Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 WindowsXP

隠しフォルダの作り方

投稿日:2017年1月7日 更新日:

ファイルやフォルダは非表示にすることができます。

ファイルやフォルダのプロパティから簡単に非表示設定ができます。

プロパティの表示

非表示にしたいファイルやフォルダで右クリックします。

デスクトップの[ひみつ]フォルダを非表示にしてみます。

ショートカットメニューから[プロパティ]をクリックします。

ショートカットメニュー

参考[Alt]キーを押したまま、ファイルやフォルダをダブルクリックしてもいいです。

プロパティを表示することができます。

隠しファイルにチェック

[プロパティ]の[全般]タブから[隠しファイル]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。

プロパティ

確認メッセージ

[属性変更の確認]のメッセージが開いたら、よく読んでくださいね。

フォルダの中のものをすべて非表示にする場合は、[このフォルダ、およびサブフォルダとファイルに変更を適用する]にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。

※ファイルの場合には、このメッセージは表示されません。

属性変更の確認

これで通常は非表示になるようですが、私のPCの場合、下のようにうっすらと残ってしまいました。

デスクトップ アイコン

フォルダオプションの表示

こういう場合は、どのフォルダでもかまいませんから、フォルダをダブルクリックで開きます。

メニューバーの[ツール]→[フォルダオプション]をクリックします。

ツール フォルダオプション

隠しファイルおよび隠しフォルダを表示しない

[フォルダオプション]ダイアログボックスの[表示]タブから、[ファイルとフォルダの表示]の[隠しファイルおよび隠しフォルダを表示しない]にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。

フォルダオプション

これで非表示になったと思います。

再表示

また、再度 表示したい場合は、上と同じようにどのフォルダでもかまいませんから、フォルダを開いてメニューバーの[ツール]→[フォルダオプション]をクリックします。

そして、[フォルダオプション]ダイアログボックスの[表示]タブから、[ファイルとフォルダの表示]の[すべてのファイルとフォルダを表示する]にチェックを入れて、[OK]ボタンをクリックします。

表示タブ すべてのファイルとフォルダを表示する

ファイルやフォルダのプロパティから[隠しファイル]のチェックをオフにします。

参考ネットワーク上に見えないフォルダを作成することもできます。

ネットワークに見えないフォルダを参照してください。

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 WindowsXP

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.