Windows 7 & Office 2010 Office 2010共通

リボンの最小化とリボンの展開のショートカットキーは[Ctrl+F1]

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2010では、[リボンの最小化]ボタンが追加されました。

リボンを最小化したり、展開する場合は、ショートカットキー[Ctrl]+[F1]を使用すると便利です。

[リボンの最小化]ボタン

[リボンの最小化]ボタン

リボンの右上に[リボンの最小化]ボタンがあります。

ショートカットキーは、[Ctrl]+[F1]で変わりません。

リボンの最小化(Ctrl+F1)

リボンにタブ名のみを表示します。

[リボンの最小化]ボタン

クリックすると、下のようにタブ名のみの表示になります。

作業領域を広く使いたい場合は、最小化にするといいですね。

リボンの最小化ータブ名のみ表示

各タブをクリックすると、リボンが表示され、リボン以外の箇所をクリックすると、またタブ名のみの表示になります。

数式バーや3行目までは、被さるように表示されます。

リボンの最小化の時にタブをクリック

[リボンの展開]ボタン

リボンの最小化を実行すると、[リボンの最小化]ボタンが[リボンの展開]ボタンに変わります。

ちっちゃいハート形で、可愛いですね。

ポップヒントには、以下のように記されています。

リボンの展開(Ctrl+F1)

コマンドをクリックした後も常に展開した状態でリボンを表示します。

リボンの展開ボタン

リボンの最小化と展開のショートカットキー

リボンの最小化のショートカットキーは、[Ctrl]+[F1]ですね。

再度、[Ctrl]+[F1]で再表示(リボンの展開)になります。

キーボード[Ctrl] + [F1]

リボンで右クリックしてショートカットメニューから切り替え

リボンで右クリックしてショートカットメニューから[リボンの最小化]をクリックしても、タブ名のみの表示になります。

リボンで右クリック-ショートカットメニューの[リボンの最小化]

リボンを最小化した状態で、右クリックして、ショートカットメニューから[リボンの最小化]をクリックして、オフにすると展開された状態になります。

リボンの最小化状態のショートカットメニュー[リボンの最小化]

参考クイックアクセスツールバーで右クリックした時のショートカットメニューにも[リボンの最小化]が表示されます。

クイックアクセスツールバーで右クリックした時のショートカットメニュー-[リボンの最小化]

タブをダブルクリックして[最小化]と[展開]を切り替え

タブをダブルクリックしても、最小化と展開を切り替えることができます。

意図せずにリボンが消えたというときは、ダブルクリックして時が多いです。タブをダブルクリックすると、リボンが現れます。

タブをダブルクリックして[最小化]と[展開]を切り替え

関連Office2013以降は、[リボンの表示オプション]というのがあります。

リボンの表示と非表示(表示オプションの使い方)

Office2013には、ウィンドウ右上に[リボンの表示オプション]というボタンがあります。 ウィンドウの[最小化]ボタンの左側にあります。 ...

続きを見る

また、[リボンの最小化]ではなく、[リボンを折りたたむ]という表記になっています。

ショートカットキーは同じです。以下の画像は、Word2013です。

ポップヒントは分かりやすくなっています。

リボンを折りたたむ

表示領域を広げたい場合は、リボンを折りたたんでください。メニューの表示がタブの名前だけになります。

[リボンを折りたたむ]ボタン

参考アクティブタブの移動は、マウスのホイールボタンをコロコロしても移動できます。

マウスのホイールボタンでタブ切替

マウスのホイールボタン

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Access / Excel / PowerPoint / Word

関連記事30件

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Office 2010共通

Copyright © 2001-2024 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2024 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.