Windows8 & Office2013 Office2013

Print Friendly, PDF & Email

ドキュメントの場所

投稿日:2017年1月7日 更新日:

クイックアクセスツールバーは、タブを切り替えずに使用できるので便利ですね。
クイックアクセスツールバー

その他のコマンドの中に[ドキュメントの場所]というのがあります。
このボタンをクイックアクセスツールバーに追加すると、起動中のファイルのパスを表示して、そのパスをコピーすることができます。

クイックアクセスツールバーに[ドキュメントの場所]を追加

クイックアクセスツールバーに[ドキュメントの場所]ボタンを追加する方法を紹介します。
クイックアクセスツールバーの▼ボタンをクリックして、[その他のコマンド]をクリックします。
その他のコマンド

ここでは、Excel2013を使っていますので、[Excelのオプション]となっていますが、WordやPowerPointでも同じように設定することができます。
[コマンドの選択]から[リボンにないコマンド]を選択します。
[ドキュメントの場所]を探して選択します。中央にある[追加]ボタンをクリックします。
右側に[ドキュメントの場所]が追加されたことを確認して、[OK]ボタンをクリックします。
オプションダイアログボックス

クイックアクセスツールバーに[ドキュメントの場所]が追加されます。
[カメラ]と[可視セルの選択]ボタンも同じようにして、クイックアクセスツールバーに追加しています。
クイックアクセスツールバー

パスのコピー

ドキュメントの場所で右クリックすると、ショートカットメニューが表示されます。
ショートカットメニュー

関連ファイルのパスをコピーするには、Backstageビューから操作することもできます。
ファイルのパスをコピーする

ファイルのパスをコピーする

Office2013では、ファイルのパスを簡単にコピーしたり、その保存場所を開くことができます。Office2010も、バックステージビュー ...

続きを見る

ファイルのパスの活用

ファイルのパスをコピーして、メール本文に貼り付けて送ると、受信者側は、エクスプローラーや、IEのアドレスバーにパス貼り付けて開くことができます。
また、パスをコピーして同じ拡張子のアプリケーションを起動して、[ファイルを開く]ダイアログボックスの[ファイル名]に貼り付け、[開く]ボタンをクリックしてファイルを開くこともできます。
ファイルを開く

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

関連記事

折れ線グラフに系列名をつける

Excelで下のような折れ線グラフを作成しました。 凡例に系列名が表示されていますが、 下のように各折れ線グラフの横に系列名を表示した方が分 ...

複数ページの表示

Word2013で複数ページを表示する方法です。 複数ページ [表示]タブの[ズーム]グループにある[複数ページ]をクリックします。 自動で ...

印刷時の設定

PowerPointで2013で印刷時の設定は、Backstageビューの[印刷]カテゴリーの[設定]にあります。 下の画像は、[ファイル] ...

PowerPivotの更新はピボットテーブルの更新ボタンをクリックするだけ

PowerPivotからデータを取り込んでピボットテーブルを作成した場合、データを更新するには、Excel2010では[PowerPivot ...

稼働日数を求める

稼働日数を求める関数を紹介します。 Excel2013の新機能というわけではありません。他のバージョンでも出来ます。 下のようにD列に開始日 ...

-Windows8 & Office2013 Office2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.