リンクユニット

Windows10 & Office2016 Access2016

Print Friendly, PDF & Email

マクロビルダーで埋め込みマクロを作成

投稿日:2017年1月17日 更新日:

Accessで作成済みのフォームをボタンをクリックして開くようにする方法です。ここでは、埋め込みマクロで設定する方法を紹介します。

ボタンの作成

フォームを開くボタンを設置したいフォームをデザインビューで開きます。ここでは[F_menu]をデザインビューで開きます。そして、ボタンをクリックすると、[F_新規入力]フォームを開くようにします。
フォームをデザインビューで開く

[デザイン]タブの[コントロール]グループにある[ボタン]をクリックして、任意の場所でドラッグします。[コントロールボタンウィザード]が表示されたら、[キャンセル]ボタンをクリックします。
コマンドボタンウィザードをキャンセル

ボタンを選択したまま[プロパティシート]をクリックして、[コマンドボタン]のプロパティを表示します。[F4]キーを押してもプロパティを表示させることができます。
コマンドボタンの名前は自動で付けられています。後で変更します。
プロパティの[イベント]タブをクリックして、[クリック時]の[...]をクリックします。
プロパティの表示

マクロビルダーの作成

[ビルダーの選択]ダイアログボックスが表示されますので、[マクロビルダー]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
ビルダーの選択

下のように[マクロツール]が表示されます。[新しいアクションの追加]の▼ボタンをクリックして、プルダウンメニューを表示させます。
マクロツール

メニューの中から[フォームを開く]をクリックします。
フォームを開くを選択

下のようになります。[フォーム名]のプルダウンをクリックして、
フォーム名の指定

目的のフォームを選択します。ここでは、[F_新規入力]を選択します。
フォーム名を選択

これでマクロは完成です。[マクロツール]の[閉じる]ボタンをクリックします。メッセージボックスが表示されたら、[はい]をクリックします。
マクロを閉じる

下のようにクリック時イベントには[埋め込みマクロ]と表示されます。
プロパティの確認

ボタンの名前と標題を変更

自動的に付けられたボタンの名前と標題を変更します。[書式]タブの[標題]にボタンに表示させる名前を付けます。ここでは、[新規入力フォームを開く]とします。コマンドボタンに表示される名前が変わります。
標題の変更

コマンドボタンに名前を付けます。プロパティの[その他]タブをクリックして、[名前]に入力します。これで完成です。
ボタン名の変更

[埋め込みマクロ]を編集したい場合は、ボタンのプロパティから[イベント]タブをクリックして、[クリック時]の[...]をクリックします。
埋め込みマクロの編集

埋め込みマクロについて

埋め込みマクロは、Access2007からの機能です。フォームやレポートに格納されます。フォームやレポートの一部分となるわけです。フォームやレポートをコピーしたりするときに、そのフォームやレポートに埋め込みマクロも含まれます。なので、データベースの管理はしやすくなると思います。
ただ、コードに変換することはできません。独立マクロであればコードに変換できるのですが。
埋め込みマクロのコード変換

埋め込みマクロのコード変換

Access2007以降(拡張子accdb)では、[コマンドボタンウィザード]や[マクロビルダー]を使ってボタンを作成すると、[埋め込みマク ...

続きを見る

コマンドボタンウィザードを使用した場合も[埋め込みマクロ]になります。
※ナビゲーションウィンドウのマクロとしては表示されません。ナビゲーションウィンドウのマクロに表示されているのは独立マクロと呼ばれるものです。

関連ページ

コマンドボタンは以下の方法で作成することもできます。上記と同じフォームを開くボタンを作成する方法を解説しています。このサイトでは、同じボタンを3つの方法で紹介しているということです。
●コントロールボタンウィザードを使って作成する方法
ウィザードを使ったコマンドの作成

ウィザードを使ったコマンドボタンの作成

Accessで起動時にメニューフォームを表示した後、ボタンをクリックして目的のフォームを開くようにしたいという要望はよくあります。コマンドボ ...

続きを見る

●独立マクロを作成して作成する方法
マクロを使ったコマンドボタンの作成
マクロを使ったコマンドボタンの作成

Accessで作成済みのフォームをボタンをクリックして開くようにする方法です。ここでは、マクロを作成してボタンに登録する方法です。起動時に開 ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】で質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

アクセスを学習するなら、一度は読んでおいたほうがよい本です。

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

ピボットのフィールドリストに検索ボックス

Excel2016では、ピボット テーブルのフィールドに検索ボックスが追加されました。フィールドが多数がある場合は、該当のフィールド名を探す ...

スタート画面の背景の透明化をオフにする

Windows10の既定では、でスタート画面の背景は透明になっています。 下の画像で、うっすらとデスクトップ上のアイコンが見えるのがわかると ...

切り取った要素をまとめて貼り付けるにはスパイク機能が便利

Wordには、スパイク機能というのがあります。文字列や画像、表などを次々に切り取り、別の位置にまとめて貼り付けることが出来る機能です。切り取 ...

メール本文に地図を簡単挿入

Outlookでメール本文に地図を簡単に挿入する方法です。Office2010から追加されたスクリーンショットという機能を使用します。スクリ ...

フィルターの抽出条件はデータの種類で変わる

Excelのフィルター機能を使用すると、条件に合うデータを簡単に抽出することができます。表をフィルターモードにするには、表内のセルをアクティ ...

-Windows10 & Office2016 Access2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.