Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Access2016

Accessのテーブルをインポート

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessで作成したデータベースが複数あり、1つのデータベースに他のデータベースのテーブルをインポートする方法です。

[外部データ]タブの[Access]

Aのデータベースに、Bの[T_売上]テーブルをインポートします。Aのデータベースを起動します。

[外部データ]タブの[インポートとリンク]グループにある[Access]をクリックします。

ポップヒントには、以下のように記されています。

Accessデータベースのインポート 別のAccessデータベースからデータをインポートします。または別のAccessデータベースのデータにリンクします。

外部データタブ

データの指定

データの取得元となるデータを指定します。[参照]ボタンをクリックしてデータベースを指定して、[OK]ボタンをクリックします。

[現在のデータベースのデータの保存方法と保存場所を指定してください。]では、[現在のデータベースにテーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、モジュールをインポートをインポートする]が選択されていることも確認します。(既定のままにします)

外部データの取り込み

オブジェクトの選択

[オブジェクトのインポート]が表示されます。

[テーブル]タブにある[T_売上]を選択して[OK]ボタンをクリックします。

オブジェクトのインポート

インポート操作の保存

[インポート操作の保存]のチェックボックスはオフにしたまま[閉じる]ボタンをクリックします。

この[インポート操作の保存]のチェックボックスをオンにして閉じると、インポート操作が保存され、すぐに操作を再実行できるようになります。

参考インポート操作を保存すると、マクロに設定してボタンをクリックするだけでインポートすることもできるようになります。

以下の記事は、Excelへのエクスポート操作を保存してマクロを作成する方法を紹介していますが、マクロ作成の方法は参考になると思います。

Excelへ出力するコマンドボタンの作成

Access2010でテーブルやクエリをExcelへ出力するマクロを作成して、それをコマンドボタンに登録する方法です。 マクロの作成は3つの ...

続きを見る

インポート操作を繰り返し行うような場合は、インポート操作を保存しておくと便利です。

既定はオフになっています。

インポート操作の保存

ナビゲーションウィンドウで確認

下のようにナビゲーションウィンドウにインポートしたテーブルが表示されます。

テーブルのインポート完了

参考Excelのデータをインポートする方法については、以下の記事で解説しています。

Excelのデータをインポート

AccessにExcelのデータをインポートしてテーブルを作成する方法です。 操作は簡単なのですが、なかなか思うように行かないこともあります ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Access2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.