リンクユニット

Windows8 & Office2013 Access2013

値によってテキストボックスの使用可と不可を切り替える

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessのフォームで1つ目のコンボボックスで選択した値によって、次のテキストボックスの使用を有効にしたり、無効にしたりする方法です。

たとえば、下のようなフォームで[選択1]で[はい]、[いいえ]の中から[はい]を選択したら、次のテキストボックスへ入力ができ、[いいえ]を選択したら使用できないようにする方法です。
フォーム

フォームのコンボボックス

[テキスト0]は、[値集合ソース]で[はい;いいえ]と入力して、コンボボックスから選択できるようにしています。次に選択するテキストボックスの名前は[テキスト2]です。
テキスト0のプロパティ

更新後処理のイベントに入力

[テキスト0]の[プロパティ]の[イベント]タブにある[更新後処理]の[…]をクリックします。
イベントタブの更新後処理
[ビルダーの選択]から[コードビルダー]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
ビルダーの選択

VBEに下のように入力します。
更新後処理にコード入力

フォームビューで確認します。[選択1]で[いいえ]を選択すると、[選択2]のテキストボックスは使用不可になります。
フォーム

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

Accessを学習するなら、一度は読んでおいたほうがよい本です。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

Excel2010とExcel2013が混在した環境でのPowerPivotは注意が必要

Excel2010のPowerPivotでデータを取り込んで作成したブックをExcel2013のPowerPivotタブでデータモデルの[管 ...

ハイパーリンクの下線を消す裏ワザ

PowerPointでハイパーリンクの下線を非表示にするには、ExcelやWordのように簡単にはいきません。 設定したハイパーリンクを削除 ...

おすすめピボットテーブルは簡単便利

Excel2013には、[挿入]タブに[おすすめピボットテーブル]というのがあります。 おすすめグラフと同じようにとても便利なものです。これ ...

スライドを抜いてもスライド番号は連続したい

PowerPointでプレゼンテーションを作成した後、その中の一部のスライドを抜いてプレゼンしたいということがあります。非表示スライドの設定 ...

コンボボックスの2列目の値を取得

Access2013のフォームでコンボボックスの2列目の値を取得する方法です。他のバージョンでも同じです。 テーブルの確認 商品テーブルは下 ...

-Windows8 & Office2013 Access2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.