Windows 8 & Office 2013 Access 2013

SELECT INTO ステートメントでは複数値を持つフィールドは使用できません

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Access2013で添付ファイル型のフィールドを含むテーブルを元に[テーブル作成クエリ]を実行しようとすると、以下のようなメッセージが表示されました。

SELECT INTO ステートメントでは複数値を持つフィールドは使用できません。

SELECT INTO ステートメントでは複数値を持つフィールドは使用できません

添付ファイル型のフィールドがあると、[更新クエリ]や[テーブル作成クエリ]ではエラーメッセージが表示されます。

データ型[添付ファイル]の3つの表示方法

Access2007から登場した添付ファイル型ですが、フォームでの表示方法の違いを紹介します。 [添付ファイル]の表示方法は、[画像/アイコ ...

続きを見る

添付ファイル型フィールドがなければ、問題ありません。

クエリ

困ったなぁと思ったのですが、選択クエリなら表示できるので、そのフィールドをコピーしてテーブルに貼り付けしたらできました。

以下は、Microsoftのページです。ご参考に!

クエリでの複数値を持つフィールドの使用(Microsoft)

アクションクエリのクエリについては、以下の記事で解説しています。

アクションクエリ実行時の確認メッセージを非表示にする

以下のメッセージウィンドウは、Accesで追加クエリを実行したときに表示されるメッセージです。このメッセージを非表示にする方法です。 場合に ...

続きを見る

追加クエリの作成方法(追加先テーブルのフィールドへ特定の値を表示)

1つのテーブルに別のテーブルのレコードを追加する方法です。 3個テーブルがあって、各テーブルのフィールド名は同じです。 ここでは例として、テ ...

続きを見る

変更履歴テーブルの作成

追加クエリを使用して、テーブルに変更履歴を残す方法です。 参考ここでは、ウィンドウの表示は[ウィンドウを重ねて表示する]の設定にしています。 ...

続きを見る

グループ化で重複レコードを削除したテーブルを作成

Accessで、1つのテーブルで重複したレコードを削除してマスターテーブルを作成する方法です。 クエリでグループ化を設定して重複レコードがな ...

続きを見る

削除クエリの作成(すべてのレコード/条件を指定したレコード)

Accessでテーブルのすべてのレコードを削除するには、すべてのレコードを選択して削除する方法もありますが、削除クエリを作成して簡単に削除す ...

続きを見る

別のテーブルや別フィールドのデータをコピーする(更新クエリ)

Accessで、別のテーブルの値をコピーする方法です。 [商品価格A]と[商品価格B]という2つのテーブルがあります。 参考ここでは[ドキュ ...

続きを見る

エラーメッセージが出た時に対処した方法は、以下にまとめています。

エラーメッセージが出たときに対応して解決したこと

Access2010って、なんだかエラーメッセージが多い気がします。 以下は、私がエラーメッセージが出たときに対処した方法です。 私の環境の ...

続きを見る

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 8 & Office 2013 Access 2013

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.