Windows 7 & Office 2010 Word 2010

表の行を簡単移動(ショートカット・ドラッグ・貼り付けオプション)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word2010で表の行を移動する方法を3つ紹介します。

Word2010では、ショートカットキーとドラッグでの操作に加えて、[新しい行として挿入]という機能を使用できます。

[新しい行として挿入]は、複数行の書式を保持したまま、まとめて挿入できる機能です。

ショートカットキーで行の上下を入れ替える

行内にカーソルを置いて、[Alt]+[Shift]+[↓]

キーボード[Alt]+[Shift]+[↓]

選択行を上へ移動したい場合は、[Alt]+[Shift]+[↑]

キーボード[Alt]+[Shift]+[↑]

複数行を選択しても移動することができます。

[りんご]のセルにカーソルを置いて、キーボードから[Alt]+[Shift]+[↓]を押します。

Wordの表

実行後、[りんご]の行は1つ下の行へ移動します。

ショートカットキーで実行後の表

マウスのドラッグ操作で移動

移動したい行を選択して、移動先の位置へドラッグします。

複数行を選択しても移動することができます。

注意選択するときは、行末記号まで選択しているか確認してください。

行を選択する場合は、左側の余白で右上のマウスの形のときにクリックすると早いです。

表の1行目を選択

表の行末記号まで選択

下へドラッグすると、以下のようになります。

実行後の表

[切り取り/貼り付け]操作で移動

移動したい行を切り取ります。

[ホーム]タブの[切り取り]

[りんご]の行を切り取った後の表です。

切り取り後の表

新しい行として挿入

挿入したい位置にカーソルを移動します。カーソルがある位置の行の下へ挿入されます。

[貼り付け]から[新しい行として挿入]をクリックします。

複数行を選択しても移動することができます。

サンプル表のように表に書式設定がない場合は、[表の差し込み]でも構いません。

[表の差し込み]は、[新しい行として挿入]の左のボタンです。

[新しい行として挿入]は、表の書式を保持したまま貼り付けることができます。

新しい行として挿入

[貼り付けオプション]のボタンについて

[貼り付けオプション]のボタンには、以下の4つのコマンドが並んでいます。

以下は、行をコピー、または切り取り操作をしたときのコマンドです。

左から以下の順で並びます。

いずれにしても、コマンドをマウスでポイントすると、結果をプレビューで確認できるので便利ですね。

  • 表のネスト
  • 表の差し込み
  • 新しい行として挿入
  • テキストのみ保持

行をコピーしたときの[貼り付けのオプション]

また、列を選択して、コピー、または切り取り操作をすると、[新しい列として挿入]ボタンになります。

[表の差し込み]ボタンはありません。

  • 新しい列として挿入
  • 表のネスト
  • 新しい行として挿入
  • テキストのみ保持

列をコピーしたときの[貼り付けのオプション]

[貼り付けのオプション]は、右クリックしたときのショートカットメニューにも表示されます。

ショートカットメニューの[貼り付けのオプション]

参考[新しい行として挿入]は、Word2010からの機能ですが、[ショートカットキー]と[ドラッグの操作]は旧バージョンでも操作することができます。

以下は、関連ページです。

表の複数行をコピーして新しい行として挿入する

Word2010で複数行をコピーして、新しい行として挿入する方法です。 少し複雑にレイアウトされた行でも、レイアウトを保持したまま追加挿入す ...

続きを見る

Word2013では、ワンクリックで行や列を挿入できるようになっています。

ワンクリックで行や列の挿入

Word2013では、ワンクリックで表の行や列の挿入ができるようになっています。 列の挿入マーク 列を挿入したい位置の列の罫線にマウス合わせ ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Word 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.