Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Access2013

タブコントロールを使用したタブ付きフォームの作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessでは、タブコントロールを使ってタブ付きのフォームを簡単に作成することができます。

タブ付きフォーム

例えば、テーブルにフィールドが多く、それを一つのフォームに並べると、下のようになります。

フォーム

上記のようなフォームより、タブを使って切り替えるようにすると、ぐっと見やすくなります。

表示する情報が多い場合は、タブコントロールはおすすめです。

簡単に設置することができます。ぜひ、使ってみてください。

タブ付きフォーム

テーブルの確認

タブコントロールを使ってフォームを作成する方法です。

まず、サンプルとして下のように[T_社員]というテーブルを作成しています。

下の画像はテーブルのデザインビューです。

テーブル

フォームデザインの表示

[作成]タブの[フォーム]グループにある[フォームデザイン]をクリックします。

フォームビュー

そして、[フォーム]のプロパティで[レコードソース]に[T_社員]を指定します。

参考プロパティシートを表示するショートカットキーは、[F4]キーです。

[F4]キーでプロパティシートの表示/非表示を切り替えることができます。

レコードソースの指定

タブコントロールの挿入

[デザイン]タブにある[タブコントロール]をクリックして、[詳細]領域にドラッグします。

これで、[ページ1]と[ページ2]というタブが挿入されます。

タブコントロール

タブの追加

タブをもう1つ追加したいので、タブで右クリックしてショートカットメニューから[ページの挿入]をクリックします。

ページの挿入

[ページ3]というタブが追加されます。

ページの追加

タブの名前の変更

タブの名前を変更します。

[ページ1]を選択してプロパティの[標題]に任意の名前を入力します。

同じように[ページ2]、[ページ3]にも標題を付けます。

ページを切り替えるときは、表題を付けたタブをクリックします。

標題の入力

タブの切り替えを確認

ここでは、[ページ1]には[氏名]、[ページ2]には[連絡先]、[ページ3]には[住所]と入力します。

フォームビューに切り替えて、タブで切り替わることを確認してみてください。

標題の完成

各タブにテキストボックスを配置

後は、各ページにテキストボックスを配置していきます。

[デザイン]タブの[既存のフィールドリストの追加]をクリックして、[氏名]ページに挿入したいフィールドをドラッグして追加します。

参考[Shift]キーを使って複数のフィールドを選択して挿入すると効率的です。

フィールドの追加

同じように[連絡先]ページと[住所]ページにフィールドを追加します。

各ページにフィールドを追加

サイズ間隔や配置を調整

最後に[配置]タブの[サイズ/間隔]、[配置]などを使って、テキストボックスやラベルの体裁を整えます。

配置タブ

ページの順番を変更

ページ(タブ)の順番は右クリックのショートカットメニューにある[ページの順序]をクリックして変更することができます。

ページの順序

[ページの順序]ダイアログボックスが表示されます。

[連絡先]を選択して[下に移動]とすると、ページの順序が変わりますので、確認して問題がなければ[OK]ボタンをクリックします。

ページの順序ダイアログボックス

ページの順序は、後から簡単に変更することができます。

また、ページの削除もショートカットメニューの中にあります。

ページの順序変更

ページ(タブコントロール)の背景色の変更

ページごとに色を変更することはできませんが、タブコントロール全体に対しては背景色を設定することができます。

参考Access2010以降のバージョンで可能です。

タブコントロールを選択します。

左上に表示されている■をクリックすると、タブコントロールを選択することができます。

プロパティシートを表示します。

[書式]タブの[クリック時の色]で任意の色を選択することができます。

タブコントロールのクリック時の色

フォームビューに切り替えると下のようになります。

タブコントロールに背景色をつけた時のフォームビュー

参考フォームに[添付ファイル型]のフィールドを挿入する場合、表示方法は変更することができます。

ここでは、写真を表示していいますが、アイコンやクリップマークで表示することもできます。

以下の記事で解説しています。

添付ファイル型の表示方法

Access2007から登場した添付ファイル型ですが、フォームでの表示方法の違いを紹介します。 下のようなテーブル(デザインビュー)を作成し ...

続きを見る

タブコントロール

また、ナビゲーションフォームを作成して既存のフォームやレポートをタブの切り替えで表示する機能もあります。

ナビゲーションフォームの作成

作成したフォームやレポートをタブで切り替えて、表示できる機能です。 これはとても便利です。 ただし、[accdb]の拡張子でなければ、使用で ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

改ページを一括削除するには

Word2013で改ページを一括で削除する方法です。他のバージョンのWordも同じ操作です。 改ページは、1つずつ削除するには、編集記号の改 ...

値によってテキストボックスの使用可と不可を切り替える

Accessのフォームで1つ目のコンボボックスで選択した値によって、次のテキストボックスの使用を有効にしたり、無効にしたりする方法です。 た ...

マイナス値まであるグラフで横軸を下へ移動する

Excelで、値がマイナスまであるデータを元にグラフを作成すると、下のグラフのように横軸が縦軸の0の位置に表示されて、見づらいですね。 これ ...

グラフをプレビューして確定

Excel2013では、グラフの種類を決定する際、プレビューで確認しながら確定できるようになりました。 Excel2010の場合 Excel ...

全てのグラフに引き出し線を表示

Excel2010までは、引き出し線は円グラフのみに表示できたのですが、Excel2013ではすべてのグラフで表示することができるようになり ...

-Windows8 & Office2013 Access2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.