Windows 7 & Office 2010 Office 2010

【スクリーンショット】ボタンでアプリケーションの画面を簡単挿入

投稿日:2017年1月7日 更新日:

[挿入]タブに[スクリーンショット]という機能があります。Office2010からの新機能です。

スクリーンショットのボタンは、WordとExcelは、[挿入]タブの[図]グループ、PowerPointは[挿入]タブの[画像]グループにあります。

ポップヒントには、以下のように記されています。

スクリーンショット

タスクバーに最小化されていないプログラムの画像を挿入します。

[画面の領域]をクリックすると、画面の一部の画像を挿入できます。

スクリーンショット

注意最小化されたアプリケーションウィンドウはショットできません。また、スクリーンショットボタンを押すアプリケーション(自分自身)をショットすることはできません。

Windows Vistaから登場したSnipping Toolと同じような機能です。Windows7にも[Snipping Tool]はあります。

[挿入]タブのスクリーンショット

スクリーンショットは、現在開いているウィンドウの画面全体、またはドラッグで画面の一部を切り取って挿入することができます。

1個のアプリケーションのみ起動している場合

Excelのみ起動しているときのスクリーンショットです。[画面の領域]のコマンドしかありません。

スクリーンショットの画面の領域

[画面の領域]ボタンをクリックして、デスクトップのドラッグした範囲を画像として挿入できます。

複数のアプリケーションを起動している場合

複数のアプリケーションを起動していると、[使用できるウィンドウ]に挿入可能なウィンドウが表示されます。

表示されたウィンドウをクリックするだけで、アプリケーションの画面全体がそのまま挿入されます。

スクリーンショット 使用できるウィンドウ

YouTubeでも解説しています。音声はありません。

Wordの旧バージョンでは[スクリーンショット]は無効

ExcelとPowerPointでは、互換モードでもスクリーンショットは有効ですが、Wordの互換モード(.doc)では無効です。

マウスで[スクリーンショット]のボタンをポイント(マウスでボタンを合わせる)すると、下のようにポップヒントが表示されます。

ポイント操作も重要ですね。

このコマンドは、現在使用できません。

このドキュメントは互換モードで開かれています。

この機能を使用するには、[ファイル]タブをクリックし、ドキュメントを新しいファイル形式に変換してください。

スクリーンショットのスーパーツールチップ

互換モードのWordで[スクリーンショット]を使用するには

互換モードでも、スクリーンショットを使用したい場合は、[ファイル]タブの[情報]にある[互換]ボタンをクリックします。

互換モードでも解説しています。

互換モードの確認と新バージョンへの変換

Word97-2003の文書(拡張子.doc)をWord2010で開くと、自動的に[互換モード]になり、タイトルバーに[互換モード]と表示さ ...

続きを見る

変換ボタン

下のメッセージが表示されたら、[OK]ボタンをクリックします。

この処理では、文書を最新のファイル形式に変換します。

文書のレイアウトが変更される場合があります。

変換すると、Wordのすべての新機能が使用可能になり、ファイルサイズが小さくなります。

この文書は、変換されたバージョンに置き換えられます。

メッセージ

そうすると、スクリーンショットが使用できるようになりますが、文書を保存するときは注意してください。

有効になったスクリーンショット

注意そのまま保存すると[.docx]で保存されます。互換モード(旧バージョン)のままにしたい場合は、ファイルの種類から[.doc]を選択して保存するようにしてください。

参考Wordでスクリーンショットを使用すると、画像は[行内]で挿入されます。画像をドラッグで自由に移動させたい場合は、文字列の折り返しで[四角]や[前面]などに変更してください。

文字列の折り返しについては、以下の記事で解説しています。

図を挿入したときの[文字列の折り返し]の種類と配置(既定の変更)

Wordの文書に画像を挿入する形式は、既定では[行内]になっていて段落内に配置されるようになっています。挿入した画像をドラッグで自由に移動さ ...

続きを見る

クイックアクセスツールバーに追加して使用

もし、[スクリーンショット]を頻繁に利用するのであれば、クイックアクセスツールバーに登録しておくのもいいと思います。

[挿入]タブの[図]グループにある[スクリーンショット]で右クリックして、[クイックアクセスツールバーに追加]をクリックします。

スクリーンショットで右クリック[クイックアクセスツールバーに追加]

[スクリーンショット]の[画面の領域]コマンドもクイックアクセスツールバーに追加できます。

[画面の領域]で右クリック[クイックアクセスツールバーに追加]

以下は、[画面の領域]を登録しています。

クイックアクセスツールバーの[画面の領域]

参考Office2013では、ハイパーリンクも設定できるようになっています。

スクリーンショットにハイパーリンク(自動設定の解除もできる)

Office2010からの新機能のひとつに[スクリーンショット]という機能があります。 起動中のアプリケーションやブラウザのウィンドウをクリ ...

続きを見る

地図を挿入する方法は、Outlook2016で解説しています。

メール本文に地図を簡単挿入(スクリーンショット機能)

Outlookでメール本文に地図を簡単に挿入する方法です。 Office2010から追加されたスクリーンショットという機能を使用します。 ス ...

続きを見る

Mac版のOffice2016にも、このスクリーンショットの機能があります。

スクリーンショットを撮る

Office2016 for Macからの新機能です。 [挿入]タブに[スクリーンショット]というコマンドがあります。この機能を使うと、現在 ...

続きを見る

スクリーンショットで地図を簡単挿入

Office 2016 for Macには、スクリーンショットという機能があります。 その機能を使って、PowerPointのスライドに簡単 ...

続きを見る

キーボードからスクリーンショット

クイックアクセスツールバーに登録しておくと、キーボードから実行できるようになります。

キーボードから[Alt]キーを押すと、以下のようにクイックアクセスツールバーのボタンに番号が表示されます。

クイックアクセスツールバーのボタンに表示される[数字]

左から順に番号が付与されます。ここでは、[画面の領域]は[6]です。

キーボードから[Alt]と[6]を押すと、[画面の領域]を実行できます。

以下の記事で解説しています。

【Alt】キーと【F10】キーの便利な使い方

[Alt]キーや[F10]キーを使って、キー操作でタブを切り替えたり、目的のコマンドへ移動したりすることができます。 まず、[Alt]キーを ...

続きを見る

キーボードで画面をキャプチャする方法は、[PrintScreen]キーがよく知られていますが、Windows10では[Windows]+[Shift]+[S]で画面領域をスクリーンショットできます。

Windowsの設定で[PrintScreen]キーに割り当てることもできます。

[Windows]+[Shift]+[S]で画面領域切り取り(PrintScreenに割り当ても可)

Windows10では、Creators Updateで、新しいショートカットキーが追加されました。 Windows10のバージョン 170 ...

続きを見る

Windows10 バージョン1809では、[切り取り&スケッチ]という機能が追加されました。

【切り取り&スケッチ】でスクリーンショットが進化(Snipping Toolの後継アプリ)

[切り取り&スケッチ]とは、Windows10 October 2018 Update(バージョン1809)で登場したアプリです。パソコンの ...

続きを見る

[PrintScreen]キーについては、以下の記事で解説しています。

画面をコピーして貼り付けよう(スクリーンショット)

ディスプレイの画面をそのまま画像として貼り付ける方法を解説します。 プリントスクリーンという機能を使って、画面をキャプチャーしたものを貼り付 ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Office 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.