Windows10 & Office2016 Word2016

Print Friendly, PDF & Email

Word上でExcelのワークシートを操作する

投稿日:

Wordで文書を作成して、その中に表を作成したい時、Excelのワークシートを使って表を作成することができます。

Excelワークシートの挿入

まず、文字カーソルの位置に挿入されるので、必ずカーソルの位置を確認します。

[挿入]タブの[表]をクリックして[Excelワークシート]をクリックします。

Wordの中にExcelが入り込んだ感じになります。Excelの機能を使って表を作成することができます。

関数の使用

Excelの関数を使用することもできます。

表のスタイルの適用

表の範囲を選択して[ホーム]タブの[スタイル]グループにある[テーブルとして書式設定]をクリックして表のスタイルを適用することもできます。

[テーブルとして書式設定]ダイアログボックスが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。

下のようなスタイルを適用した表が作成できます。テーブルを適用すると、自動的にフィルターボタンが設定されます。

フィルターボタンが不要であれば、[デザイン]タブの[テーブル スタイルのオプション]グループにある[フィルター]のチェックボックスをオフにします。

表示範囲の調整

Excelの表示範囲を決めます。挿入されたワークシートの周囲にマウスを合わせて、ドラッグで表示範囲を調整します。

表以外の箇所をクリックすると、Word文書に戻ります。

表をダブルクリックすると、再びワークシートとしてExcelの機能を利用できるようになります。

図としてレイアウトの設定

このワークシートは、Wordの中では[]として扱われます既定は[行内]になっています。行内の場合は、自由に移動させることができません。もし、自由に移動させたい場合は、[レイアウト]タブの[配置]グループにある[四角形]か[前面]を選択します。

表にマウスを合わせて、マウスポインタの形が十字の形の時にドラッグして、自由に移動させることができるようになります。

[オブジェクトの挿入]ダイアログボックスから

また、この機能は、[挿入]タブの右端にある[オブジェクト]の[オブジェクト]をクリックして挿入することもできます。

[オブジェクトの挿入]ダイアログボックスが表示されます。[新規作成]タブの[Microsoft Excel Worksheet]を選択して[OK]ボタンをクリックします。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

ごみ箱をスタート画面にピン留め

Windows10で[ごみ箱]を右クリックすると、ショートカットメニューに[スタート画面にピン留めする]というメニューがあります。 スタート ...

Windows10のバージョン確認方法

Windows10で バージョンを確認する方法です。画像は、Anniversary Updateを実施した後の画像です。 スタートメニューの ...

名前を付けて保存を元の大きさに戻す

名前を付けて保存ダイアログボックスが画面いっぱいに広がってしまった時に、元の大きさに戻す方法を解説します。 Windows10のメモ帳をサン ...

段落の先頭文字を大きくするドロップキャップ

Wordには段落の先頭文字だけを大きくするドロップキャップという機能があります。ドロップキャップの文字はレイアウト枠の設定になるので、自由に ...

漢字の横に読み仮名をつける

Wordで漢字の横に読み仮名をつける簡単な方法です。 ルビを振ります まず、読み仮名をつけたい漢字を選択して、ルビを振ります。 [ルビ] ダ ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.