リンクユニット

Windows Xp & Office 2003 Windows XP

プロパティとは

投稿日:2017年1月7日 更新日:

パソコンを使っていると[プロパティ]という言葉に出会うことがありますね。

プロパティって何?と、思ってしまいますね。パソコンに慣れていらっしゃる方は、何となくわかっていらっしゃるようですが、言葉で説明しようとすると難しいですよね。

本来、[property]とは、[所有物]という意味らしいですけど、テキストでは、よく[属性]や[特性]、[性質]などと訳されています。

それでも、なんとなくわかったようなわからないような気がしますね。

ファイルやフォルダ、オブジェクトなどの特性をあらわすデータとか、情報を提供してくれたり、設定の確認あるいは変更ができると、説明されているテキストもあります。

設定は出来るものとそうでないものがありますが、[今の状況はこうですよ、今の私はこうですよ。]と教えてくれるようなところですね。う~ん、身分証明をしてくれるようなところでしょうか?

身分証

参考Windows 10では、プロパティの表示がとても分かりやすくなっています。

Windows 10ではエクスプローラーから

プロパティの表示方法


プロパティの表示の仕方です。

右クリックで

ファイルやフォルダで右クリックして、ショートカットメニューの中から[プロパティ]をクリックします。

プロパティ

ファイルメニューから

ファイルを選択して、メニューバーの[ファイル]から[プロパティ]をクリックします。

ファイルメニュー

[Alt]キーを使って

[Alt]キーを押したまま、アイコンをダブルクリックします。

キーボード[Alt]

[Alt]+[Enter]でも表示できます。

キーボード[Alt」+[Enter]

また、確認しただけで何も設定を変更したりすることがなければ、[キャンセル]ボタンをクリックします。

あるいは、プロパティの[閉じる]ボタンをクリックします。

または、[Esc]キーを押して閉じましょう。

参考ダイアログボックスは[Esc]キーで閉じることができます。

プロパティ

Windows 10ではエクスプローラーから

エクスプローラーを開くと[ホーム]タブの[開く]グループに[プロパティ]ボタンがあります。

プロパティ(Alt+Enter)

選択した項目のプロパティを表示します。

以下は[テスト]フォルダーを開いています。

1つのファイルを選択して、[プロパティ]ボタンをクリックします。

Windows10の[プロパティ]ボタン

または、左上にある[プロパティ]のボタンをクリックします。

フォルダー左上の[プロパティ]ボタン

プロパティを表示すると、さまざまな情報を見ることができます。作成者などの情報は、[詳細]タブをクリックします。

下方にある[プロパティや個人情報を削除]をクリックすると、[プロパティの削除]ダイアログボックスが表示されます。

[プロパティ]の[詳細]タブ

参考[プロパティ]ボタンの下側をクリックすると、[プロパティ]と[プロパティの削除]メニューが表示されます。

[プロパティ]のメニュー

[プロパティの削除]ダイアログボックス

[プロパティの削除]ダイアログボックスでは、[可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成]が既定で選択されています。

このまま[OK]ボタンをクリックすると、プロパティの内容を削除してファイルのコピーを作成できます。

[プロパティの削除]ダイアログボックスでは、個人情報の削除もできます。

ただし、[プロパティの削除] ダイアログ ボックスでは、Windowsを使用して追加されたプロパティのみが削除されます。

[このファイルから次にプロパティを削除]を選択すると、チェックボックスが有効になります。

下方にある[すべて選択]もクリックできるようになります。

[プロパティの削除]ダイアログボックス

参考以下は、Windows 7でのプロパティの表示と個人情報の削除についての記事です。Windows10でも同じです。

ファイルのプロパティ情報を削除する

ファイルのプロパティの情報を削除する方法がWindows 7から、ちょっと便利になっています。 プロパティの表示 ファイルを右クリックして、 ...

続きを見る

プロパティで確認

では、マイコンピュータのプロパティを開いて、Windows XP SP2が正常にインストールされているかどうかを確認してみましょう。

[スタート]ボタンをクリックして、右側のメニューの[マイコンピュータ]で右クリックします。

ショートカットメニューの中から、[プロパティ]をクリックします。

スタートメニュー

[全般]タブの[システム]に[Service Pack2]と表示されています。

Service Pack2が正常にインストールされているということですね。

システムのプロパティ

プロパティ(WordやExcel)のユーザー情報の変更の方法は、以下の記事を参照してください。

ユーザー情報

また、以下の記事も参考になると思います。

ショートカットのプロパティ

プロパティの設定をすることで[ファイルを開く]ダイアログボックスでプレビュー表示をすることができます。

プレビュー表示(ファイルを開かずにデータを確認)

[ファイルを開く]ダイアログボックスでプレビュー表示にすると、ファイルやブックを開かずに内容を確認することができます。 プロパティの表示 ま ...

続きを見る

参考Office2007以降は、簡単にPDF化できますが、その際、プロパティ情報は引き継がれます。

ファイルをPDF形式で保存するには[名前を付けて保存]から

Word、Excel、PowerPointなどでは、名前を付けて保存する時にPDFファイルを作成することができます。 これは、Office2 ...

続きを見る

個人情報など外へ出してもいい情報なのかどうかは、しっかりチェックされることをお勧めします。

Officeの機能を使ってプロパティ情報を削除することもできます。

ドキュメント検査

Office2010には、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。 Office2007からの機能で ...

続きを見る

個人情報や隠し情報のチェックは【ドキュメント検査】で

Office2013にも、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。 Excelであれば、非表示の行や ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office 2003 Windows XP

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.