Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Access2013

値によってテキストボックスの使用可と不可を切り替える

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessのフォームで1つ目のコンボボックスで選択した値によって、次のテキストボックスの使用を有効にしたり、無効にしたりする方法です。

たとえば、下のようなフォームで[選択1]で[はい]、[いいえ]の中から[はい]を選択したら、次のテキストボックスへ入力ができ、[いいえ]を選択したら使用できないようにする方法です。

フォーム

フォームのコンボボックス

[テキスト0]は、[値集合ソース]で[はい;いいえ]と入力して、コンボボックスから選択できるようにしています。

次に選択するテキストボックスの名前は[テキスト2]です。

テキスト0のプロパティ

更新後処理のイベントに入力

[テキスト0]の[プロパティ]の[イベント]タブにある[更新後処理]の[…]をクリックします。

イベントタブの更新後処理

[ビルダーの選択]から[コードビルダー]を選択して[OK]ボタンをクリックします。

ビルダーの選択

VBEのコードウィンドウに下のように入力します。

If Me.テキスト0.Value = "はい" Then
Me.テキスト2.Enabled = True
Else
Me.テキスト2.Enabled = False
End If

更新後処理にコード入力

フォームビューで確認します。

[選択1]で[いいえ]を選択すると、[選択2]のテキストボックスは使用不可になります。

フォーム

参考条件付き書式で使用可/不可に設定する方法も解説しています。

チェックをオンでテキストボックスを使用不可にする(条件付き書式)

Accessのフォームでチェックボックスをオンにすると、指定したコントロールを使用不可にする方法です。 チェックボックスの作成 まず、フォー ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Access2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.