Windows 7 & Office 2010 Windows 7

Shiftキーを押しながら右クリックしてファイルのパスをコピー

投稿日:2017年1月7日 更新日:

ファイルのパスをコピーする方法です。

いろいろなやり方がありますが、ここでは、Windowsの機能を使ったファイルのパスをコピーする方法を紹介します。

メール本文にファイルのパスを貼り付けてやり取りすると、メールのサイズも小さくすることができます。

できるだけ、メールに添付する方法は避けたいですね。

また、フォルダー内のファイルのリスト一覧を作成する場合も便利です。

ファイルを[Shift]キーを押しながら右クリック

ファイルを[Shift]キーを押しながら右クリックします。

キーボード[Shift]キー

ショートカットメニューに[パスとしてコピー]というメニューが現れます。

Windows8、Windows10、Windows11では[パスのコピー]となっています。

便利ですね!

[Shift]キーを押した時にのみ表示されるメニューは、以下のとおりです。

  • 編集
  • 読み取り専用で開く
  • 保護されたビューで開く
  • スタートメニューに表示する
  • パスとしてコピー

このメニューを見て、[パスとしてコピー]以外にも、これは便利だと思うものがあるかもしれないですね。

Shiftキーを押したときのショートカットメニュー

[Shift]キーを押さないときの右クリックのショートカットメニューです。

上の画像と比べてみてください。

ショートカットメニュー

参考Windows11では、[Shift]キーを使わないでも表示されるようになっています。

Windows11のショートカットメニュー[パスのコピー]

ナビゲーションウィンドウでの操作

ナビゲーションウィンドウでも[Shift]キーを押したまま右クリックすると、[パスとしてコピー]が現れます。

ナビゲーションウィンドウで[Shift]キーを押しながら右クリック

参考[Shift]キーを押したまま右クリックすると、ショートカットメニューの中に[読み取り専用で開く]があります。しかし、[読み取り専用で開く]をクリックしても読み取り専用にはなりません。

[Shift]キーを押したときのショートカットメニュー[読み取り専用で開く]

もし、Excelで読み取り専用で開くことが多いのであれば、クイックアクセスツールバーに[読み取り専用の設定/解除]ボタンを追加登録されることをお勧めします。

読み取り専用のオン/オフが簡単にできるコマンドボタンの使い方

Excelブックを複数人で使用する場合、誰かがブックを開いていると、読み取り専用で開くことになります。今、編集したいのに使用中のブックを閉じ ...

続きを見る

フォルダー内の複数ファイルのパスをまとめてコピー

この機能が便利なのは、複数のファイルのパスをコピーできることです。

拡張子示もコピーされます。拡張子を表示する設定をしていない場合でも、コピーされます。

以下は、1つのフォルダー内のすべてのファイルを選択しています。

すべてのファイルを選択するには、ショートカットキー[Ctrl]+[A]を押すと便利です。

キーボード[Ctrl]+[A]

そして、[Shift]キーを押して、右クリックします。ショートカットメニューから[パスとしてコピー]をクリックします。

Windows11の場合は、[Shift]キーを押す必要はありません。

ショートカットメニューの[パスとしてコピー]

Excelを起動して、ワークシートに貼り付けします。

フォルダー内のファイルのリストを作成できます。

Excelのワークシートに貼り付けたパスのコピー

ファイル名のみにしたければ、[Ctrl]+[H]で[検索と置換]ダイアログボックスを表示して、パスの部分のみ置換するとスッキリします。

[検索する文字列]にパスの部分を貼り付けして、[すべて置換]をクリックします。

[検索と置換]ダイアログボックス

メッセージウィンドウが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。

メッセージウィンドウ

以下のようにファイル名のみのリストになります。

ファイル名のリスト

参考サブフォルダー内のファイルを表示して、まとめてコピーすることもできます。

サブフォルダー内のファイルをすべて表示するには

ファイルを開くには

ファイルのパスは、[ファイルを開く]ダイアログボックスの[ファイル名]ボックスにパスを貼り付けて[開く]ボタンをクリックすると、ファイルを開くことができます。

ファイル開くダイアログボックス

参考Windows 10では、[Windows]+[V]でクリップボードの履歴を表示できるようになっています。

[Windows]+[V]でクリップボードの履歴を表示して貼り付け

Windows10 バージョン1809では、クリップボードの履歴を保存できるようになりました。 この機能を使うと、過去のコピーや切り取りした ...

続きを見る

アドレスバーで右クリック(アドレスをテキストとしてコピー)

エクスプローラーの場合は、アドレスバーの中で右クリックして、[アドレスをテキストとしてコピー]をクリックしても取得することができます。

注意[アドレスのコピー]を選択すると、そのフォルダーをコピーすることになります。

デスクトップなどにフォルダーごと貼り付けたい場合は、こちらを選択します。

アドレスをテキストとしてコピー

関連Windows 8とWindows 10でファイルのパスをコピーする方法も解説しています。もっと便利になっています。

[パスのコピー]コマンド(Shiftキーを押しながら右クリックでも表示)

Windows 8、Windows 10、Windows11でファイルのパスをコピーする方法です。 2つの方法を紹介します。 Windows ...

続きを見る

Officeでのパスをコピーする方法は以下の記事で解説しています。

作業中のファイルのパスをコピー

Office2010では、起動中のファイルのパスを簡単に取得してコピーすることができます。 Backstageビューを表示 [ファイル]タブ ...

続きを見る

ファイルのパスをクリップボードにコピーする/ファイルの場所を開く

Office2013では、ファイルのパスを簡単にコピーしたり、その保存場所を開くことができます。 [ファイル]タブをクリックして、Backs ...

続きを見る

また、クイックアクセスツールバーに[ドキュメントの場所]を登録することもできます。

[ドキュメントの場所]をクイックアクセスツールバーに登録

クイックアクセスツールバーは、タブを切り替えずに使用できるので便利ですね。 その他のコマンドの中に[ドキュメントの場所]というのがあります。 ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Windows 7

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.