Windows10 & Office2016 Access2016

Print Friendly, PDF & Email

パラメータークエリで期間を指定してレコードを抽出

投稿日:2017年10月28日 更新日:

パラメータークエリとBetween And演算子を組み合わせると、パラメーターの入力ダイアログボックスに日付を入力して、指定した期間のみのレコードを抽出することができます。
パラメーターの入力

パラメータークエリの作成については、以下の記事でも解説していますので、合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。

パラメータークエリの作成

パラメータークエリは、クエリを実行すると[パラメーターの入力]ダイアログボックスが表示され、そのテキストボックスに条件を入力してレコードを抽 ...

続きを見る

テーブルの確認

サンプルとして、以下のテーブル[T_受注一覧]を使って解説します。※テーブル設計としてはお手本になるようなテーブルではありません。あくまでもサンプルとして見てください。
テーブル

[クエリウィザード]を使ってクエリを作成

[T_受注一覧]テーブルをもとに、クエリを作成します。クエリを作成するには、[作成]タブの[クエリ]グループにある[クエリウィザード]または[クエリデザイン]を使います。ここでは、[クエリウィザード]を使います。[クエリウィザード]のポップヒントには、以下のように記されています。
参考クエリデザインを使ってクエリを作成する方法は、[クエリデザイン]を使ってクエリを作成を参照してください。

クエリウィザードを起動します。このウィザードは、選択クエリ、クロス集計クエリ、重複クエリ、および不一致クエリを作成するのに役立ちます。

クエリウィザード

[選択クエリウィザード]を使ってクエリを作成しますので、[選択クエリウィザード]を選択して[OK]ボタンをクリックします。参考ウィザードを使用すると、対話形式の設問に答えるだけでクエリを作成することができます。
選択クエリウィザード

[テーブル/クエリ]の▼ボタンをクリックして、目的のテーブルを選択します。ここでは、[テーブル:T_受注一覧]を選択します。[選択可能なフィールド]ですべてのフィールドを選択したいので、[>>]ボタンをクリックします。
テーブルの選択

[選択したフィールド]にすべてのフィールドが選択されていることを確認して、[次へ]ボタンをクリックします。
選択したフィールド

[クエリ名を指定してください。]のテキストボックスにクエリの名前を入力します。[完了]ボタンをクリックします。ここでは、[Q_受注期間抽出]という名前にします。
クエリ名を入力

下のように[Q_受注期間抽出]クエリが完成します。
クエリの完成

パラメータークエリの作成

クエリ[Q_受注期間抽出]をデザインビューで開きます。[ホーム]タブの[表示]グループから[デザインビュー]をクリックします。
デザインビューのボタンをクリック

デザインビューを開くと下のようになっています。フィールドリストのサイズを下へ広げて、すべてのフィールドが見えるようにしておきましょう。
フィールドリストのサイズ調整

[受注日]フィールドの[抽出条件]に以下のように入力します。カッコは、半角です。

Between [開始日を入力してください] And [終了日を入力してください]

下のように、Betweenの後ろとAndの前後には半角スペースを入力します。

パラメーターの入力

[受注日]フィールドの列幅を調整して、間違いなく入力できているかを確認してください。参考フィールドの境界線をダブルクリックすると、列幅は自動調整されます。
パラメーターの入力

クエリを実行して確認

クエリを実行して確認します。[デザイン]タブの[実行]ボタンをクリックします。
クエリの実行

[パラメーターの入力]ダイアログボックスが表示されます。[開始日を入力してください]と表示されています。
パラメーターの入力ダイアログボックス

テキストボックスに、抽出したいレコードの開始年月日を入力します。[OK]ボタンをクリックします。
パラメーターの入力 開始日

[パラメーターの入力]ダイアログボックスが表示されます。[終了日を入力してください]と表示されています。テキストボックスに抽出したいレコードの終了何月日を入力します。[OK]ボタンをクリックします。
パラメーターの入力 終了日

指定した期間のレコードが抽出されます。確認して問題がなければ、上書き保存をして閉じます。上書き保存のショートカットキーは、[Ctrl]+[S]ですね。
抽出されたレコード

続けてパラメータークエリを実行したいとき

パラメータークエリを実行後に、再度パラメータークエリを実行したい場合は、キーボードから[Shift]キーと[F9]キーを同時に押します。異なる条件で連続してレコードを抽出するときに便利です。
パラメーターの連続実行

関連また、意図しないパラメーターウィンドウが表示される場合は、以下の記事で原因を探ってみてください。

開くときに意図しないパラメーターの入力ウィンドウが表示される

Accessで作成したデータベースのテーブルや、クエリ、フォーム、レポートを開こうとすると、下のように[パラメータの入力]を求めるウィンドウ ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】で質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

顔文字が出ない、変換候補一覧に表示される文字が少ない場合の対処方法

Windows10のバージョンアップによってIMEもどんどん進化しています。バージョンアップしたら、顔文字が変換候補一覧に表示されなくなった ...

Edgeでリンクを新しいウィンドウで開くには

Windows10に標準搭載のEdgeでリンク先ページを新しいウィンドウで開く方法です。 Edgeでは、リンクをそのままクリックすると、同じ ...

スタートアップに登録してWindowsの起動時にアプリを自動起動

Windows10でスタートアップフォルダーにショートカットアイコンを保存して、Windowsの起動時にアプリを自動起動する方法です。 アプ ...

改ページ記号が表示されない

Word2016を起動して、操作していると「改ページ記号」が表示されないことに気がつきました。既定で改ページ記号が非表示になっているかと思っ ...

ホイールアニメでカウントダウンタイマーを作成

PowerPointでカウントダウンタイマーを作成する方法をクリアアニメでカウントダウンタイマーを作成で紹介しています。 ここでは、先のアニ ...

-Windows10 & Office2016 Access2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.