Google検索

リンクユニット

Mac Office for Mac

地図をスクリーンショットで簡単挿入

投稿日:2017年7月29日 更新日:

Office 2016 for Macには、スクリーンショットという機能があります。その機能を使って、PowerPointのスライドに簡単に地図を挿入する方法を紹介します。

3回クリックするだけで完了します。スクリーンショットは、PowerPointだけでなく、WordやExcelにもあり、同じように操作することができます。

スクリーンショット

上記の画面操作は、QuickTimeで撮っています。

QuickTimeで画面操作を録画

QuickTime Playerでは、画面操作を録画できる機能があります。シンプルで使いやすいと思います。 画面収録の操作画面の表示 Qui ...

続きを見る

スクリーンショットはWindowsのWordやExcel、PowerPointにもあります。

PowerPointと地図を表示

PowerPointを起動して、地図を挿入したいスライドを表示しておきます。そして、地図も表示しておきます。

注意Dockにしまっておくとショットを撮れませんので、必ず表示しておいてください。

[挿入]タブの[スクリーンショット]をクリックします。

挿入タブのスクリーンショット

スクリーンショットの[画面の領域]をクリック

下のようにショットが撮れるアプリケーションが表示されます。この時、ショットを撮りたい地図が表示されていることを確認します。

地図をクリックしてしまうと、大きい地図のままスライドに表示されてしまいますので、ここでは必要な範囲のみを選択して挿入します。

注意地図はクリックしません。確認するだけです。

[画面の領域]をクリックします。

画面の領域

地図上でドラッグ

[画面の領域]をクリックすると、PowerPointはDockにしまわれます。

地図上で、スライドに挿入したい範囲をドラッグで指定します。これで完了です!

地図でドラッグ

DockにしまわれていたPowerPointが自動的に表示され、スライドに地図が挿入されています。簡単ですね。

スライドに挿入された地図

図の書式設定

地図を選択している状態であれば、[図の書式設定]が表示されますので、[トリミング]や[クイックスタイル]でスタイルなどを適用してください。

図の書式設定

クイックスタイルも種類が豊富ですね。楽しんでください。

クイックスタイル

関連以下は、関連記事です。Word 2016 for Macで解説しています。

スクリーンショットを撮る

Office2016 for Macからの新機能です。 [挿入]タブに[スクリーンショット]というコマンドがあります。この機能を使うと、現在 ...

続きを見る

Macの機能でスクリーンショットを撮る方法は以下の記事を参照してください。

スクリーンショット

Macでスクリーンショットを撮る3つの方法です。 キーボードを使ったスクリーンショットの方法 画面全体 [command]キー + [Shi ...

続きを見る

Windowsにも同じ機能があります。

スクリーンショットでプログラムの画像を挿入

[挿入]タブの[図]グループに[スクリーンショット]という機能があります。 スクリーンショットのボタンは、WordとExcelは、[挿入]タ ...

続きを見る

地図を挿入する方法は、Outlook(Windows)でも解説しています。

メール本文に地図を簡単挿入

Outlookでメール本文に地図を簡単に挿入する方法です。 Office2010から追加されたスクリーンショットという機能を使用します。 ス ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Mac Office for Mac

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.