Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Windows7

【Shift】キーでファイルのパスをコピー

投稿日:2017年1月7日 更新日:

ファイルのパスをコピーする方法です。

いろいろなやり方がありますが、ここでは、Windowsの機能を使ったファイルのパスをコピーする方法を紹介します。

メール本文にファイルのパスを貼り付けてやり取りすると、メールのサイズも小さくすることができます。

できるだけ、メールに添付する方法は避けたいですね。

ファイルを[Shift]キーを押しながら右クリック

ファイルを[Shift]キーを押しながら右クリックします。

ショートカットメニューに[パスとしてコピー]というメニューが現れます。

便利ですね!

[Shift]キーを押した時にのみ表示されるメニューは、以下のとおりです。

  • 編集
  • 読み取り専用で開く
  • 保護されたビューで開く
  • スタートメニューに表示する
  • パスとしてコピー

このメニューを見て、[パスとしてコピー]以外にも、これは便利だと思うものがあるかもしれないですね。

私は、[読み取り専用で開く]もよく使っています。

データを確認するだけのときは、読み取り専用で開いています。

Shiftキーを押したときのショートカットメニュー

[Shift]キーを押さないときのショートカットメニュー

[Shift]キーを押さないときの右クリックのショートカットメニューです。

上の画像と比べてみてください。

ショートカットメニュー

ファイルを開くには

ファイルのパスは、[ファイルを開く]ダイアログボックスの[ファイル名]ボックスにパスを貼り付けて[開く]ボタンをクリックすると、ファイルを開くことができます。

ファイル開くダイアログボックス

アドレスバーで右クリック

エクスプローラーの場合は、アドレスバーの中で右クリックして、[アドレスをテキストとしてコピー]をクリックしても取得することができます。

注意[アドレスのコピー]を選択すると、そのフォルダをコピーすることになります。

デスクトップなどにフォルダごと貼り付けたい場合は、こちらを選択します。

関連Windows8とWindows10でファイルのパスをコピーする方法も解説しています。

【パスのコピー】コマンド

Windows8、Windows10でファイルのパスをコピーする方法です。 エクスプローラーから エクスプローラーを開いて、[ホーム]タブに ...

続きを見る

Officeでのパスをコピーする方法は以下の記事で解説しています。

ファイルのパスをコピー

Office2010では、起動中のファイルのパスを簡単に取得してコピーすることができます。 Backstageビューの情報 [ファイル]タブ ...

続きを見る

ファイルのパスをコピーする

Office2013では、ファイルのパスを簡単にコピーしたり、その保存場所を開くことができます。 Office2010も、バックステージビュ ...

続きを見る

また、クイックアクセスツールバーに[ドキュメントの場所]を登録することもできます。

【ドキュメントの場所】をクイックアクセスツールバーに登録

クイックアクセスツールバーは、タブを切り替えずに使用できるので便利ですね。 その他のコマンドの中に[ドキュメントの場所]というのがあります。 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Windows7

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.