Windows 8 & Office 2013 Access 2013

フォームを開く時に前回のフィルターの状態を保ったまま開くには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessのフォームでフィルター機能を使ってレコードの抽出を行い、その状態のまま閉じて、次回 フォームを開く時に同じフィルターの状態のままで開く方法です。

フォームのプロパティを表示して、[読み込み時にフィルターを適用]を[はい]にします。

フォームプロパティの[読み込み時にフィルターを適用]-[はい]

フォームのフィルター機能でレコードを抽出

帳票フォームを開いて、レコードの抽出を行います。

抽出したいフィールドにカーソルを置いて、[ホーム]タブの [並べ替えとフィルター]グループにある[フィルター]をクリックします。

ここでは、[商品]フィールドにカーソルを置いています。

[ホーム]タブの [並べ替えとフィルター]グループにある[フィルター]

[商品]フィールドにフィルターメニューが表示されます。

[商品]フィールドのフィルターメニュー

[コート]チェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。

[コート]チェックボックスをオンにしたフィルターメニュー

結果、[コート]レコードが抽出されます。

この抽出結果のまま閉じて、次回 フォームを開く時もこの状態のまま開く方法です。

既定であれば、次回フォームを開くと、[ID]の昇順になっています。

[コート]レコードが抽出されたフォーム

フィルターを解除するには

フィルターを解除するには、[ホーム]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[フィルターの解除]ボタンをクリックします。

ボタン名は[フィルターの実行]のままですが、ポイントすると、[フィルターの解除]となっています。

フィルターを解除しても、設定した条件はテーブルのプロパティに保存されていますので、再度[フィルターの実行]ボタンをクリックすると直前のフィルターを実行できます。

[ホーム]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[フィルターの解除]

または、ステータスバーの[フィルター適用]ボタンをクリックします。

ステータスバーの[フィルター適用]ボタン

参考フィールドで右クリックした時のショートカットメニューからもフィルターを実行することができます。

[ワンピース]で右クリックしてショートカットメニューから、["ワンピースに等しい"]を選択すると、[ワンピース]のレコードを抽出できます。

このショートカットメニューは、フィールドのデータ型によって異なります。

解除する場合は、同じように[フィルターの解除]ボタンを使用します。

[ワンピース]で右クリックした時のショートカットメニュー

フィルターの状態をクエリとして保存することもできます。クエリの抽出条件の書き方が分からない場合も重宝する機能です。

フィルター実行後にクエリとして保存(抽出条件の書き方が分からない時も)

Accessのテーブルやフォーム、レポートでレコードを抽出するには、フィルターボタンや選択フィルターを使います。 標準で使用できる抽出条件は ...

続きを見る

読み込み時にフィルターを適用

フォームを開いた時に、前回のフィルターの状態で開く方法です。

フォームをデザインビューで開いて、プロパティを表示します。

プロパティは、[F4]キーで表示/非表示の切り替えができます。

キーボード[F4]キー

[データ]タブにある[読み込み時にフィルターを適用]を[はい]にします。

既定では[いいえ]になっています。

[読み込み時にフィルターを適用]の文字上で、ダブルクリックすると[はい]と[いいえ]の切り替えができます。

フォームプロパティの[読み込み時にフィルターを適用]-[はい]

次回、フォームを開くと、前回絞り込んだ状態のまま開くことができます。

フィルターの状態を保ったまま表示されたフォーム

参考イベントプロシージャの[読み込み時]に下のように書き込んでいる場合などは、上記の設定は無効になります。

イベントプロシージャの設定が有効になりますので、注意してください。

フォームの読み込み時のイベントプロシージャ

フォームプロパティの[並べ替え]

フォームプロパティの[データ]タブには、[並べ替え]という項目があります。

[並べ替え]プロパティを使用して、フォーム内の特定のフィールドを基準に降順や昇順に並べ替えることができます。

既定では、昇順に並べ替えられます。

また、[読み込み時に並べ替えを適用]は、既定で[はい]になっています。

フォームのプロパティシート[並べ替え]

以下の記事で解説しています。

フォームでのレコードの並べ替え(プロパティシートで設定)

Accessのフォームでレコードの並べ替えは、フォームのプロパティで行うことができます。 下のようなテーブルを基に作成した帳票フォームがあり ...

続きを見る

参考また、フォームのレコードをボタンをクリックして並べ替えるようにする方法は、以下の記事で解説しています。

フォームのレコードをボタンをクリックして並べ替える

Accessでは、分割フォームをよく利用しています。 分割フォームは、フォームビュー(単票フォーム)とデータシートビューが同時に表示され、E ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Access / Excel / PowerPoint / Word

Profile

執筆者/はま

-Windows 8 & Office 2013 Access 2013

Copyright © 2001-2024 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2024 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.