Google検索

Office2019 Access2019

ファイルサイズが大きくなってしまったら[最適化と修復]を実行

投稿日:2019年10月5日 更新日:

Accessのデータベースファイルは、使用していくうちに容量が大きくなっていきます。オブジェクトを編集したり、削除したりする操作を繰り返している場合も大きくなります。オブジェクトを削除しても、その容量は自動では削除されません。

データベースファイルを最適化すると、不要な部分が取り除かれて、ファイルサイズが小さくなります。

また、最適化をしないまま放っておくと、ファイルが破損したり、さまざまなトラブルの要因になったりすることがあります。

トラブル防止のためにも、定期的に最適化を実行されることをお勧めします。

Accessの[最適化と修復]

ファイルサイズの確認

まず、ファイルサイズを確認しましょう。

[ファイル]タブをクリックして、Backstageビューを開きます。

[ファイル]タブ

[情報]をクリックします。

[データベースのプロパティの表示および編集]をクリックします。

[情報]タブの[データベースのプロパティの表示および編集]

[ファイルの情報]タブをクリックして、[サイズ]で確認します。

プロパティの[ファイルの情報]タブ

確認したら、プロパティは閉じておきます。

最適化の実行

最適化の実行は、とても簡単です。最適化と修復のためのボタンが用意されています。

[データベースツール]タブから

[データベースツール]タブの[ツール]グループにある[データベースの最適化/修復]ボタンをクリックします。

[データベースツール]タブの[データベースの最適化/修復]

BackStageビューから

[ファイル]タブをクリックして、Backstageビューを開きます。

[ファイル]タブ

[情報]をクリックして、[データベースの最適化/修復]をクリックします。

最適化/修復は、データベースファイルの問題の予防や修正に役立ちます。

[情報]タブの[最適化と修復]

最適化を実行したら、再度 ファイルサイズを確認します。

参考バックエンドデータベースとフロントエンドデータベースで分割して運営している場合は、両方で最適化を実行するようにしてください。

データベースをテーブルとその他のファイルに分割

Accessで作成したデータベースをテーブルとその他のファイルに分割する方法です。 データベース分割ツールを使って簡単に作成できます。 複数 ...

続きを見る

最適化は、テーブルにデータがない場合のオートナンバーのリセットにも有効です。

自動的に最適化するには

データベースを閉じるときに、自動的に最適化を実行することもできます。

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。

BackStageビューの[オプション]

[Accessのオプション]ダイアログボックスが表示されます。

[現在のデータベース]タブをクリックして、[アプリケーションオプション]の[閉じるときに最適化する]のチェックボックスをオンにします。

[OK]ボタンをクリックして閉じます。

[Accessのオプション]ダイアログボックス

以下のメッセージウィンドウが表示されます。

指定したオプションを有効にするには、現在のデータベースを閉じて再度開く必要があります。

[OK]ボタンをクリックします。

メッセージウィンドウ

この設定は、データベースファイルごとに設定する必要があります。

最適化を実行してもサイズが小さくならない場合

時々、最適化を実行しても、容量が小さくならない場合があります。

その場合は、空のデータベースを新規作成して、そのファイルに既存のデータベースのオブジェクトをすべてインポートします。そうすると、ファイルサイズが小さくなることがあります。

[ファイル]タブをクリックして[新規]から[空のデータベース]をクリックします。

[新規]タブの[空のデータベース]

任意の名前を付けて、データベースを作成します。

空のデータベースの作成

作成したデータベースファイルを起動します。

[外部データ]タブの[インポートとリンク]グループにある[新しいデータソース]をクリックして、[データベースから]-[Access]をクリックします。

Accessデータベースのインポート

別のAccessデータベースからデータをインポートします。または別のAccessデータベースのデータにリンクします。

[外部データ]タブの[新しいデータソース]-[データベースから]-[Access]

[外部データベースの取り込み - Accessデータベース]が表示されます。

[参照]ボタンをクリックして、インポートするデータベースファイルを指定します。

[現在のデータベースにテーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、モジュールをインポートする]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。

既定で選択されていると思います。

[外部データベースの取り込み - Accessデータベース]ダイアログボックス

[オブジェクトのインポート]ダイアログボックスが表示されます。

[テーブル]タブをクリックして[すべて選択]をクリックします。

同様に、[クエリ」、[フォーム]、[レポート]、[マクロ]、[モジュール]のタブをクリックして、オブジェクトがあれば[すべて選択]をクリックします。

[オブジェクトのインポート]ダイアログボックス

各タブで[すべて選択]ボタンをクリックしたら、最後に[OK]ボタンをクリックします。

[オブジェクトのインポート]ダイアログボックスで[OK]ボタンをクリック

インポートが始まります。中止する場合は、キーボードから[Ctrl]+[Break]を押します。

インポートが終わると、以下のウィンドウが表示されます。

[閉じる]ボタンをクリックします。

外部データの取り込みが完了

これですべてのオブジェクトがインポートされています。ナビゲーションウィンドウで確認してください。

そして、ファイルサイズを確認してみてください。

ナビゲーションウィンドウでオブジェクトを確認

インポートする方法は、以下の記事でも解説しています。Access2016でテーブルをインポートする方法を解説していますが、同じ方法ですべてのオブジェクトをインポートします。

Accessのテーブルをインポート

Accessで作成したデータベースが複数あり、1つのデータベースに他のデータベースのテーブルをインポートする方法です。 [外部データ]タブの ...

続きを見る

これは、トラブル時にも有効です。データベースが壊れるかもしれないと思ったら、空のデータベースを作成して、すべてのオブジェクトをインポートされることをお勧めします。

エラーメッセージが出たときに対応して解決したこと

Access2010って、なんだかエラーメッセージが多い気がします。 以下は、私がエラーメッセージが出たときに対処した方法です。 私の環境の ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Office2019 Access2019

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.