Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Access2016

Accessの全体構成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessのデータベースは主に4つのオブジェクトから構成されています。

テーブル【データの蓄積】

データを蓄積・保存します。最も重要な基本オブジェクトです。

1件分のデータを「レコード」といいます。データの各項目(列)を「フィールド」といいます。

クエリ【データの加工】

テーブルのデータを基に条件に合ったデータを抽出したり、集計したり並べ替えを行います。

フォーム【操作画面】

テーブルにデータを入力したり、追加、変更、削除を行うための操作画面です。

テーブルやクエリを基に作成します。

レポート【印刷画面】

蓄積されたデータの集計結果などを印刷画面として表示します。

テーブルやクエリを基に作成します。

Access構成

上記4つのほかに[マクロ]と[モジュール]もあります。

マクロ

データベースの複雑な操作や繰り返し行う操作を自動化します。

モジュール

VBAを使用して一連の操作を自動化してデータベースに機能を追加します。

ナビゲーションウィンドウ

Accessのナビゲーションウィンドウには、上記6個のオブジェクトが表示されます。

ナビゲーションウィンドウ

ナビゲーションウィンドウについては、以下の記事で解説しています。

ナビゲーションウィンドウの非表示設定とオブジェクトの表示形式

Accessも2007以降、インターフェースが大きく変わりました。 まず、Accessの画面と各部の名称を解説します。 名称を知っておくと、 ...

続きを見る

Accessで各オブジェクトを作成するには、まずテーブルを作成します。

このテーブルを基にクエリ、フォーム、レポートを作成します。

フォームとレポートは、クエリから作成することもありますが、クエリはテーブルを基に作成しますので、テーブルは最も重要なオブジェクトです。

作成の流れ

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Access2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.