リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Access2003

Print Friendly, PDF & Email

コンボボックスの絞込み

投稿日:2017年1月7日 更新日:

入力フォームなどで、よく絞込みは使いますね。
たとえば、営業部を選択すると、営業部の人の名前だけを表示、総務部を選択すると、総務部の人の名前だけを表示できるというような・・下のようなものです。
フォーム

フォーム


上のような絞込みの作り方です。テーブル1は、下のように作成しました。
テーブル

フォームをデザインで開いて、ツールボックスのコンボボックスを使って1つ目のコンボボックスを作ります。
[コントロールウィザード]をオンにして、ウイザードから作ってもいいですけど、ウィザードは使わなくもいいと思います。
コントロールウィザード

コンボボックスのプロパティを開きます。値集合ソースに[テーブル1]を指定します。
列幅、連結列なども一応 ↓を参考に。
プロパティで列幅を[0;3]と入力すると、自動的に下のようになります。
2列目だけが表示されるようになります。
値集合ソース

これで一つ目のコンボボックスができたはずです。フォームビューに切り替えて確かめてみるといいです。

二つ目のコンボボックスを同じように作成します。二つのテーブルをくっつけたいで作成したユニオンクエリを使います。コンボ2の[値集合ソース]のビルドボタンをクリックします。
ビルドボタン

[テーブルの表示]から[クエリ1]を選択してダブルクリックします。
クエリ選択

[抽出条件]に下のように記述します。半角のカギカッコは自動的に表示されます。
フィールド[担当]の並べ替えで[昇順]を選択しておくと、後々 便利ではないかと思います。
並べ替え 昇順

クエリビルダを閉じます。[SQL ステートメントの変更を保存し、プロパティの設定を更新しますか?]のメッセージが表示されたら[はい]をクリックします。列幅等も入力します。
列幅

最後に一つ目のコンボボックスで選択しなおしたら、二つ目のコンボボックスの絞込みをしなおすために、一つ目のコンボボックスで再クエリをします。
[再クエリ]については、Blogの再クエリを参照してください。
コンボボックス2のプロパティを表示したまま、上部の▼をクリックして、[コンボ0]を選択します。
コンボボックス2

コンボ0の[イベント]タブから[更新後処理]のビルドボタンをクリックします。
イベント 更新後処理

[ビルダの選択]から[コードビルダ]を選択して[OK]ボタンをクリック。赤線の部分を入力します。
コードビルダ

VBEウィンドウを閉じます。[イベント]タブに下のように[イベントプロシージャ]と表示されていると思います。
更新後処理

これでできるはずです♪ビューを切り替えて、確かめてみてくださいね。
絞込みを作成する場合、よく躓くのが[連結列]プロパティなんですね。
私もひっかかりました。(^^ゞ 連結列で解説しています。

関連記事です。Access2013で解説しています。

コンボボックスに重複しないデータを表示する

Accessでコンボボックスを使用して抽出する方法はいくつかありますが、テーブル内の重複しないデータをコンボボックスに表示する方法を紹介しま ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

Accessを学習するなら、一度は読んでおいたほうがよい本です。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

データの移動

アプリケーション間のデータの移動は簡単にできます。 まずWordとExcelを起動させておきます。左右に並べておくと便利ですね。 その方法は ...

表示モードの切り替え

Word2002には 4種類の表示モードがあります。(Word2003は5種類です) 画面左下の表示切り替えボタン この表示モードの切り替え ...

セルのデータを非表示に

印刷するときにセルに入力された文字や数字を隠したいことってありますね。 また、空白に見せたいけど、数字を入力していなければ計算できないという ...

ファイルを探す

フォルダの中のファイルやフォルダを探すとき、目的のファイルやフォルダの頭文字をキーボードから押すだけで探すことができます。 もし、ドライブや ...

タスクバーのクイック起動

タスクバーの中にアイコンを登録して、1回クリックするだけてソフトを起動させることができます。通常はInternet Exploreなど3~4 ...

-Windows Xp & Office2003 Access2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.