Windows 7 & Office 2010 Access 2010

アプリケーションパーツからフォームを作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Access2010では、[作成]タブにある[アプリケーションパーツ]から、テンプレートを選択してフォームなどを簡単に作成することができます。

データベースを開いた状態で実行します。

アプリケーションパーツ

[作成]タブの[テンプレート]グループにある[アプリケーションパーツ]をクリックします。

アプリケーションパーツ

データベースの一部またはデータベースアプリケーション全体を、挿入または作成します。

テーブル、フォーム、およびレポートをデータベースパーツとして作成できます。これらを組み合わせて保存し、よく使うコンポーネントの作成に使用できます。

また、アプリケーション全体を保存することもできます。

[作成]タブの[アプリケーションパーツ]

アプリケーションパーツには、[空白のフォーム]と[クイックスタート]があります。

アプリケーションパーツのメニュー

[空白のフォーム]には、以下の種類があります。ポイントすると、ポップヒントが表示されます。

  • 1段組み、右ラベル
  • 1段組み、上ラベル
  • 2段組み、右ラベル
  • 1段組み、上ラベル
  • ダイアログ
  • タブ
  • メッセージボックス
  • メディア
  • リスト
  • 詳細

[クイックスタート]には、以下の5個が用意されています。

作成済みのテーブルをもとに手順に沿って進めていき、テーブルやフォームなど複数のオブジェクトが作成されることがあります。

リレーションシップの知識が必要な場合があります。

  • コメント
  • タスク
  • ユーザー
  • 案件
  • 連絡先

慣れないうちは[空白のフォーム]の方が使いやすい気がします。空のデータベースであれば手順が表示されることはありません。

空のデータベースでテーブルやフォームの作りを学習するのもいいかもしれません。

Access2013以降もアプリケーションパーツは、変わっていません。

メッセージボックスの作成

ここでは、[メッセージボックス]をクリックします。

アプリケーションパーツの[メッセージボックス]

[テンプレートを準備しています…]というプログレスバーが表示されて、

プログレスバー

しばらくすると、ナビゲーションウィンドウに[メッセージボックス]と名前が付けられたのフォームが作成されます。

ナビゲーションウィンドウのメッセージボックス

メッセージボックスのデザインビュー

作成されたフォーム[メッセージボックス]をデザインビューで開くと、下のようになっています。

[はい]、[いいえ]、[キャンセル]のボタンも設置済みです。

メッセージボックスが簡単に作れそうですね。

アプリケーションパーツで作成したメッセージボックス

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Access 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.