Windows10 & Office2016 Access2016

Print Friendly, PDF & Email

ウィザードによるボタン作成後の埋め込みマクロ

投稿日:2017年1月20日 更新日:

Accessでは、ウィザードを使用して簡単にボタンを作成することができます。これについては、ウィザードを使ったコマンドボタンの作成で解説しています。簡単に作成できるのですが、一つ注意しなければならないことがあります。

ウィザードを使ったコマンドボタンの作成

Accessで起動時にメニューフォームを表示した後、ボタンをクリックして目的のフォームを開くようにしたいという要望はよくあります。コマンドボ ...

続きを見る

拡張子accdbでコントロールウィザードを使用してボタンを作成

ウィザードを使用してコマンドボタンを作成した後、ボタンのプロパティを開いて[イベント]の[クリック時]を見ると、自動的に[埋め込みマクロ]が作成されています。参考拡張子がmdbの場合は、イベントプロシージャになります。
プロパティ

この埋め込みマクロの[...]ボタンをクリックすると、[マクロツール]の[デザイン]が開かれます。[フォーム名]に見慣れない文字が並んでいると思います。私も知らなかったのですが、これはアスキーコードと呼ばれるものだそうです。
アスキーコード

フォーム名を編集

この[フォーム名]のところは、実際のフォーム名に変えても動作は変わりません。アスキーコードをすべて削除すると、プルダウンボタンが表示されますので、ボタンを使って開くフォームを選択します。マクロを更新して保存します。動作を確認しても同じです。
フォーム名の変更

拡張子がmdbの場合

拡張子がmdbの場合は、ウィザードを使用してもVBAが作成されます。下の画像はAccess2007のmdbファイルです。[埋め込みマクロ]ではなく、[イベントプロシージャ]になっています。[...]をクリックするとコードを確認できます。
参考Access2007以降でも拡張子がmdbファイルの場合は、イベントプロシージャになります。Access2007でも、拡張子がaccdbの場合は、[埋め込みマクロ]となります。
Access2007

新拡張子では埋め込みマクロになったため、戸惑われる方も多いようです。アスキーコードでは分かりにくいと思いますので、フォーム名に変えておいた方が後々、便利かもしれません。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

行番号の表示

Wordで行番号を表示する方法です。セクション区切りを挿入してセクションごとに振り直すこともできます。 下のようなサンプル文書があります。こ ...

Windows10の付箋(Sticky Notes)の起動方法

Windows10での付箋の起動方法を3つ紹介します。Windows10の[付箋]は、Anniversary Update以降[Sticky ...

Accessの宛名ラベルウィザード

Accessのテーブルやクエリを基に宛名ラベルウィザードを使用して、宛名ラベルを作成することができます。 ここでは、テーブル[T_住所一覧] ...

Excel2016のおすすめグラフ

Excel2013から追加された機能に、「おすすめグラフ」というのがあります。集合縦棒グラフと折れ線グラフの複合グラフも数回のクリックで作成 ...

オブジェクトの表示形式

Accessのナビゲーションウィンドウには、テーブルやクエリなどのオブジェクトが表示されていますが、このオブジェクトの表示形式を変更すること ...

-Windows10 & Office2016 Access2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.