Windows 7 & Office 2010 Access 2010

コンボボックス内にカーソルを置いてリストを表示するには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessの入力フォームでコンボボックスを使うことは多いと思います。

コンボボックスって、▼ボタンを押してリストを表示しますが、コンボボックス内にカーソルを置いただけで、コンボボックスのリストを表示させることができます。

コンボボックス リスト表示

参考ここでは[ドキュメントウィンドウオプション]で[ウィンドウを重ねて表示する]を選択しています。[ウィンドウを重ねて表示する]と[タブ付きドキュメント]の違いについては、以下の記事で解説しています。

[タブ付きドキュメント]と[ウィンドウを重ねて表示する]の違い

Access2007以降、オブジェクトを表示すると、タブ付きウィンドウで表示されるようになっています。従来からAccessを使用している方に ...

続きを見る

コンボボックスのフォーカス取得後のイベント


フォームをデザインビューで開いて、コンボボックスのプロパティを表示します。

[デザイン]タブの[ツール]グループにある[プロパティシート]をクリックします。

プロパティは、キーボードから[F4]キーを押しても表示することができます。

[イベント]タブの[フォーカス取得後]の[...]ボタンをクリックします。

プロパティ[フォーカス取得後]

[ビルダーの選択]ダイアログボックスが表示されますので、[コードビルダー]をクリックして[OK]ボタンをクリックします。

[ビルダーの選択]ダイアログボックス

以下のように入力します。

コンボボックスの名前.Dropdown

コードを入力

VBEを閉じると、プロパティは以下のように[プロシージャ]と表示されます。

コンボボックスのプロパティシート

[商品]コンボボックスも同じように設定しています。

コンボボックスのフォーカス取得後のイベントプロシージャ

参考以下の記事では、ボタンをクリックしたときに、コンボボックスのリストを表示するように設定しています。

コンボボックスに表示するリスト(値集合ソース)をボタンで切り替え

Accessのフォームでコンボボックスの値集合ソースをボタンで切り替える方法です。 下のようなフォームを作成しています。 [日本食]ボタンを ...

続きを見る

フォームビューで確認

これだけで、コンボボックス内にカーソルを置いただけでリストを表示できるようになります。

もちろん、コンボボックスの▼ボタンを押してもリストを表示できます。

地味に便利になります。

コンボボックス

参考検索用のコンボボックスは、ウィザードを使って簡単に作成することができます。

ウィザードを使って検索用コンボボックスを簡単作成

Accessのフォームで検索用コンボボックスを作成する方法です。 コンボボックス作成ウィザードを使って簡単に作成することができます。 テーブ ...

続きを見る

以下は、コンボボックスに関する主な記事です。

コンボボックスでレコードの抽出

Accessの分割フォームのデータシートビューには、Excelのフィルターと同じようにフィルターボタンがあり、Excelの操作と同じように様 ...

続きを見る

コンボボックスの絞り込み

入力フォームなどで、コンボボックスの絞り込みはよく使いますね。2つのコンボボックスが連結して動作します。 たとえば、1つ目のコンボボックスで ...

続きを見る

コンボボックスの2列目の値を取得

Accessのフォームでコンボボックスの2列目の値を取得する方法です。 参考ここでは、ウィンドウの表示は[ウィンドウを重ねて表示する]の設定 ...

続きを見る

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Access 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.