Windows XP & Office 2003 Access 2003

プロパティの表示とヘルプの活用

投稿日:2017年1月7日 更新日:

デザインビューでプロパティシートを開いても、その意味がわからないこともありますね。

そういうときは、調べたいプロパティをクリックして[F1]キーを押して、ヘルプを表示します。

プロパティの表示方法

プロパティとは本来[属性]という意味で使われることが多いですが、Accessではオブジェクトやコントロールの[詳細設定]ができるところと思ってください。

プロパティの設定は、簡単に操作できるのですが、意図しない動作をするときは、いつの間にかプロパティの設定が変わっていたということもあります。

Accessのバージョンによってプロパティの既定が変わっている場合もあるかもしれません。

まず、プロパティシートの表示方法です。

プロパティボタンから

デザインビューでデータベースツールバーの[プロパティ]ボタンをクリックします。

プロパティ

右クリックから

あるいは、右クリックのショートカットメニューから[プロパティ]をクリックします。

ショートカットメニュー

ショートカットキー

ショートカットキーは、[Alt]+[Enter]です。

プロパティシートの表示/非表示を切り替えられます。

キーボード[Alt]+[Enter]

[F4]キーでもいいです。

キーボード[F4]

参考コントロールなどは、ダブルクリックでも表示させることができます。

ヘルプの表示

プロパティシートで、調べたいプロパティをクリックします。そして、キーボードから[F1]キーを押します。

キーボード[F1]

[ポップアップ]をクリックして、[F1]キーを押し [ポップアップ]プロパティのヘルプを表示してみました。

参考Access2013以降は、オンラインヘルプしか利用できないようです。

ヘルプ

通常どおり、メニューバーの[ヘルプ]から利用してもいいですね。

ヘルプの利用を参考にしてくださいね。

ヘルプの利用

Microsoft Officeを使っていると、わからないことがたくさんでてきます。 ヘルプを上手に活用しましょう。 ヘルプの表示 メニュー ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Access 2003

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.