Google検索

Windows10 & Office2016 Windows10

[Windows]+[Shift]+[S]で部分スクリーンショット

投稿日:2018年12月13日 更新日:

Windows10では、Creators Updateで、新しいショートカットキーが追加されました。

Windows10のバージョン 1703 以降(Creators Update以降)であれば、[Windows]+[Shift]+[S]を押すと、画面を部分的に選択して貼り付けることができます。

[PrintScreen]キーを使う方法も従来通り使用できますが、[Windows]+[Shift]+[S]を使うほうが、範囲選択ができるのでトリミングせずに、SNS(ツイッターなど)にも[Ctrl]+[V]で、そのまま貼り付けができます。

[PrintScreen]キーの使い方については、以下の記事で解説しています。

画面を貼り付けよう

ディスプレイの画面をそのまま画像として貼り付ける方法を解説します。 ここでは、プリントスクリーンという機能を使っています。 簡単な操作で行う ...

続きを見る

[Windows]+[Shift]+[S]を押す

スクリーンショットしたいもの(写真など)を表示しておきます。

ここでは例として、写真を表示しています。

写真を起動

キーボードから、[Windows]+[Shift]+[S]を押します。

キーボード[Windows]+[Shift]+[S]

画面がもやがかかったようになります。

[Windows]+[Shift]+[S]を押したあと

参考Windows10 バージョン1809以降は、画面上部中央にコントロールバーが表示されるようになっています。また、この機能を[PrintScreen]キーに割り当てることもできます。これについては、以下の記事で解説しています。

【切り取り&スケッチ】でスクリーンショットが進化(Snipping Toolの後継アプリ)

[切り取り&スケッチ]とは、Windows10 October 2018 Update(バージョン1809)で登場したアプリです。パソコンの ...

続きを見る

以下の画像は、Windows10 バージョン1809で[Windows]+[Shift]+[S]を押した状態です。

バージョン1809以降の[Windows]+[Shift]+[S]を押した時の画面

マウスでドラッグ

キャプチャしたい範囲をマウスでドラッグします。

ドラッグした範囲がクリップボードにコピーされます。

何も変化がないように思われますが、大丈夫です。

マウスでドラッグ

[Ctrl]+[V]で貼り付け

貼り付け機能を持ったアプリケーションであれば、なんでもいいので起動します。

ペイントやWord、Excel、PowerPointなどです。

ここではWordを起動します。

キーボードから[Ctrl]+[V](貼り付けのショートカットキー)を押します。

キーボード[Ctrl]+[V]

または、[ホーム]タブの[貼り付け]をクリックします。

ドラッグで範囲選択した箇所が貼り付けられます。

Wordの[貼り付け]

解除する場合

キーボードから[Windows]+[Shift]+[S]を押して、もやがかかったような状態の時に、解除したい場合は、キーボードから[Esc]キーを押します。

これですぐに解除できます。

キーボード[Esc]キー

[Snipping Tool]との違い

上記操作は、Windows Vistaから搭載されている[Snipping Tool]によく似ています。

Snipping Toolについては、以下の記事で解説しています。

Snipping Toolで画面をキャプチャ

Windows10も[Windows アクセサリ]の中にあります。

Windowsアクセサリ

Snipping Toolは、アプリケーションを起動しなくてはいけませんが、ドラッグで切り取った画像をそのまま保存することができます。

ショートカットキー[Windows]+[Shift]+[S]で操作したものを保存するには、一度、アプリケーションに貼り付けしてから保存することになります。

Wordに貼り付けたのであれば、貼り付けた画像で右クリックして、ショートカットメニューから[図として保存]をクリックします。

参考Excelには、ショートカットメニューに[図として保存]はありません。PowerPointにはあります。

Word[図として保存]

[Snipping Tool]がアクセサリの中にないとき

Windows10でアクセサリの中に[Snipping Tool]が見当たらないということがあります。

その場合は、Cortana(検索ボックス)に[SnippingTool]と入力して検索してください。

参考この時、[Snipping Tool]のように半角スペースを空けると、ヒットしないことがあるので気を付けてください。

Cortana(検索ボックス)に[SnippingTool]と入力

Snipping Toolを起動できたら、タスクバーのアイコンで右クリックして、ショートカットメニューから[タスクバーにピン留めする]をクリックしておくといいと思います。

Snipping Toolを閉じても、次回からはタスクバーから起動できるようになります。

タスクバーのアイコンで右クリック

参考Office2010以降であれば、[スクリーンショット]というコマンドボタンもあります。

【スクリーンショット】ボタンでアプリケーションの画面を簡単挿入

[挿入]タブの[図]グループに[スクリーンショット]という機能があります。Office2010の新機能です。 スクリーンショットのボタンは、 ...

続きを見る

メール本文に地図を簡単挿入

Outlookでメール本文に地図を簡単に挿入する方法です。 Office2010から追加されたスクリーンショットという機能を使用します。 ス ...

続きを見る

PowerPoint2013以降であれば、画面操作を録画する機能もあります。

PowerPointで画面操作を録画して編集や保存も可能

PowerPoint2013には、画面操作を録画する機能があります。 録画した動画はトリミングなどの編集を行うこともできますし、動画のみを保 ...

続きを見る

Windows10では、動画もキャプチャーできます。

[Windows]+[G]で動画をキャプチャー(ゲームバーは超便利)

Windows10には、標準で動画をキャプチャーできる機能が搭載されています。 [ゲームバー]と呼ばれるものでゲームを録画するための機能のよ ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Windows10

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.