Google検索

Windows8 & Office2013 Word2013

すべての変更を反映し変更の記録を停止

投稿日:2017年1月8日 更新日:

Word2013では、[校閲]タブの[承諾]ボタンに[すべての変更を反映し、変更の記録を停止]というメニューが追加されました。

[承諾]ボタンの[すべての変更を反映し、変更の記録を停止]

このボタンに気がついて、便利になったと思う方と、このボタンが何?という方もいるかと思います。

変更履歴の機能を使っている方と使ったことがない方では、使ったことがないという方が多いと思います。

Wordの問い合わせで一番多いのが、変更履歴の機能に係わることです。

サポートする側としては、このボタンのみを教えれば解決できるので楽になった感があります。

すべての変更を反映し、変更の記録を停止

[校閲]タブの[変更箇所]グループにある[承諾]の▼ボタンをクリックします。

Word2013の場合

メニューが表示され、一番最後に[すべての変更を反映し、変更の記録を停止]というコマンドがあります。

すべての変更を反映し、変更の記録を停止

Word2010の場合の停止方法

Word2010までは、[校閲]タブにある[変更箇所]グループの[ドキュメント内のすべての変更を反映]を選択して、その後[変更履歴]グループの[変更履歴の記録]ボタンをクリックしてオフにしなければなりませんでした。

word2010の校閲タブ

Word2013では、一回のクリックですべての変更を反映し、変更の記録も停止できるようになったというわけです。

変更履歴は[ドキュメント検査]でチェック

変更履歴は、ドキュメント検査でチェックして削除することもできます。以下の記事に記しています。

変更履歴の削除(Word2007)

Word2013の場合は、[ファイル]タブをクリックして[情報]タブを選択します。

[問題のチェック]の[ドキュメント検査]をクリックします。

問題のチェック

[ドキュメント検査]のチェック項目の中に[変更履歴]があることが確認できます。

Word2013のドキュメント検査

ドキュメント検査については、以下の記事で解説しています。ドキュメント検査は、アプリケーションによってチェックの内容が異なります。隠し情報などもチェックできる機能ですので、ぜひ活用してください。

個人情報や隠し情報のチェックは【ドキュメント検査】で

Office2013にも、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。Excelであれば、非表示の行や列 ...

続きを見る

参考以下は、変更履歴に関するページです。

以下は、Word2010での解説です。

変更履歴の記録

Wordには、[変更履歴の記録]という機能がありますが、この機能を他の人と共有で使用するには、そのメンバーが全員 [変更履歴の記録]という機 ...

続きを見る

変更履歴を表示しないようにしたい(Word2007)

変更履歴を非表示にしたい(Word2003)

Microsoftのページもリンクしておきます。

Word での変更履歴の記録 - Word(Microsoft)

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.