエクスプローラーバーでフォルダのツリー表示が見れるようになります。

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 WindowsXP

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.