Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Access2013

データシートの【ID】をクリックして単票フォームを開く

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessのデータシートの[ID]番号をクリックしたら、その[ID]の単票フォームを開く方法です。

データシートビュー

データシートのフォーム名は[F_データシート]、単票フォームのフォーム名は[F_詳細]としています。

単票フォーム

IDのクリック時イベントに埋め込みマクロの設定

[F_データシート]をデザインビューで開き、[ID]のプロパティシートを開きます。

[イベント]タブにある[クリック時]の[…]をクリックします。

デザインビュー

ここでは、[マクロビルダー]で設定します。

[マクロビルダー]を選択して[OK]ボタンをクリックします。

ビルダーの選択

マクロの作成

アクションカタログの中から[フォームを開く]をクリックします。

マクロツール

[フォーム名]に[F_詳細]、[Where条件式]に以下のように入力します。

[ID]=[Forms]![F_データシート]![ID]

[ウィンドウモード]は[ダイアログ]を選択します。

マクロビルダーのフォームを開く

IDのプロパティでハイパーリンクとしての表示を画面のみに

[ID]のプロパティの[書式]タブにある[ハイパーリンクとして表示]で[画面のみ]を選択します。

[常にハイパーリンクにする]でもいいです。

これでデータシートビューの[ID]が青くなります。

ハイパーリンクとして表示

分割フォームのデータシートビューでも設定できます。

分割フォーム

フォームの[レコードセレクタ]と[移動ボタン]

フォーム[F_詳細]では、フォームのプロパティで[レコードセクタ]や[移動ボタン]は、[いいえ]を選択すると、スッキリ見せることができます。

フォームのプロパティ

  • レコードセレクタ
    レコードを選択するためのものです。メイン画面のようにレコードを選択する必要がないフォームでは非表示にしていいと思います。すっきり見えます。既定は[はい]になっています。
  • 移動ボタン
    他のレコードに移動するための4つのボタンとレコード番号ボックスです。メイン画面のようにレコードを移動する必要がないフォームでは、移動ボタンは非表示にしていいと思います。既定は[はい]になっています。

参考プロパティで[はい][いいえ]を切り替える場合は、ダブルクリックすることで切り替えることができます。

フォームビューの[レコードセレクタ]と[移動ボタン]

フォームビューに切り替えた状態です。

フォームビュー

関連帳票フォームから単票フォームを起動するにはでは、クエリで設定する方法を紹介しています。

帳票フォームから同じIDの単票フォームを起動するには

Accessで、帳票フォームから同じIDの単票フォームをボタンで起動する方法を解説します。 横に長い情報より、1つのウィンドウで表示したいと ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Access2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.