Windows 8 & Office 2013 Access 2013

【コマンドまたはアクション'レコードの削除'は無効です】のメッセージ

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Access2013で、フォームの[レコードの削除]ボタンを作成したのですが、ボタンをクリックするとメッセージ表示されるようになってしまいました。

フォームのプロパティを確認すると、意図しない設定になっていました。

[コマンドまたはアクション'レコードの削除'は無効です。]のウィンドウ

コマンドまたはアクション'レコードの削除'は無効です

帳票フォームを作成し、レコードを削除できるように[削除]ボタンを作成しました。

帳票フォームの[削除]ボタン

ですが、[削除]ボタンをクリックすると、以下のメッセージが表示されてしまうようになってしまいました。

コマンドまたはアクション'レコードの削除'は無効です。

[コマンドまたはアクション'レコードの削除'は無効です。]のメッセージウィンドウ

参考レコードを削除するコマンドボタンの作成は、以下の記事で解説しています。

レコード削除時の確認メッセージを非表示にする

Accessでレコードを削除しようとすると、毎回、確認メッセージが表示されます。 ○件のレコードを削除します。 [はい]をクリックすると、削 ...

続きを見る

フォームのプロパティを確認

変だなと思って調べていたら、フォームのプロパティ[データ]タブの[削除の許可]が[いいえ]になっていました。

プロパティの表示/非表示は、[F4]キーで切り替えられます。

キーボード[F4]キー

プロパティの[削除の許可]を[はい]にすると、削除できるようになりました。

フォームのプロパティ[削除の許可]

参考このプロパティの値は、ダブルクリックで[はい]と[いいえ]の切り替えができます。

プロパティシートでダブルクリックして値を変更

削除の許可を[はい]に設定

既定では、[はい]になっています。

何かの拍子に切り替わってしまったようです。

フォームに表示されるレコードが削除されないようにしたい場合は、[いいえ]にします。

プロパティ[削除の許可]

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 8 & Office 2013 Access 2013

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.