リンクユニット

Google検索

Office2019 Access2019

分割フォームのデータシートのフィールドを非表示にする時の注意点

投稿日:2020年1月20日 更新日:

Accessの分割フォームでは、データシートのフィールドは簡単に非表示に設定することができます。

ですが、データシートでフィールドを非表示にすると、単票フォームの操作に影響することもあります。

分割フォームのデータシートで右クリック

参考分割フォームについては、以下の記事で解説しています。

分割フォームの作成と使い方(データシートの標題の変更方法も)

Accessでは、画面を2つに分け[単票フォーム]と[データシート]を同時に表示できる[分割フォーム]というのがあります。Access200 ...

続きを見る

また、ここでのウィンドウオプションの設定は、[ウィンドウを重ねて表示する]を選択しています。

[タブ付きドキュメント]と[ウィンドウを重ねて表示する]の違い

Access2007以降、オブジェクトを表示すると、タブ付きウィンドウで表示されるようになっています。従来からAccessを使用している方に ...

続きを見る

データシートのフィールドの非表示設定


以下のような分割フォームを作成しています。

分割フォーム

分割フォームには、レコードを検索するために非連結のテキストボックスを追加しています。

この検索用のテキストボックスの作成については、以下の記事で解説しています。

テキストボックスでレコード抽出

Accessのフォームで検索用のテキストボックスを作成して、そのテキストボックスに入力した文字から部分一致でレコードを抽出する方法を紹介しま ...

続きを見る

この場合、データシートの検索フィールドは非表示にしてもいいですね。

非表示にしたい[検索]フィールドで右クリックして、ショートカットメニューから[フィールドの非表示]をクリックします。

データシートのフィールドで[フィールドの非表示]

または、[ホーム]タブの[レコード]グループにある[その他]をクリックして、メニューから[フィールドの非表示]をクリックします。

[ホーム]タブの[その他]の[フィールドの非表示]

以下のように選択した[検索]フィールドは非表示になります。

フィールドの非表示

タブオーダーの設定どおりにならない現象

分割フォームを開いたら[検索]ボックス内にカーソルが表示されるように設定したいと思います。

すぐに[検索]テキストボックスで検索ができるようにするためです。

タブ移動順で[検索]ボックスを[0]に設定

分割フォームをデザインビューで開いて、非連結の[検索]テキストボックスを選択してプロパティを表示します。

プロパティシートは、キーボードから[F4]キーを押すと表示できます。

[その他]タブの[タブ移動順]で[0]にします。

プロパティの[その他]タブの[タブ移動順]で[0]

参考[デザイン]の[タブオーダー]をクリックして、設定することもできます。

[デザイン]の[タブオーダー]

タブオーダーの設定については、以下の記事で解説しています。

フォームのタブオーダーとタブストップの設定

タブオーダーとは、キーボートの[Tab]キーや[Enter]キーを押して、カーソルがフォーム内のコントロールを移動するときの順番のことです。 ...

続きを見る

テキストボックスにカーソルが表示されない

タブオーダーの設定をして、分割フォームを閉じて、表示してみると、[検索]ボックスにカーソルは表示されていません。

[検索]のテキストボックスをクリックしても、カーソルを表示することもできません。

データシートでいずれかのレコードを選択すると、[検索]ボックスにカーソルを表示できますが、フォームを表示してすぐにはカーソルが表示されません。

テキストボックスにカーソルがない

フィールドの設定が無効

この状態では[ホーム]タブの[レコード]グループにある[その他]をクリックすると、ほとんどのメニューは無効状態になっています。

[ホーム]タブの[その他]のメニューが無効

データシートの先頭行が選択されていない

通常であれば、分割フォームの先頭行が選択されている(青くなっている)状態なのですが、選択されていません。

分割フォームの先頭行が選択されていない

通常は、以下のようになります。

分割フォームの先頭行が選択されている

非表示にした[検索]フィールドは、単票フォームでは[検索]テキストボックスです。

原因は、データシートで[検索]フィールドを非表示にしたからですね。

タブオーダーの設定どおりにするには

タブオーダーの設定どおりに、[検索]テキストボックスに最初にカーソルが表示されるようにするには、データシートの[検索]フィールドは表示しておきます。

フィールドの再表示

非表示にしたフィールドを再表示する場合は、どのフィールドでもいいので右クリックして、ショートカットメニューから[フィールドの再表示]をクリックします。

フィールドの再表示

[列の再表示]ダイアログボックスが表示されます。

非表示のフィールドはチェックボックスがオフになっていますので、再表示したいフィールドのチェックボックスをオンにして閉じます。

[列の再表示]ダイアログボックス

参考この[列の再表示]ダイアログボックスは、[ホーム]タブの[レコード]グループにある[その他]をクリックして、メニューから[フィールドの再表示]をクリックしても表示されます。

[ホーム]タブの[その他]から[フィールドの再表示]をクリック

フィールドの幅を設定

見た目を考慮するなら、フィールドは非表示ではなく、列幅を狭くしておくといいと思います。

ドラッグで狭くすることもできますが、ここでは[フィールド幅]ダイアログボックスを表示して数値で設定します。

[検索]フィールドを再表示して、右クリックして[フィールド幅]をクリックします。

ショートカットメニューの[フィールド幅]

[列の幅]ダイアログボックスが表示されます。

[列の幅]のテキストボックスに[0.1]と入力して[OK]ボタンをクリックします。

参考テキストボックスで[0]にすると、フィールドは非表示になります。

[列の幅]ダイアログボックス

分割フォームを保存して、表示します。

以下のように[検索]テキストボックスにカーソルが表示されます。

また、データシートの[検索]フィールドは、ほとんど見えません。

分割フォーム[検索]テキストボックスにカーソルが表示

フィールドの選択ができなくなった場合

左端や右端にあるフィールドの場合は、ドラッグで幅を調整して選択できるかと思いますが、それ以外の場合は選択しにくくなるかもしれません。

もし、フィールドの幅を狭くして、再度フィールドを選択しようとしても選択できないようであれば、左右のフィールドを含めて選択して、[列の幅]ダイアログボックスで[標準の幅]を選択してみてください。

[列の幅]ダイアログボックスの[標準の幅]

または、[自動調整]ボタンをクリックしてもいいですね。

[列の幅]テキストボックスに少し大きめの数値を入れてもかまいません。

[列の幅]の[自動調整]

フィールドの固定

また、フィールドで右クリックすると、ショートカットメニューに[フィールドの固定]というのがあります。

ショートカットメニューの[フィールドの固定]

これをクリックすると、データシートの左端にフィールドが固定されます。ドラッグで移動できなくなります。

固定しておくと、表示位置を右へ移動させても、固定フィールドが左端に常に表示されるようになるので、フィールドの表示が多い場合は便利です。

データシートの左端に固定

フィールドの固定解除

固定されたフィールドを解除して、ドラッグで移動できるようにするには、フィールドで右クリックしてショートカットメニューから[すべてのフィールドの固定解除]をクリックします。

この場合は、固定されたフィールドで操作する必要はありません。

ショートカットメニューの[すべてのフィールドの固定解除]

解除すると、再度、ドラッグでフィールドを移動できるようになります。

複数のフィールドで固定していても、すべての固定されたフィールドが解除されます。

また、フィールドの固定を複数フィールドで行うと、順番に左端に固定されていきます。

最初に固定したフィールドが1番左に、次に固定したフィールドが左から2番目に表示されるようになります。

複数固定されたフィールド

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Office2019 Access2019

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.