リンクユニット

Windows7 & Office2010 Word2010

表の行の入れ替え

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word2010で表の行を入れ替える方法を3つ紹介します。

ショートカットキーで上下を入れ替える

行内にカーソルを置いて、[Alt]+[Shift]+[↓]

選択行を上へ移動したい場合は、[Alt]+[Shift]+[↑]

複数行を選択しても移動することができます。
表

実行後

ショートカットキーで実行後の表

マウスのドラッグ操作で移動

移動したい行を選択して、移動先の位置へドラッグします。
複数行を選択しても移動することができます。

注意選択するときは、行末記号まで選択しているか確認してください。
行を選択する場合は、左側の余白で右上のマウスの形のときにクリックすると早いです。

表

実行後

実行後の表

[切り取り/貼り付け]操作で移動

移動したい行を切り取ります。
切り取り

切り取り後

切り取り後

新しい行として挿入

挿入したい位置にカーソルを移動します。[貼り付け]から[新しい行として挿入]をクリックします。参考複数行を選択しても移動することができます。
新しい行として挿入

参考[新しい行として挿入]は、Word2010からの機能ですが、[ショートカットキー]と[ドラッグの操作]は旧バージョンでも操作することができます。

以下は、関連ページです。
表の複数行をコピーして新しい行として挿入する

表の複数行をコピーして新しい行として挿入する

Word2010で複数行をコピーして、新しい行として挿入する方法です。少し複雑にレイアウトされた行でも追加挿入することができます。 範囲選択 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

1分後に送信するには

送信ボタンをクリックしても、すぐに送信せずに1分間送信トレイに保存して、その後 送信するようにルールを作成することができます。Outlok2 ...

ペイントで用紙1枚に印刷するには

ペイントで作成した画像などを、1枚の用紙に印刷する方法です。 [ページ設定]ダイアログボックスの表示 ウィンドウの左上にある[ペイント]ボタ ...

ミニ翻訳ツール

Word2010には、文章中の文字列にマウスでポイントするだけで、翻訳される機能がつきました。 ミニ翻訳ツール [校閲]タブの[言語]グルー ...

タイトルを使った目次スライドの作り方

PowerPoint2007から、目次スライドの自動作成機能はなくなってしまいました。 PowerPoint2003では、[目次スライド]ボ ...

数式の挿入ボタン

Excel2010には、[数式の挿入]ボタンがあります。人によっては、とっても嬉しい機能のようです。 これまで、数式を入力するには数式エディ ...

-Windows7 & Office2010 Word2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.