Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 WindowsXP

プロパティとは

投稿日:2017年1月7日 更新日:

パソコンをやっていると[プロパティ]という言葉に出会うことがありますね。

プロパティって何?と、思ってしまいますね。 パソコンに慣れていらっしゃる方は、何となくわかっていらっしゃるようですが、言葉で説明しようとすると難しいですよね。

本来、[property]とは、[所有物]という意味らしいですけど、テキストでは、よく[属性]や[特性]、[性質]などと訳されています。

それでも、なんとなくわかったようなわからないような気がしますね。

ファイルやフォルダ、オブジェクトなどの特性をあらわすデータとか、情報を提供してくれたり、設定の確認あるいは変更ができると、説明されているテキストもあります。

設定は出来るものとそうでないものがありますが、[今の状況はこうですよ、今の私はこうですよ。]と教えてくれるようなところですね。 うーん、身分証明をしてくれるようなところでしょうか?

プロパティの表示方法

プロパティの表示の仕方です。

右クリックで

ファイルやフォルダで右クリックして、ショートカットメニューの中から[プロパティ]をクリックします。

プロパティ

ファイルメニューから

ファイルを選択して、メニューバーの[ファイル]から[プロパティ]をクリックします。

ファイルメニュー

[Alt]キーを使って

[Alt]キーを押したまま、アイコンをダブルクリックします。

また、確認しただけで何も設定を変更したりすることがなければ、[キャンセル]ボタンをクリック。

あるいは、プロパティダイアログボックスの[閉じる]ボタンをクリックします。

または、[Esc]キーを押して閉じましょう。

参考ダイアログボックスは[Esc]キーで閉じることができます。

プロパティ

プロパティで確認

では、マイコンピュータのプロパティを開いて、WindowsXP SP2が正常にインストールされているかどうかを確認してみましょう。

[スタート]ボタンをクリックして、右側のメニューの[マイコンピュータ]で右クリックします。

ショートカットメニューの中から、[プロパティ]をクリックします。

スタートメニュー

[全般]タブの[システム]に[Service Pack2]と表示されています。

Service Pack2が正常にインストールされているということですね。

システムのプロパティ

プロパティ(WordやExcel)のユーザー情報の変更の方法はBlogのユーザー情報を参照してください。

また、ショートカットのプロパティも参考になると思います。

プロパティの設定をすることで[ファイルを開く]ダイアログボックスのプレビュー表示をすることができます。

プレビューの表示

[ファイルを開く]ダイアログボックスでプレビュー表示にすると、ファイルやブックを開かずに内容を確認することができます。 プロパティの表示 ま ...

続きを見る

参考Windows7以降は、プロパティの情報を削除する方法が少し便利になっています。

ファイルのプロパティ情報を削除する

ファイルのプロパティの情報を削除する方法がWindows 7から、ちょっと便利になっています。 プロパティの表示 ファイルを右クリックして、 ...

続きを見る

Officeの機能を使ってプロパティ情報を削除することもできます。

ドキュメント検査

Office2010には、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。 Office2007からの機能で ...

続きを見る

個人情報のチェックはドキュメント検査で

Office2013にも、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。 ドキュメント検査 [ファイル]タ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 WindowsXP

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.